言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 畑 豊
 

畑 豊

 
アバター
研究者氏名畑 豊
 
ハタ ユタカ
URLhttps://sites.google.com/site/yutakahatalab/
所属兵庫県立大学
部署大学本部 大学院 シミュレーション学研究科
職名教授
学位工学博士(*姫路工業大学*), 工学修士(*姫路工業大学*)
J-Global ID200901047349838723

プロフィール

平成元年姫路工業大学大学院博士課程修了(工学博士).同年姫路工業大学工学部助手, 平成12年同教授,平成16年兵庫県立大学大学院工学研究科教授,平成25年10月兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科教授・研究科長現在に至る.2008-2017年にWPI大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授,平成22年IEEE(米国電気電子学会)Fellow.
現在,医療・健康システムの研究に従事.Biomedical Wellness Award from SPIE Defense, Security, and Sensing(April. 2010, Orlando, USA), Franklin V. Taylor Best Paper Award from IEEE SMC (Oct. 2009, USA), Life Time Achievement Award from Intelligent Automation and Soft Computing- An international Journal (Sept. 2008, USA) 等の15の国際賞を受賞.

研究キーワード

 
超音波 ,医用画像 ,医用情報システム ,Medical Ultrasound ,Medical Imaging ,Medical System

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医用システム / 
  • ライフサイエンス / 生体材料学 / 
  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 
  • 情報通信 / 知能情報学 / 
  • 情報通信 / 情報学基礎論 / 

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 本部 理事兼副学長 
 
2021年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院 応用情報科学研究科 教授 
 
2013年10月
 - 
2021年3月
兵庫県立大学 シミュレーション学研究科 教授 
 
2004年4月
 - 
2013年9月
兵庫県立大学 大学院工学研究科 教授 
 
2000年
 - 
2003年
姫路工業大学工学部情報工学科 教授   
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1989年3月
姫路工業大学 工学研究科 生産工学
 
1984年4月
 - 
1986年3月
姫路工業大学 工学研究科 電気電子工学専攻
 
1980年4月
 - 
1984年3月
姫路工業大学 工学部 電子工学科
 

委員歴

 
2015年
 - 
現在
システム制御情報学会  会員
 
2010年1月
   
 
IEEE  Fellow
 
2005年4月
   
 
臨床バイオメカニクス学会  会員
 
2005年
   
 
バイオメディカルファジイシステム学会  会員
 
2005年
   
 
日本知能情報ファジィ学会  会員
 

受賞

 
2019年11月
兵庫県, 兵庫県科学賞
畑 豊 
 
2019年10月
IEEE, The IEEE SMC Society Outstanding Contribution Award
Yutaka Hata 
 
2018年6月
World Automation Congress Medal of Honor
 
2016年10月
井植文化財団, 井植文化賞 科学技術部門
畑 豊 
 
2013年11月
The 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, Best Contribution Award
畑 豊 
 

論文

 
 
Ryosuke NISHIHARA   Hidehiko MATSUBAYASHI   Tomomoto ISHIKAWA   Kentaro MORI   Yutaka HATA   
IEICE Transactions on Information and Systems   E104.D(8) 1154-1160   2021年8月
 
Kentaro Mori   Hiroshi Nakajima   Yutaka Hata   
International Journal of Machine Learning and Cybernetics   12(4) 1151-1171   2021年4月   [査読有り]
 
Takumi Ueyama   Yohei Kumabe   Keisuke Oe   Tomoaki Fukui   Takahiro Niikura   Ryosuke Kuroda   Masakazu Morimoto   Naomi Yagi   Yutaka Hata   
ICMLC   1-5   2021年
 
Y. Kumabe   K. Oe   M. Morimoto   N. Yagi   T. Fukui   R. Kuroda   Y. Hata   nd T   Niikura   
Tissue Engineering   27(6) 349-356   2021年   [査読有り]
Correct assessment of the bone healing process is required for the management of limb immobilization during the treatment of bone injuries, including fractures and defects. Although the monitoring of bone healing using ultrasound poses several adv...
 
Satoshi Kimura   Keisuke Oe   Yohei Kumabe   Tomoaki Fukui   Takahiro Niikura   Ryosuke Kuroda   Naomi Yagi   Yutaka Hata   
2020 IEEE 50th International Symposium on Multiple-Valued Logic (ISMVL)      2020年11月

MISC

 
 
前川朋広   水田真平   水田真平   鬼西裕也   高橋智恵   松林秀彦   松林秀彦   北宅弘太郎   竹内巧   畑豊   石川智基   石川智基   
Journal of Mammalian Ova Research   36(1)    2019年
 
畑豊   
知能と情報   30(2) 64-66   2018年   
 
Kentaro Mori   Atsushi Yukawa   Atsushi Kono   Yutaka Hata   
Proceedings of 2017 International Conference on Machine Learning and Cybernetics, ICMLC 2017   1 67-70   2017年11月   [査読有り]
© 2017 IEEE. This paper proposes an automated method to track the tag intersections in the Tagged Magnetic Resonance Image (MRI) to diagnose Heart failure. Heart Failure brings about declining of a function to supply blood by contraction of myocar...
 
Saadia Binte Alam   Rashedur Rahman   Syoji Kobashi   Yutaka Hata   
Proceedings of 2017 International Conference on Machine Learning and Cybernetics, ICMLC 2017   2(ICMLC) 425-429   2017年11月   [査読有り]
© 2017 IEEE. A novel method of muscular thickness measurement based on reflection echo from the boundary surface of different layer of target area using ultrasonic wave is presented. By exploring the traveling direction of ultrasonic wave at the i...
 
Toshifumi Kishida   Mizuki Higuchi   Tadahito Egawa   Kazuhiko Taniguchi   Yutaka Hata   
Proceedings of 2017 International Conference on Machine Learning and Cybernetics, ICMLC 2017   1(ICMLC) 251-254   2017年11月   [査読有り]
© 2017 IEEE. This paper described a method of automatic extraction of abnormal points from electric cable. The cable changes the color depending on the weather, environment and used period. We define low brightness area and classify size of it. We...

書籍等出版物

 
 
L.A. Zadeh(ed), Y. Hata(担当:共著, 範囲:Fuzzy logic in medicine)
World Scientific   2018年12月   
 
Yutaka HATA (ed. H. Ishibuchi)(範囲:Computational Intelligence and Medical Applications)
Encyclopedia of Life Support Systems (UNESCO EOLSS)   2015年   
 
Mo Jamshidi (ed.), Y. Hata, S. Kobashi, and H. Nakajima,(担当:共著, 範囲:Medical and health management system of systems)
CRC press   2008年   

講演・口頭発表等

 
 
前川朋広   水田真平   水田真平   鬼西裕也   森本高史   松林秀彦   松林秀彦   北宅弘太郎   竹内巧   畑豊   石川智基   石川智基   
Journal of Mammalian Ova Research   2020年   
 
森健太郎   北宅弘太郎   石川智基   畑豊   
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2019年   
 
鬼西裕也   前川朋広   水田真平   石川智基   畑豊   
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2019年   
 
森健太郎   樫脇陸   石川智基   松林秀彦   畑豊   
情報科学技術フォーラム講演論文集   2019年   
 
平井瑞樹   酒井良忠   亀山博史   石川治   畑豊   
情報科学技術フォーラム講演論文集   2019年   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
画像メディア工学
 
   
 
健康医療科学概論
 
   
 
知的計算論
 
   
 
論理数学
 
   
 
情報基礎論

所属学協会

 
 
   
 
臨床バイオメカニクス学会
 
   
 
バイオメディカルファジイシステム学会
 
   
 
IEEE
 
   
 
日本知能情報ファジィ学会
 
   
 
電子情報通信学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
波長計測限界を超えた超音波計測法とその男性不妊症診断への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
畑 豊 石川 智基 上浦 尚武 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
 
生活習慣病予知のための医療健康データ解析による日常生活と発症の潜在的機構解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
畑 豊 山川 烈 小橋 昌司 森本 雅和 八木 直美 藤田 孝之 前中 一介 上浦 尚武 新居 学 酒井 良忠 倉本 圭 
研究期間: 2013年5月 - 2017年3月
 
波長計測限界を超えた超音波周波数解析技術による男性不妊症診断法の確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
畑 豊 石川 智基 
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月
 
骨に囲まれた臓器・物質を画像化する超音波システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
畑 豊 小橋 昌司 柳田 敏雄 喜多村 祐理 
研究期間: 2008年 - 2010年
 
膝関節3次元動作解析システムの確立と前十字靱帯損傷膝に対する応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
吉矢 晋一 道免 和久 今村 史明 八木 正義 畑 豊 小橋 昌司 
研究期間: 2007年 - 2009年