言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 小村 智美
 

小村 智美

 
アバター
研究者氏名小村 智美
 
コムラ トモミ
URLhttps://komuratomomi.wixsite.com/komuratomomi
所属兵庫県立大学
部署環境人間学部 食環境栄養課程
職名助教
学位学術博士(大阪市立大学)
科研費研究者番号10736515
J-Global ID201601000482165366

研究キーワード

 
免疫栄養学 ,食品微生物学 ,線虫 ,老化 ,乳酸菌 ,プロバイオティクス ,食品因子

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 
  • ライフサイエンス / 食品科学 / 
  • 人文・社会 / 家政学、生活科学 / 

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 環境人間学部 食環境栄養課程 助教 
 
2016年9月
 - 
2021年3月
奈良女子大学 研究院生活環境科学系  助教 
 
2016年7月
 - 
2016年8月
大阪市立大学 生活科学部  特任助教 
 
2015年4月
 - 
2016年6月
シャープ株式会社 メディカルヘルスケア事業開発センター   
 
2014年4月
 - 
2015年3月
大阪市立大学 大学院生活科学研究科  博士研究員 
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
大阪市立大学 大学院生活科学研究科 後期博士課程  
 
2008年4月
 - 
2010年3月
大阪市立大学 大学院生活科学研究科 前期博士課程  
 
2004年4月
 - 
2008年3月
畿央大学 健康科学部健康生活学科  
 

受賞

 
2012年9月
2nd International Conference on Model Hosts, Travel Award
小村 智美 
 
2010年9月
1st International Conference on Model Hosts, Travel Award
小村 智美 
 

論文

 
 
Tomomi Komura   Mikihiro Yamanaka   Kohji Nishimura   Keita Hara   Yoshikazu Nishikawa   
npj Aging and Mechanisms of Disease   7(1)    2021年6月   [査読有り]
<title>Abstract</title>To assess the utility of autofluorescence as a noninvasive biomarker of senescence in <italic>Caenorhabditis elegans</italic>, we measured the autofluorescence of individual nematodes using spectrofluorometry. The fluorescen...
 
Tomomi Komura   Asami Takemoto   Hideki Kosaka   Toshio Suzuki   Yoshikazu Nishikawa   
bioRxiv      2021年4月
 
Sun S   Mizuno Y   Komura T   Nishikawa Y   Kage-Nakadai E   
Bioscience of Microbiota, Food and Health   38(3) 105-110   2019年5月   [査読有り]
 
小村 智美   
日本食品微生物学会雑誌   36(1) 28-31   2019年3月   [招待有り]
 
Yumiko Nakatani   Yukie Yaguchi   Tomomi Komura   Masakazu Nakadai   Kenji Terao   Eriko Kage-Nakadai   Yoshikazu Nishikawa   
European Journal of Nutrition   57(3) 1137-1146   2018年4月   [査読有り]
Purpose: Sesamin, a polyphenolic compound found in sesame seeds, has been reported to exert a variety of beneficial health effects. We have previously reported that sesamin increases the lifespan of Caenorhabditis elegans. In this study, we invest...

書籍等出版物

 
 
大野博司(担当:分担執筆, 範囲:線虫の腸内細菌)
化学同人   2016年      
 
CRC Press   2012年   (ISBN:9781439884416)   
 
Springer Science   2011年   (ISBN:9781441956378)   

講演・口頭発表等

 
 
Host resistance to S. aureus conferred by C. acnes
靏綾乃   濱﨑祐美   冨田秀太   小村智美   西川禎一   中台(鹿毛)枝里子   
第43回日本分子生物学会年会   2020年12月   
 
Functional analysis of Hcp gene that constitutes type VI secretion systems and comprehensive screening of inflammatory suppression genes of diffusely adherent Escherichia coli isolated from healthy carrier.
小谷篤幸   谷本佳彦   髙浦彩那   小村智美   中台(鹿毛)枝里子   西川禎一   
第43回日本分子生物学会年会   2020年12月   
 
健康者由来分散接着性大腸菌株のVI型分泌装置を構成するHcp遺伝子の機能解析と炎症抑制遺伝子の網羅的探索
小谷篤幸   谷本佳彦   髙浦彩那   小村智美   和田崇之   中台(鹿毛)枝里子   西川禎一   
第73回日本細菌学会関西支部総会   2020年11月   
 
線虫C. elegans における非病原性アクネ菌による黄色ブドウ球菌への宿主抵抗性付与に関する研究
靏綾乃   濱崎祐美   冨田秀太   小村智美   西川禎一   中台(鹿毛)枝里子   
第73回日本細菌学会関西支部総会   2020年11月   
 
クレモリス FC 株を与えた C. elegans における寿命延長効果と抗老化作用
小村智美   竹元亜佐美   小阪英樹   鈴木利雄   西川禎一   
第20回日本抗加齢医学会総会   2020年9月   

所属学協会

 
 
   
 
日本抗加齢医学会
 
   
 
日本食品免疫学会
 
   
 
日本食品微生物学会
 
   
 
日本細菌学会
 
   
 
日本栄養・食糧学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2021年8月 - 2022年3月
 
研究期間: 2021年7月 - 2022年3月
 
研究期間: 2020年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2020年3月 - 2020年3月