言語の選択:

お知らせ

【連絡事項】

成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません


 
研究者検索 > 経済学部 教員紹介 

経済学部 教員紹介

研究者リスト >> 橋立 洋祐
 

橋立 洋祐

 
アバター
研究者氏名橋立 洋祐
 
ハシダテ ヨウスケ
URLhttp://www.yosukehashidate.com
所属成蹊大学
部署経済学部 現代経済学科
職名助教
学位博士 (経済学)(東京大学)
J-Global ID201801000568574972

研究キーワード

 
意思決定理論 ,行動経済学 ,ミクロ経済学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 理論経済学 / 

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
成蹊大学 経済学部 現代経済学科 助教 
 
2019年4月
 - 
2022年3月
早稲田大学 イノベーション研究所 (WIN-Lab) 招聘研究員 
 
2019年4月
 - 
2022年3月
日本学術振興会  特別研究員 (PD) 
 
2018年4月
 - 
2019年3月
東京大学大学院経済学研究科 日本経済国際共同研究センター 特任研究員 
 
2014年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会  特別研究員 (DC1) 
 

学歴

 
 
 - 
2018年3月
東京大学 大学院経済学研究科 
 
 
 - 
2012年3月
東京理科大学 経営学部 経営学科
 

受賞

 
2016年12月
行動経済学会, 奨励賞
橋立洋祐 
 

論文

 
 
41(3) 1843-1848   2021年9月   [査読有り]
 
21(1) 19-84   2021年1月   [査読有り]

MISC

 
 
橋立洋祐   
CIRJE Discussion Paper Series   CIRJE-F-1082    2018年4月   
 
橋立洋祐   
Journal of Behavioral Economics and Finance   11(Special Issue) 5-8   2018年   
 
橋立洋祐   
Journal of Behavioral Economics and Finance   9 99-101   2017年   

講演・口頭発表等

 
 
PSE Summer School of Experimental Economics   2021年7月   
 
Asian Meeting of Econometric Society 2021   2021年6月   
 
日本経済学会春季大会   2021年5月   
 
Royal Economic Society 2021 Annual Conference   2021年4月   
 
日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会   2021年3月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
現代社会と経済B (明治学院大学)
 
   
 
経済学2 (明治学院大学)
 
   
 
経済学1 (明治学院大学)
 
   
 
意思決定理論の実践 (早稲田大学)
 
   
 
組織の経済学 (早稲田大学)

所属学協会

 
2016年2月
 - 
現在
Econometric Society
2014年5月
   
 
日本経済学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
選好構造と情報構造の公理的分析とその応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
橋立 洋祐 
研究期間: 2020年4月 - 2024年3月
 
行動経済学を融合した経済理論の構築: 不確実性・学習・インセンティブ設計の分析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
橋立 洋祐 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2020年9月 - 2021年8月
 
利他的行動と情報・不確実性の関係: social image の理論分析
東京経済研究センター: 公益財団法人
橋立 洋祐 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月
 
限定合理性に関する研究:フレーミング効果と探索費用による意思決定プロセスの分析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
橋立洋祐 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月