言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 大坂 藍
 

大坂 藍

 
アバター
研究者氏名大坂 藍
 
オオサカ アイ
URL
所属兵庫県立大学
部署大学院 工学研究科
職名助教
学位博士(工学)(大阪大学)
その他の所属大阪大学 産業科学研究所
J-Global ID202001011805920660

研究キーワード

 
触媒 ,三次元ナノ構造科学 ,強相関酸化物 ,表面処理 ,研磨

研究分野

 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 機械要素、トライボロジー / 
  • ナノテク・材料 / ナノ構造物理 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 加工学、生産工学 / 表面研磨

経歴

 
2023年4月
 - 
現在
大阪大学 産業科学研究所 招聘教員 
 
2023年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院 工学研究科 助教 
 
2019年10月
 - 
2023年3月
大阪大学 産業科学研究所 附属産業科学ナノテクノロジーセンター 特任助教 
 
2017年4月
 - 
2019年9月
三菱重工業株式会社 総合研究所機械研究部  
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年3月
大阪大学 大学院工学研究科 精密科学応用物理学専攻
 
2012年4月
 - 
2014年3月
大阪大学 大学院工学研究科 精密科学応用物理学専攻
 
2008年4月
 - 
2012年3月
大阪大学 工学部 応用自然科学科
 

受賞

 
2020年9月
公益社団法人精密工学会, 2020年度精密工学会秋季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞,触媒表面基準エッチング法で平滑化したMgO基板上に成長させたFe3O4極薄膜における金属/絶縁体相転移特性特性の向上
 

論文

 
 
Umar Sidik   Azusa N. Hattori   Hao-Bo Li   Shin Nonaka   Ai I. Osaka   Hidekazu Tanaka   
Applied Physics Express   16(1) 014001-014001   2023年1月
Abstract

We investigate resistance switching in proton-memristive NdNiO3 film devices via the diffusional migration of a proton dopant by using electric field control. Lattice strain is found to play a significant role in determining ...
 
Ken Hattori   Yuya Sakai   Liliany N. Pamasi   Aydar Irmikimov   Takaaki Higashi   HaoBang Yang   XiaoQian Shi   FangZhun Guo   Ai I. Osaka   Hidekazu Tanaka   Takushi Iimori   Fumio Komori   Azusa N. Hattori   
e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   20(4) 214-220   2022年7月
 
Hui Ren   Ai Isohashi Osaka   Azusa N. Hattori   Boyuan Yu   Masaya Nagai   Masaaki Ashida   Bowen Li   Chongwen Zou   Hidekazu Tanaka   
ACS Applied Electronic Materials   4(7) 3495-3502   2022年7月   [査読有り]
Unlike normal hydrogen doping in a H2gas atmosphere assisted by precious metal catalysts at high temperatures, the cost-effective hydrogenation of rare-earth nickelate (RNiO3) thin films in acid solution with abundant protons supplies a tunable pr...
 
Le Van Sang   Akihiko Yano   Ai Osaka   Natsuko Sugimura   Hitoshi Washizu   
TRIBOLOGY LETTERS   70(2)    2022年6月   [査読有り]
The paper carries out the smoothed particle hydrodynamics simulations of lubrication for the micronscale iron contact by the 20 types of the spherical solid oxide particles. The iron slabs and oxide particles of micrometer sizes are modeled by the...
 
Le Van Sang   Akihiko Yano   Ai I. Osaka   Natsuko Sugimura   Hitoshi Washizu   
Journal of Tribology   144(1)    2022年1月   [査読有り]
<title>Abstract</title>
The present study uses the smoothed particle hydrodynamics (SPH) and discrete element method (DEM) coupling to investigate influence of the hexagonal boron nitride (hBN) particles on friction of the elastic coarse-grained ...

MISC

 
 
玄地真悟   大坂藍   服部梓   渡邊賢司   谷口尚   田中秀和   
応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   68th    2021年
 
大坂藍   服部梓   田中秀和   藤大雪   山内和人   佐野泰久   
日本表面真空学会学術講演会要旨集(Web)   2020    2020年
 
藤 大雪   礒橋 藍   稻田 辰昭   中平 雄太   木田 英香   松山 智至   佐野 泰久   山内 和人   
精密工学会学術講演会講演論文集   2017(0) 35-36   2017年   
我々は機能性材料を平坦化する手法として触媒表面基準エッチング法を開発してきた.加工液に純水,触媒にPt,を用いる本手法は高精度表面の実現を可能にするがステップフロー型エッチングであるため加工速度は未だ不十分である.そこで本研究ではニッケルを触媒として利用し,加工速度の向上を図った.表面が酸化され化学的不活性になりやすいニッケルを電気化学的手法によりその触媒活性を安定させ超高速加工を実現した.
 
中平 雄太   礒橋 藍   Bui Pho   稻田 辰昭   藤 大雪   木田 英香   松山 智至   佐野 泰久   山内 和人   
精密工学会学術講演会講演論文集   2017(0) 1-2   2017年   
我々はこれまで触媒表面基準エッチング法の開発を行ってきた。本手法ではエッチング反応による加工が、触媒作用を有する研磨パッドの近傍のみで進行するため凸部からの選択的な加工が可能である。砥粒等の機械的作用によるダメージはなく効率的に基準面形状の転写が可能である。本研究では、水素水を用い触媒表面の加工生成物を除去することで加工速度の安定化を行い、加工液のpHを変化させることで加工速度の向上に成功した。
 
稻田 辰昭   礒橋 藍   藤 大雪   中平 雄太   松山 智至   佐野 泰久   山内 和人   
年次大会   2016(0) S1630201   2016年   

所属学協会

 
2021年10月
 - 
現在
日本表面真空学会
2021年1月
 - 
現在
応用物理学会
2020年1月
 - 
現在
精密工学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
化学機械研磨反応を利用したフラーレンへの高濃度水素貯蔵の挑戦
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
服部 梓 大坂 藍 
研究期間: 2022年6月 - 2025年3月
 
高精度ナノ-マイクロVO2立体構造支配によるマルチガスセンサ性能の創出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
大坂 藍 
研究期間: 2022年4月 - 2024年3月
 
完全結晶表面基板上でのFe3O4極薄膜の巨大相転移特性の創出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
大坂 藍 
研究期間: 2020年4月 - 2022年3月
 
触媒反応を利用した純水のみによる超精密表面加工法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
礒橋 藍 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月

産業財産権

 
 
 
 
山内 和人   礒橋 藍   佐野 泰久   鈴木 辰俊   鈴木 大介   

メディア報道