言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 内藤 和明
 

内藤 和明

 
アバター
研究者氏名内藤 和明
 
 
URL
所属兵庫県立大学
部署地域資源マネジメント研究科
職名
科研費研究者番号50326295
J-Global ID201801020811519978

プロフィール

主として二次的自然に生育,生息する動植物を対象に研究を行ってきました.国指定天然記念物であり絶滅危惧植物でもあるエヒメアヤメの保全生態学的な研究を1990年代から行い,その後,在来植物を利用した放牧地や採草地において,絶滅危惧植物の動態や植物群落の種多様性と畜産的土地利用との関係を明らかにする研究,分子生態学的手法を用いた植物の保全に関する研究などを行っています.
1999年からは里地を生息環境とする大型絶滅危惧鳥類であるコウノトリの野生復帰プロジェクトに関わり,遺伝的多様性の維持管理,採餌環境,あるいはコウノトリの野生復帰に関連した環境保全型稲作やそこに生息する動植物に関する研究を行っています.

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生態学、環境学 / 
  • 環境・農学 / ランドスケープ科学 / 
  • 環境・農学 / 環境農学 / 
  • 環境・農学 / 生物資源保全学 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院地域資源マネジメント研究科 准教授 
 
2013年4月
 - 
2014年3月
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 准教授 
 
2004年4月
 - 
2013年3月
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 講師 
 
1999年10月
 - 
2013年3月
姫路工業大学 自然・環境科学研究所 講師 
 
1996年10月
 - 
1999年9月
農林水産省中国農業試験場  科学技術特別研究員 
 

論文

 
 
岩崎 敬   吉沢拓祥   内藤和明   
野生復帰   7 39-45   2019年3月   [査読有り]
 
内藤和明   
野生復帰   6 27-32   2018年3月   [査読有り]
 
松本令以   船越 稔   吉沢拓祥   内藤和明   大迫義人   佐川志朗   江崎保男   
Reintroduction   6 39-52   2018年3月   [査読有り]
 
内藤和明   
Reintroduction   5 23-28   2017年3月   [査読有り]
 
Hiroki Tsuji   Yukio Taniguchi   Shintaro Ishizuka   Hirokazu Matsuda   Takahisa Yamada   Kazuaki Naito   Hiroaki Iwaisaki   
SCIENTIFIC REPORTS   7 42864   2017年2月   [査読有り]
The major histocompatibility complex (MHC) is highly polymorphic and plays a central role in the vertebrate immune system. Despite its functional consistency, the MHC genomic structure differs substantially among organisms. In birds, the MHCs of G...

MISC

 
 
内藤 和明   高橋 佳孝   渡辺 也恭   
日本草地学会誌   48(0) 48-49   2002年   
 
亀山 慶晃   井鷺 祐司   内藤 和明   中越 信和   根平 邦人   
日本植物学会大会研究発表記録 = Proceedings of the annual meeting of the Botanical Society of Japan   62 105-105   1998年9月
 
真鍋 徹   内藤 和明   中越 信和   
日本植物学会大会研究発表記録 = Proceedings of the annual meeting of the Botanical Society of Japan   62 45-45   1998年9月
 
亀山 慶晃   中越 信和   根平 邦人   井鷺 裕司   内藤 和明   
日本植物学会大会研究発表記録 = Proceedings of the annual meeting of the Botanical Society of Japan   61    1997年9月   
 
内藤 和明   中越 信和   真鍋 徹   蒔田 明史   
日本植物学会大会研究発表記録 = Proceedings of the annual meeting of the Botanical Society of Japan   61 147-147   1997年9月   

書籍等出版物

 
 
Manabe T, Baba M, Naito, K, Ito K(担当:分担執筆, 範囲:Evaluation of habitat functions of urban forests for wildlife: the case of Kitakyushu City, from gene to landscape)
Springer   2019年      
 
中越信和, 内藤和明, 湯淺梨奈(担当:分担執筆, 範囲:植生)
三原市教育委員会   2018年3月      
 
Naito K(担当:分担執筆, 範囲:Resident-initiated practice of a habitat of Iris rossii, a national natural monument in the rural landscape of Japan)
Springer   2017年12月      
 
Naito K, Sagawa, S, Ohsako Y(担当:分担執筆, 範囲:Using Oriental white stork as an indicator species for farmland restoration)
Springer   2014年12月      
 
Naito K, Kikuchi N, Ohsako Y(担当:分担執筆, 範囲:The role of oriental white stork in maintenaning the cultural landscape in the Toyooka basin, Japan)
Springer   2014年8月      

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
コウノトリ野生復帰の全国展開と生物多様性の保全・再生に関する実践科学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
江崎保男 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
コウノトリを頂点とする食物網構造の時空間推定ー豊岡盆地の景観変遷との関係ー
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
佐川志朗 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
野外コウノトリの生理学的および病理学的モニタリング手法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
内藤和明 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
アダプティブ・マネジメントによるコウノトリ野生復帰の研究と実行
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
江崎保男 
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月
 
野外および飼育下からなるコウノトリのメタ個体群における遺伝的管理の最適化
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
内藤和明 
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月