言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

 

角甲 純

 
アバター
研究者氏名角甲 純
 
カコウ ジュン
URL
所属兵庫県立大学
部署看護学部
職名准教授
学位医学博士(東京医科歯科大学)
J-Global ID201401017639517452

プロフィール

がん看護専門看護師
End-of-Life Nursing Education Consortium-Japan(ELNEC-J) 指導者
3学会合同呼吸療法認定士
医療環境管理士

研究キーワード

 
がん看護 ,呼吸困難 ,緩和ケア

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 臨床看護学 / がん看護
  • ライフサイエンス / 臨床看護学 / 緩和ケア

経歴

 
2020年10月
   
 
兵庫県立大学 看護学部 准教授 
 
2019年3月
 - 
2020年9月
広島大学 大学院医系科学研究科 助教 
 
2018年4月
 - 
2019年3月
広島大学 大学院医歯薬保健学研究科 助教 
 
2012年4月
 - 
2018年3月
国立がん研究センター東病院 看護部 看護師 
 
2007年4月
 - 
2010年3月
国立がんセンター中央病院 看護部 看護師 
 

学歴

 
2016年4月
 - 
2020年3月
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 医歯学系専攻博士課程 全人的医療開発学系心療緩和医療学分野
 
2010年4月
 - 
2012年3月
東京大学大学院 医学系研究科 健康科学・看護学専攻 がん看護専門看護師教育コース
 
2002年4月
 - 
2006年3月
広島大学 医学部 保健学科看護学専攻
 

委員歴

 
2022年9月
 - 
現在
日本サイコンコロジー学会  第36回日本サイコンコロジー学会総会ワーキンググループ委員「1.医学ケア」
 
2022年1月
 - 
現在
日本がん看護学会  選挙管理委員会委員
 
2021年10月
 - 
現在
日本看護科学学会  和文誌専任査読委員
 
2021年4月
 - 
現在
日本がん看護学会  ガイドライン委員会 急性放射線皮膚炎のケアに関する合同ガイドライン 作成ワーキング委員
 
2021年4月
 - 
現在
日本がん看護学会  がん看護技術・開発委員会委員
 

受賞

 
2022年7月
第27回日本緩和医療学会学術大会, 優秀演題(筆頭),肺がん患者の呼吸困難に対する日本語版Dyspnea-12の 信頼性・妥当性の検証
角甲純 小林成光 梶原弘平 木村安貴 大園康文 竹形みずき 中野貴美子 河嶌夏來 平野勇 北得美佐子 澤渡浩之 松田能宣 中村直美 山口覚博 岩本博志 服部登 塩野知志 荻野広和 西岡安彦 天野晃滋 
 
2020年11月
日本サイコンコロジー学会, 教育功労賞
 
2016年6月
第21回日本緩和医療学会学術大会, 優秀演題(共同),The Edmonton Symptom Assessment System-Revised Japanese Versionによる緩和ケア病棟入院時の症状評価に関する実態調査
 
2016年6月
第21回日本緩和医療学会学術大会, 優秀演題(筆頭),緩和ケア病棟におけるデスカンファレンス開催の関連要因
角甲 純 
 
2014年6月
第19回日本緩和医療学会学術大会, 優秀演題(筆頭),終末期がん患者の呼吸困難に対する送風の支援の有効性についてのケースシリーズ研究
 

論文

 
 
Shuntaro Yasuda   Koji Sugano   Yoshinobu Matsuda   Jun Kako   Yusuke Takagi   Hiroaki Watanabe   Yoko Kasahara   Sho Goya   Hiroyuki Kohara   Masanori Mori   Takeo Nakayama   Takashi Yamaguchi   
Japanese journal of clinical oncology      2023年1月   [査読有り]
OBJECTIVE: the role of benzodiazepines in relieving dyspnea in patients with cancer has not yet been established. This systematic review and meta-analysis aimed to determine the efficacy and safety of benzodiazepines alone or in combination with o...
 
Otani H   Amano K   Morita T   Miura T   Mori N   Tatara R   Kessoku T   Matsuda Y   Tagami K   Mori M   Taniyama T   Nakajima N   Nakanishi E   Kako J   Shirado AN   Yokomichi N   Miyashita M   
Supportive Care in Cancer      2023年1月   [査読有り]
 
Kohei Kajiwara   Jun Kako   Masamitsu Kobayashi   Hiroko Noto   Ayako Ogata   
Psychogeriatrics   23(1) 203-203   2022年11月
 
Koji Amano   Tatsuya Morita   Tomofumi Miura   Naoharu Mori   Ryohei Tatara   Takaomi Kessoku   Yoshinobu Matsuda   Keita Tagami   Hiroyuki Otani   Masanori Mori   Tomohiko Taniyama   Nobuhisa Nakajima   Erika Nakanishi   Jun Kako   Hiroto Ishiki   Hiromichi Matsuoka   Eriko Satomi   Jane B. Hopkinson   Vickie E. Baracos   Mitsunori Miyashita   
Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle      2022年11月   [査読有り]
BACKGROUND: Eating-related distress (ERD) is one type of psychosocial distress among advanced cancer patients and family caregivers. Its alleviation is a key issue in palliative care; however, there is no validated tool for measuring ERD. METHODS:...
 
Masamitsu Kobayashi   Yuji Koga   Jun Kako   Takahiro Kakeda   Hana Kiyohara   Yasutaka Kimura   Michiko Ishida   Michihiro Tsubaki   Yoko Nishida   Kimie Harada   Yuki Wakiguchi   Yoji Endo   Yoshiyasu Ito   Shinsuke Sasaki   Kohei Kajiwara   Seiji Hamanishi   Makoto Yamanaka   
Teaching and learning in nursing : official journal of the National Organization for Assciate Degree Nursing      2022年11月
COVID-19 control measures influenced education and training environments and profoundly impacted nursing students' career prospects and academic lives. This study intends to elucidate the impact of the COVID-19 pandemic on nursing students' academ...

MISC

 
 
角甲純   
がん指示医療テキストブック サポーティブケアとサバイバーシップ   138   2022年10月   [招待有り]
 
角甲純   竹内麻理   
がん患者におけるせん妄ガイドライン2022年版   127-128   2022年6月
 
竹内麻理   角甲純   
がん患者におけるせん妄ガイドライン2022年版   118-126   2022年6月
 
角甲純   
日本緩和医療学会ニューズレター   (95) 6-7   2022年5月   
 
角甲純   
がん看護   26(8) 663-665   2021年11月

講演・口頭発表等

 
 
掛田崇寛   角甲純   伊東由康   清原花   脇口優希   濱西誠司   遠藤洋次   梶原弘平   原田紀美枝   古賀雄二   石田実知子   西田洋子   佐々木新介   小林成光   木村安貴   椿美智博   山中真   
第42回日本看護科学学会学術集会   2022年12月4日   
 
古賀雄二   石田実知子   西田洋子   小林成光   木村安貴   角甲純   伊東由康   清原花   脇口優希   佐々木新介   濱西誠司   遠藤洋次   梶原弘平   原田紀美枝   椿美智博   山中真   掛田崇寛   
第42回日本看護科学学会学術集会   2022年12月3日   
 
清原花   遠藤洋次   古賀雄二   小林成光   角甲純   木村安貴   石田実知子   椿美智博   西田洋子   原田紀美枝   脇口優希   伊東由康   佐々木新介   梶原弘平   濱西誠司   山中真   掛田崇寛   
第42回日本看護科学学会学術集会   2022年12月3日   
 
佐々木新介   濱西誠司   遠藤洋次   角甲純   伊東由康   清原花   脇口優希   梶原弘平   原田紀美枝   古賀雄二   石田実知子   西田洋子   小林成光   木村安貴   椿美智博   山中真   掛田崇寛   
第42回日本看護科学学会学術集会   2022年12月3日   
 
角甲純   竹内麻理   谷向仁   JPOSガイドライン策定委員会せん妄小委員会   
第35回日本サイコオンコロジー学会総会   2022年10月15日   

担当経験のある科目(授業)

 
2021年4月
 - 
現在
がん高度実践看護実習Ⅲ (兵庫県立大学看護学研究科)
2021年4月
 - 
現在
がん高度実践看護実習Ⅱ (兵庫県立大学看護学研究科)
2021年4月
 - 
現在
実践研究 (兵庫県立大学)
2021年4月
 - 
現在
統合看護実習 (兵庫県立大学)
2021年4月
 - 
現在
治療看護論演習 (兵庫県立大学)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2022年10月 - 2027年4月
 
終末期のがん関連症状に対する看護支援におけるエビデンスの基盤形成の確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
角甲 純 菅野 雄介 梶原 弘平 小林 成光 堀 芽久美 松田 能宣 清水 陽一 鈴木 美穂 新野 真理子 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
がん関連症状へのケアに関する科学的根拠に基づいた実践の促進プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
清水 陽一 堀 芽久美 鈴木 美穂 新野 真理子 角甲 純 小林 成光 梶原 弘平 菅野 雄介 
研究期間: 2020年4月 - 2024年3月
 
認知症高齢者の在宅介護者における介護行動の可視化手法の確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
梶原 弘平 緒方 文子 角甲 純 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
COVID-19の流行が日本の看護学生に与える影響
兵庫県立大学: 令和3年度次世代研究プロジェクト推進事業【ポストコロナ分野】
角甲 純 伊東由康 清原花 脇口優希 掛田崇寛 濱西誠司 遠藤洋次 梶原弘平 原田紀美枝 古賀雄二 石田実知子 西田洋子 佐々木新介 小林成光 木村安貴 椿美智博 山中真 
研究期間: 2021年6月 - 2022年3月