言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 餅井 真
 

餅井 真

 
アバター
研究者氏名餅井 真
 
モチイ マコト
URL
所属兵庫県立大学
部署大学院 理学研究科
職名準教授
学位理学博士(名古屋大学)
J-Global ID200901023000794838

研究キーワード

 
発生生物学 ,Developmental Biology

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 発生生物学 / 

経歴

 
1989年
 - 
2000年
岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所 助手   
 
1987年
 - 
1989年
日本学術振興会 特別研究員   
 
1987年
 - 
1989年
Postdoctoral Fellow, JSPS   
 
 
   
 
Associate.   
 

学歴

 
 
 - 
1987年
名古屋大学 理学研究科 分子生物学
 
 
 - 
1987年
名古屋大学  
 
 
 - 
1982年
名古屋大学 理学部 生物学科
 
 
 - 
1982年
名古屋大学  
 

論文

 
 
Makoto Mochii   Kai Akizuki   Hero Ossaka   Norie Kagawa   Yoshihiko Umesono   Ken-Ichi T Suzuki   
Developmental biology   506 42-51   2023年12月   [査読有り]
Xenopus laevis is a widely used model organism in developmental and regeneration studies. Despite several reports regarding targeted integration techniques in Xenopus, there is still room for improvement of them, especially in creating reporter li...
 
Yuki Shibata   Akinori Okumura   Makoto Mochii   Ken-ichi T. Suzuki   
STAR Protocols   4(3) 102382-102382   2023年9月   [査読有り]
 
Yuki Shibata   Miyuki Suzuki   Nao Hirose   Ayuko Takayama   Chiaki Sanbo   Takeshi Inoue   Yoshihiko Umesono   Kiyokazu Agata   Naoto Ueno   Ken-ichi T. Suzuki   Makoto Mochii   
Developmental Biology      2022年6月   [査読有り]
 
Okumura A   Hayashi T   Ebisawa M   Yoshimura M   Sasagawa Y   Nikaido I   Umesono Y   Mochii M   
Development, growth & differentiation   61(9) 447-456   2019年12月   [査読有り]
 
Kazutaka Hosoda   Minako Motoishi   Takuya Kunimoto   Osamu Nishimura   Byulnim Hwang   Sumire Kobayashi   Shigenobu Yazawa   Makoto Mochii   Kiyokazu Agata   Yoshihiko Umesono   
Development, growth & differentiation   60(6) 341-353   2018年8月   [査読有り]
Planarians have established a unique body pattern along the anterior-posterior (AP) axis, which consists of at least four distinct body regions arranged in an anterior to posterior sequence: head, prepharyngeal, pharyngeal (containing a pharynx), ...

MISC

 
 
Takuji Sugiura   Akira Tazaki   Naoto Ueno   Kenji Watanabe   Makoto Mochii   
MECHANISMS OF DEVELOPMENT   126(1-2) 56-67   2009年1月   
Amputation of the larval tail of Xenopus injures the notochord, spinal cord, muscle masses, mesenchyme, and epidermis, induces the growth and differentiation of cells in those tissues, and results in tail regeneration. A dorsal incision in the lar...
 
Hidefumi Fujii   Masao Sakai   Shin-ichiro Nishimatsu   Tsutomu Nohno   Makoto Mochii   Hidefumi Orii   Kenji Watanabe   
DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   50(3) 169-180   2008年4月   
We examined several candidate posterior/mesodermal inducing molecules using permanent blastula-type embryos (PBEs) as an assay system. Candidate molecules were injected individually or in combination with the organizer factor chordin mRNA. Injecti...
 
Yuka Taniguchi   Takuji Sugiura   Akira Tazaki   Kenji Watanabe   Makoto Mochii   
DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   50(2) 109-120   2008年2月   
Tail regeneration in urodeles is dependent on the spinal cord (SC), but it is believed that anuran larvae regenerate normal tails without the SC. To evaluate the precise role of the SC in anuran tail regeneration, we developed a simple operation m...
 
Makoto Mochii   Yuka Taniguchi   Isshin Shikata   
DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   49(2) 155-161   2007年2月   
The tail of the Xenopus tadpole contains major axial structures, including a spinal cord, notochord and myotomes, and regenerates within 2 weeks following amputation. The tail regeneration in Xenopus can provide insights into the molecular basis o...
 
渡辺 憲二   餅井 真   織井 秀文   
兵庫県立大学大学院物質理学研究科・生命理学研究科研究一覧   17 165-165   2006年10月

所属学協会

 
 
   
 
日本動物学会
 
   
 
国際発生生物学会(International Society of Developmental Biologysts)
 
   
 
発生生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
再生を制御する傷表皮シグナルの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
餅井 真 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
迅速な傷表皮形成と再生開始メカニズムに関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
餅井 真 大杉 忠裕 安川 重裕 奥村 晃成 佐藤 健太郎 原田 星矢 
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月
 
アフリカツメガエル幼生の尾部再生における単一細胞レベルの解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
餅井 真 
研究期間: 2009年 - 2011年
 
尾部再生に必要な基部-先端パターン形成のメカニズム
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
餅井 真 
研究期間: 2007年 - 2008年
 
器官再生を可能とする遺伝子発現機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
餅井 真 
研究期間: 2004年 - 2005年