言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

 

原口 亮

 
アバター
研究者氏名原口 亮
 
ハラグチ リョウ
URLhttps://bselab.org/
所属兵庫県立大学
部署大学院 情報科学研究科
職名教授
学位博士(情報学)(京都大学)
ORCID ID0000-0002-2433-2793
J-Global ID200901081196347117

プロフィール

博士(情報学)(京都大学)
京都大学大学院修了後,国立循環器病研究センターにて情報科学研究,情報システム企画導入運用の実務,知的資産戦略に携わる.2016年に兵庫県立大学応用情報研究科に着任.
「画像」「心臓」「コミュニケーション」を主なテーマとして,工学・情報学・ システム科学の手法を用い,基礎医学・生理学から臨床医学まで幅広くコラボ レーションしながら教育研究を行う.
2012年日本バーチャルリアリティ学会論文賞,2013年経済産業省Innovative Technologies受賞ほか.

研究キーワード

 
コンピュータ不整脈学 ,生体医工学 ,医用画像工学 ,Biomedical Engineering ,Medical Image Technology

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生体材料学 / 生体シミュレーション
  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 生体シミュレーション
  • ライフサイエンス / 医用システム / 医用画像工学

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 先端医療工学研究所 兼務 
 
2021年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院 情報科学研究科 教授 
 
2016年4月
 - 
2021年3月
兵庫県立大学 大学院 応用情報科学研究科 准教授 
 
2016年4月
 - 
2020年3月
国立研究開発法人国立循環器病研究センター 病理部 客員研究員 
 
2018年4月
 - 
2018年9月
カーネギーメロン大学 CyLab Visiting Researcher 
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2003年3月
京都大学 大学院情報学研究科 システム科学専攻
 
1994年4月
 - 
1998年3月
京都大学 工学部 電気系学科
 

委員歴

 
2023年6月
 - 
現在
電子情報通信学会  医用画像研究専門委員会 委員長
 
2022年6月
 - 
現在
日本生体医工学会  副理事長
 
2018年12月
 - 
現在
日本生体医工学会  代議員
 
2018年6月
 - 
現在
電子情報通信学会  論文誌査読委員
 
2023年4月
 - 
2024年3月
日本生体医工学会  生体医工学シンポジウム2023編集委員
 

受賞

 
2019年6月
日本不整脈心電学会, Reviewer Certificate
原口 亮 
 
2018年6月
電子情報通信学会, 論文編集活動感謝状
原口 亮 
 
2017年6月
第32回心電情報処理ワークショップ(JSCE2017)/第27回体表心臓微小電位研究会/第14回心電図伝送システム研究会合同集会, 優秀演題賞,長期持続性心房細動に対するExTRa Mappingガイド下非受動興奮領域アブレーションの有用性:ExTRa Mapping Project
芦原 貴司 坂田 憲祐 奥村 雄介 小澤 友哉 原口 亮 稲田 慎 中沢 一雄 土谷 健 堀江 稔 
 
2013年10月
日本心電学会, 医科学応用研究財団助成による日本心電学会論文賞,The Role of Fibroblasts in Complex Fractionated Electrograms during Persistent/Permanent Atrial Fibrillation : Implication for Electrogram-Based Catheter Ablation
Takashi Ashihara Ryo Haraguchi Kazuo Nakazawa Tsunetoyo Namba Takanori Ikeda Yuko Nakazawa Tomoya Ozawa Makoto Ito Minoru Horie Natalia A. Trayanova 
 
2013年10月
経済産業省, Innovative Technologies,5分程度で心血管構造を3DCGモデル化して表示できるシステム
国立循環器病研究センター 京都大学大学院情報学研究科 奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科 
 

論文

 
 
土谷僚太郎   原口亮   高見美樹   
日本職業・災害医学会会誌   71(2) 23-29   2023年3月   [査読有り]
 
Ryo Haraguchi   Takashi Ashihara   Taka‐aki Matsuyama   Jun Yoshimoto   
Journal of Arrhythmia   37(3) 683-689   2021年6月   [査読有り]
 
Saori Nishitani   Narisa Torii   Hirohiko Imai   Ryo Haraguchi   Shigehito Yamada   Tetsuya Takakuwa   
Journal of the American Heart Association   9(19)    2020年9月   [査読有り]
<sec xml:lang="en">
<title>Background</title>
<p xml:lang="en">Detection of the fiber orientation pattern of the myocardium using diffusion tensor magnetic resonance imaging lags ≈12 weeks of gestational age (WGA) behind fetal myocardial remodel...
 
稲田 慎   柴田 仁太郎   井上 優子   山本 剛   奈良崎 大士   原口 亮   芦原 貴司   池田 隆徳   草野 研吾   三井 和幸   中沢 一雄   
心電図   40(Suppl.2) S-53   2020年2月
 
稲田 慎   相庭 武司   柴田 仁太郎   原口 亮   芦原 貴司   草野 研吾   清水 渉   池田 隆徳   佐久間 一郎   中沢 一雄   
生体医工学   Annual58(Abstract) 192-192   2020年
心室性不整脈の発生メカニズムの一つとして,右室流出路における電気的興奮の伝導異常が考えられている.本研究では,コンピュータシミュレーションを用いて不整脈の発生メカニズムを理論的に検討することを目的とした.心室内における電気的興奮の広がりを再現するために,約2000万のユニットで構成された両心室モデルを構築した.心室内における伝導障害を再現するために,心筋組織の一部に対してユニット間の電気的結合を弱くした.伝導障害領域の大きさや障害の程度などの条件を変えながらシミュレーションを実行し,不整脈...

MISC

 
 
情報・システムソサイエティ誌   28(4) 4-7   2024年2月   [招待有り]
 
原口 亮   
スパコン活用で飛び立とう!私たちの未来へ(第13号)   (13) 8-9   2023年4月   [招待有り]
 
原口 亮   
生体医工学   Dictionary 1 1-603   2021年8月   [招待有り]
 
稲田慎   相庭武司   柴田仁太郎   原口亮   芦原貴司   草野研吾   清水渉   池田隆徳   佐久間一郎   中沢一雄   
電子情報通信学会技術研究報告   119(452(MBE2019 81-98)(Web))    2020年
 
原口 亮   西谷 早織   今井 宏彦   高桑 徹也   
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   63 92-95   2019年5月

書籍等出版物

 
 
Ryo Haraguchi, Wataru Ueki, Yoshiaki Morita, Taka-aki Matsuyama(担当:共著, 範囲:Modeling of Congenital Heart Malformations with a Focus on Topology)
Springer   2021年12月   (ISBN:9789811643255)
 
原口 亮(担当:分担執筆, 範囲:4.7.循環器内科学への臨床応用;心臓)
誠文堂新光社   2018年3月   (ISBN:9784416518243)   
 
Ryo Haraguchi, Toshizo Katsuda(担当:共著, 範囲:3.8.1 Morphologic and Functional Modeling of the Heart)
Springer   2017年   (ISBN:9784431559764)   
 
Yuki Igarashi, Takeo Igarashi, Ryo Haraguchi, Kazuo Nakazawa(担当:共著, 範囲:Generating Graphical Reports on Cardiac Catheterization)
InTech   2013年3月   (ISBN:9789535110255)   
 
原口 亮, 岩田 倫理, 勝田 稔三(担当:分担執筆, 範囲:2.6.4 オプティカルフロー,2.6.5 ミーンシフト/CAMシフト)
オーム社   2012年11月      

講演・口頭発表等

 
 
原口 亮   茂谷 悠太   
電子情報通信学会 医用画像研究会   2023年9月8日   
 
Ryo Haraguchi   Takashi Ashihara   Takaaki Matsuyama   Jun Yoshimoto   
The International Congress on Electrocardiology 2023 (ICE 2023)   2023年7月8日   
 
Takashi Ashihara   Tomoya Ozawa   Shin Inada   Ryo Haraguchi   Kazuo Nakazawa   Yoshihisa Sugimoto   Yoshihisa Nakagawa   
The International Congress on Electrocardiology 2023 (ICE 2023)   2023年7月6日   
 
佐久間一郎   朔啓太   横澤宏一   小野弓絵   守本祐司   原口亮   白石泰之   
第62回日本生体医工学会大会   2023年5月19日   
 
原口 亮   
第62回日本生体医工学会大会 オーガナイズドセッション「in silico 医療機器開発評価の国内外最新動向」   2023年5月18日   

担当経験のある科目(授業)

 
2023年4月
 - 
現在
臨床生理・超音波診断学II (京都大学 医学部)
2021年4月
 - 
現在
健康医療科学セミナー (兵庫県立大学 情報科学研究科)
2021年4月
 - 
現在
健康医療科学特論 (兵庫県立大学 情報科学研究科)
2021年4月
 - 
現在
システム管理 (兵庫県立大学 社会情報科学部)
2021年4月
 - 
現在
生体信号解析特論 (兵庫県立大学 情報科学研究科)

所属学協会

 
 
   
 
IEEE
 
   
 
日本不整脈心電学会
 
   
 
日本循環器学会
 
   
 
日本生体医工学会
 
   
 
電子情報通信学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
両心房の網羅的画像解析による心房細動基質の未来予測
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
木内 邦彦 原口 亮 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
デジタルツイン実現に向けた心房細動モデリング効率化に関する研究
公益財団法人ひょうご科学技術協会: 学術研究助成金
研究期間: 2022年4月 - 2023年3月
 
ヒト心臓房室弁輪に潜在する未知の不整脈発生基質の組織学的探索
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
松山 高明 原口 亮 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
非発作性心房細動のリアルタイム映像化とその解析に基づくアブレーション新戦略の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
芦原 貴司 小澤 友哉 奥山 雄介 原口 亮 稲田 慎 中沢 一雄 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
WPW症候群の顕在化メカニズム解明に向けたシミュレーション研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
原口 亮 松山 高明 芦原 貴司 芳本 潤 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月