言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 山添 大丈
 

山添 大丈

 
アバター
研究者氏名山添 大丈
 
ヤマゾエ ヒロタケ
URLhttps://hirotakeyamazoe.jp/index-ja.html
所属兵庫県立大学
部署大学院工学研究科 電子情報工学専攻
職名准教授
学位博士(工学)(大阪大学)
J-Global ID200901050672492802

研究分野

 
  • 情報通信 / 知能ロボティクス / 
  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション / 
  • 情報通信 / 知覚情報処理 / 

学歴

 
 
 - 
2005年3月
大阪大学大学院 大学院基礎工学研究科 システム人間系専攻
 

受賞

 
2021年11月
HAI2021 Best Poster Award,Toward Internal-state-based Parameterized model of Robot’s Touching Manners based on Subjective Evaluation
 
2019年12月
SI2019 優秀講演賞,軽量低自由度外骨格型把持力増強装置の提案
 
2019年9月
ヒューマンインタフェースシンポジウム2019 優秀プレゼンテーション賞
 
2019年3月
SI2018 優秀講演賞
 
2019年3月
SI2018 優秀講演賞
 

論文

 
 
Makoto Sei   Akira Utsumi   Hirotake Yamazoe   Joo-Ho Lee   
Applied Intelligence      2022年1月   [査読有り]
 
Yume Matsushita   Dinh Tuan Tran   Hirotake Yamazoe   Joo-Ho Lee   
Journal of Computational Design and Engineering   8(6) 1499-1532   2021年10月   [査読有り]
Abstract

Gait analysis has been studied for a long time and applied to fields such as security, sport, and medicine. In particular, clinical gait analysis has played a significant role in improving the quality of healthcare. With the growth of m...
 
Miran Lee   Ko Ameyama   Hirotake Yamazoe   Joo-Ho Lee   
ROBOMECH Journal   7(1)    2020年12月   [査読有り]
Abstract

As the geriatric population expands, caregivers require more accurate training to handle and care for the elderly. However, students lack methods for acquiring the necessary skill and experience, as well as sufficient opportunities to pr...
 
Dinh Tuan Tran   Hirotake Yamazoe   Joo-Ho Lee   
Applied Intelligence   50(5) 1468-1486   2020年5月   [査読有り]
 
Akimichi Kojima   Hirotake Yamazoe   Joo-Ho Lee   
Journal of Robotics and Mechatronics   32(1) 173-182   2020年2月   [査読有り]
In this paper, we propose a wearable robot arm with consideration of weight and usability. Based on the features of existing wearable robot arms, we focused on the issues of weight and usability. The behavior of human hands during physical work ca...

MISC

 
 
Syunsuke Yoshida   Makoto Sei   Akira Utsumi   Hirotake Yamazoe   
IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces 2022 Poster      2022年3月   [査読有り]
 
Syunsuke Yoshida   Makoto Sei   Akira Utsumi   Hirotake Yamazoe   
The 27th ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST2022) Poster      2021年12月   [査読有り]
 
Tomoko Yonezawa   Hirotake Yamazoe   
The 9th International Conference on Human-Agent Interaction (HAI2022) Poster      2021年11月   [査読有り]
 
Fumio Hamanaka   Syunsuke Yoshida   Hirotake Yamazoe   
The 9th International Conference on Human-Agent Interaction (HAI2022) Poster      2021年11月   [査読有り]
 
𠮷田竣亮   施真琴   内海章   山添大丈   
画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2021)   I32-35   2021年7月   

書籍等出版物

 
 
池田聖, 浦西友樹, 中島悠太, 森尚平, 山添大丈, 山本豪志朗
マイナビ出版   2018年8月   (ISBN:9784839965303)   

講演・口頭発表等

 
 
Makoto Sei   Akira Utsumi   Hirotake Yamazoe   Joo-Ho Lee   
2019年   
 
IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2019)   2019年   
 
IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2019)   2019年   
 
The Second IEEE VR Workshop on Neuroscience and Virtuality   2019年   
 
The Second IEEE VR Workshop on Neuroscience and Virtuality   2019年   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
Special Topics(Global IT 2) (Ritsumeikan University)
 
   
 
特殊講義(グローバルIT2) (立命館大学)
 
   
 
Graduation Research 3 (Ritsumeikan University)
 
   
 
卒業研究3 (立命館大学)
 
   
 
Graduation Research 2 (Ritsumeikan University)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
無意識的気づきの検出に基づく周辺人物の微小変化の間接的検出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
山添 大丈 桑原 教彰 米澤 朋子 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
高齢者、介護スタッフの思いを記録し記憶へと繋ぐシステム
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
桑原 教彰 三輪 洋靖 渡辺 健太郎 太田 順 山下 淳 米澤 朋子 山添 大丈 杉原 太郎 阿部 明典 安田 清 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
装着型モーションキャプチャシステムの研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
山添 大丈 
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月
 
認知症者のアパシーの治療やリハビリを目的としたクロスモーダル刺激提示の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
桑原 教彰 田村 俊世 米澤 朋子 成本 迅 鉄谷 信二 山添 大丈 山添 大丈 成本 迅 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
記憶障害や認知症を有する方を意欲創出,注意誘導で支援する行動支援メディアの研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
桑原 教彰 米澤 朋子 田村 俊世 山添 大丈 内海 章 森本 一成 加藤 元一郎 桑原 和宏 安部 伸治 鉄谷 信二 正木 信夫 中村 雅己 
研究期間: 2009年 - 2011年