言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 藤原 道郎
 

藤原 道郎

 
アバター
研究者氏名藤原 道郎
 
フジハラ ミチロウ
URLhttp://www.awaji.ac.jp/gs-ldh/outline/index.html
所属兵庫県立大学
部署大学院 緑環境景観マネジメント研究科 景観要素研究部門
職名教授
学位博士(理学)(広島大学), 理学修士(広島大学)
その他の所属兵庫県立淡路景観園芸学校
J-Global ID200901002729036332

研究キーワード

 
植物社会学 ,植生生態学 ,マツ林 ,森林動態 ,景観生態学 ,Phytosociology ,Vegetation Ecology ,Pine Forest ,Forest Dynamics ,Landscape Ecology

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生態学、環境学 / 
  • 環境・農学 / ランドスケープ科学 / 
  • 環境・農学 / 生物資源保全学 / 
  • ライフサイエンス / 森林科学 / 

経歴

 
2023年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院 緑環境景観マネジメント研究科 研究科長 
 
2009年
 - 
現在
兵庫県立大学大学院 緑環境景観マネジメント研究科 教授 
 
2009年
 - 
現在
University of Hyogo, Graduate School of Landscape Design and Management Professor 
 
2015年
 - 
2017年
兵庫県立大学大学院 緑環境景観マネジメント研究科 教授 研究科長 
 
2006年
 - 
2009年
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 教授   
 

学歴

 
 
 - 
1992年
広島大学大学院 理学研究科 植物学専攻
 
 
 - 
1992年
広島大学  
 

委員歴

 
2020年
 - 
現在
日本海岸林学会  副会長
 
2018年
 - 
現在
日本景観生態学会  副会長
 
2009年
 - 
現在
Landscape and Ecological Engineering  編集委員
 
2017年
 - 
2023年3月
植生学会  編集委員
 
2016年
 - 
2020年12月
日本景観生態学会  幹事長
 

論文

 
 
大江 万梨   山本 聡   藤原 道郎   大藪 崇司   
ランドスケープ研究   86(5) 449-454   2023年3月   [査読有り]
 
Kobayashi, K   Ohashi, M   Fujihara, M   Kitayama, K   Onoda, Y   
Journal of Forest Research      2022年6月   [査読有り]
 
小田巻直矢   藤原道郎   大藪崇司   山本 聡   
景観生態学   26(1) 53-57   2021年12月   [査読有り]
本研究ではイノシシによるタケノコ摂食状況を把握し,イノシシが竹稈発生に与える影響を明らかにすることを目的とした.兵庫県淡路市北部のイノシシの生息域に所在する竹林においてイノシシの生息状況の確認,タケノコのイノシシによる食痕数,設置したイノシシ防護柵内外の竹稈の位置と稈齢,胸高直径を2017年の夏と秋に計測し,2018年の新稈数をカウントした.その結果,タケノコが地表面に出現する春季だけでなく,秋季である10月31日時点でタケノコの摂食が確認され,11月の食痕数は1日当たり0.1~0.7個/...
 
菊川楓月   大藪崇司   田邉晋治   藤原道郎   
日本緑化工学会誌   47(1) 219-222   2021年   [査読有り]
 
阿部 建太   山本 聡   大藪 崇司   藤原 道郎   
日本緑化工学会誌   47(1) 207-210   2021年   [査読有り]
<p>雨天時の森林セラピーの実施状況や魅力の把握を目的に全国62箇所の森林セラピー基地で活動する森林セラピスト・セラピーガイドに聞き取り調査を実施した。その結果,雨天時用のプログラムを持つ箇所はわずかであり,雨に適したプログラムに関する情報の共有が必要であると考えられた。また,参加者の感想としては雨天時であってもポジティブなものが多かったものの,ガイド自身の雨に対する意識の影響も示唆された。雨天時の魅力としては緑が濃くなる,雨の匂いや音など多様な魅力が聞かれ,参加者の満足度向上に向けた活用...

MISC

 
 
 
鈴木美香   山本聡   藤原道郎   大藪崇司   
景観園芸研究   21 1-5   2020年   [査読有り]
 
西尾 祐哉   山本 聡   大藪 崇司   藤原 道郎   
景観園芸研究 = Landscape planning & horticulture   (18) 53-58   2016年12月   
 
坂野 明日香   藤原 道郎   大薮 崇司   澤田 佳宏   山本 聡   
景観園芸研究 = Landscape planning & horticulture   (17) 15-21   2015年12月
 
渕田 早穂子   山本 聡   澤田 佳宏   藤原 道郎   大藪 崇司   
景観園芸研究 = Landscape planning & horticulture   (17) 1-7   2015年12月   

書籍等出版物

 
 
日本景観生態学会編, 藤原道郎(担当:分担執筆, 範囲:クロマツと海岸林 9章 pp.130-132.)
共立出版株式会社   2022年3月   
 
伊東未来, 李素ジョン, 泉直亮編, 藤原道郎分担執筆(担当:分担執筆, 範囲:あわじ環境未来等構想系)
公立大学法人兵庫県立大学地域創造機構   2018年   
 
嶽山洋志編, 藤原道郎分担執筆(担当:分担執筆, 範囲:里山管理の最前線)
兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科;神戸新聞出版会   2018年   
 
Hong S.K., Wu J., Kim J.E., Nakagoshi N. (eds.), Landscape Ecology in Asian Cultures, pp235-248   2011年      
 
ソフトサイエンス社   2009年      

講演・口頭発表等

 
 
FUJIHARA M   
EcoSummit2023   2023年6月14日   
 
谷口みなみ   澤田佳宏   藤原 道郎   
JALE2023淡路   2023年5月27日   
 
藤原道郎   
JALE2023淡路   2023年5月27日   
 
趙星一   藤原道郎   
第134回日本森林学会大会   2023年3月27日   
 
藤原道郎   
日本生態学会 第70回 仙台大会(オンライン)   2023年3月14日   

所属学協会

 
 
   
 
森林立地学会
 
   
 
日本生物教育学会
 
   
 
日本環境教育学会
 
   
 
植生学会
 
   
 
日本景観生態学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
モウソウチクの異なる成長段階への攪乱による外来種防除に関する景観生態学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
藤原 道郎 
研究期間: 2022年4月 - 2026年3月
 
棚田地帯での圃場整備に際して実施可能な畦畔草原保全手法の開発および標準化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
澤田 佳宏 松村 俊和 藤原 道郎 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
AIを用いた全国規模の群落レベルの時空間的変化を表現する植生図化と予測モデル構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
原 慶太郎 富田 瑞樹 藤原 道郎 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2002年 - 2008年