言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 近藤 亮介
 

近藤 亮介

 
アバター
研究者氏名近藤 亮介
 
コンドウ リョウスケ
URLhttps://www.researchgate.net/profile/Ryosuke_Kondo2
所属兵庫県立大学
部署総合教育機構
職名特任助教
学位修士(体育学)(鹿屋体育大学)
科研費研究者番号30882394
J-Global ID201801012878456919

研究キーワード

 
測定評価 ,運動・スポーツ ,コーチング ,運動技能 ,高等教育

研究分野

 
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 
  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 総合教育機構 特任助教 
 
2016年12月
 - 
2020年3月
鹿屋体育大学  特任助教 
 
2016年5月
 - 
2016年11月
神戸大学 大学院人間発達環境学研究科 学生研究支援員 
 
2016年4月
 - 
2016年9月
神戸大学 大学教育推進機構 非常勤講師(健康・スポーツ科学実習基礎1・2) 
 
2015年9月
 - 
2016年3月
流通科学大学  非常勤講師(健康科学理論) 
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2020年3月
神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 人間発達専攻 博士課程後期課程
 
2012年4月
 - 
2014年3月
鹿屋体育大学大学院 体育学研究科 修士課程
 
2008年4月
 - 
2012年3月
鹿屋体育大学 体育学部 スポーツ総合課程
 

受賞

 
2018年3月
日本体育測定評価学会第17回大会, 優秀発表
近藤亮介 國土将平 
 
2018年3月
日本体育学会第68回大会測定評価専門分科会, 優秀発表(ポスター発表)
近藤亮介 國土将平 
 
2015年2月
日本体育学会第65回大会測定評価専門分科会, 優秀発表(ポスター発表)
近藤亮介 金高宏文 國土将平 
 
2014年9月
The 5th Conference of the Asia Society of Sport Biomechanics, Excellent Poster Paper Award
Ryosuke Kondo Hirofumi Kintaka Shohei Kokudo 
 

論文

 
 
近藤 亮介   
体育学研究   65 321-336   2020年3月   [査読有り]
 
近藤亮介   
体育学研究   64(2) 587-601   2019年10月   [査読有り]
The purposes of this study were as follows: 1) to clarify the competition performance structure of the decathlon; 2) to classify performance types based on competition performance structure; and 3) to propose a method for discrimination of perform...
 
下川美佳   金高宏文   竹中健太郎   近藤亮介   濱中 良   前田 明   
スポーツパフォーマンス研究   11 413-424   2019年9月   [査読有り]
本研究は,踏み込み動作の修正により右足踵部痛を改善した剣道競技者(S 競技者)の取り組み事例について報告した.具体的には剣道競技者における,足裏全体踏み込みの習得過程と右足踵部痛改善前後の動作について比較し,踏み込み動作の修正により右足踵部痛を改善した事例の提示を目的とした.S 競技者は,踵踏み込みを「つま先踏み込み」や「足裏全体踏み込み」に修正し,右足踵部痛を緩和させた.この右足踵部痛の緩和は,「体の重心を低くし右足指を丸める意識をした」ことで,踵に受ける衝撃が変わり,衝撃力や足底力を低...
 
濱中良   近藤亮介   瓜田吉久   小森大輔   金高宏文   
陸上競技研究   2018(2) 29-36   2018年6月   [査読有り]
 
濱中良   永原隆   松尾彰文   小森大輔   加藤忠彦   近藤亮介   金高宏文   
スポーツパフォーマンス研究   9 512-527   2017年11月   [査読有り]

MISC

 
 
Ryosuke Kondo   Kojiro Shojima   
The 2020 Yokohama Sport Conference   J10-P0283    2020年9月   [査読有り]
 
近藤亮介   國土将平   
日本体育学会第 70 回大会予稿集   70 240   2019年9月   
 
近藤亮介   國土将平   
日本体育測定評価学会大会プログラム・抄録集   17th 39   2018年   
 
近藤 亮介   國土 将平   
日本体育学会大会予稿集   69(0) 165_1-165_1   2018年   
<p> 【背景】近藤・國土(2017)は、タレント発掘やトレーニング等に用いられる立ち五段跳びの技能ステージを評価できる尺度を構築した。しかし、個人特性や運動経験と技能達成との関係については検討されていない。【目的】個人特性と運動経験の観点から立ち五段跳び技能ステージの決定要因を検討する。【方法】対象は日常的な運動経験を有する124名(男87、女37、13-29歳)であり、全124項目の評価尺度より動作を評価した。近藤・國土(2018)で標準化した項目母数を固定し、共時等化法に...
 
近藤 亮介   國土 将平   
日本体育学会大会予稿集   68(0) 193_2-193_2   2017年   
<p>【背景】立ち五段跳びは様々なトレーニング場面で活用されているが、局面全体に着目した技能の評価基準はない。【目的】立ち五段跳びの局面全体の動作評価基準を検討し、典型的な技能ステージとその跳躍特性を明らかにする。【方法】立ち五段跳び動作の時間的順序性と身体の相対的位置関係を考慮した動作評価基準124項目を使用し、61名(年齢:13-36歳、男:49名、女:12名)の動作を試技映像から評価した。対象局面は両脚跳躍、1・3・5歩目とした。ニューラルテスト理論(段階モデル)を適用し...

講演・口頭発表等

 
 
近藤 亮介   
第12回教育フォーラムin九州産業大学   2020年2月15日   [招待有り]
 
近藤 亮介   
AP事業北九州合同セミナー   2019年11月11日   [招待有り]
 
近藤亮介   金高宏文   小森大輔   瓜田吉久   松村勲   
日本体育学会第64回大会   2013年8月28日   

担当経験のある科目(授業)

 
2021年10月
 - 
現在
スポーツと生活 (兵庫県立大学)
2021年4月
 - 
現在
環境と人間 (兵庫県立大学)
2016年4月
 - 
2016年9月
健康・スポーツ科学実習基礎1・2 (神戸大学)
2015年9月
 - 
2016年3月
健康科学理論 (流通科学大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本心理学会
 
   
 
大学教育学会
 
   
 
日本行動計量学会
 
   
 
日本テスト学会
 
   
 
日本体育測定評価学会