言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 寺西 雅之
 

寺西 雅之

 
アバター
研究者氏名寺西 雅之
 
テラニシ マサユキ
所属兵庫県立大学
部署環境人間学部
職名教授
学位PhD(リーズ大学), 文学修士(ノッティンガム大学), 教育学修士(岡山大学)
J-Global ID200901034933950280

研究キーワード

 
応用文体論 ,ナラティブ研究 ,英語教育 ,英語文体論 ,英米文学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 英文学、英語圏文学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 環境人間学部 教授 
 
2005年4月
 - 
2015年3月
兵庫県立大学 環境人間学部 准教授 
 
1999年4月
 - 
2005年3月
国立高松工業高等専門学校専任講師   
 
1997年
 - 
1998年
岡山学芸館高等学校 英語科 講師 
 
1995年
 - 
1997年
岡山大学  非常勤講師 
 

学歴

 
 
 - 
2004年
英国国立リーズ大学 英語科 
 
1994年10月
 - 
1995年9月
英国国立ノッティンガム大学 英語科 
 
1991年4月
 - 
1993年3月
岡山大学 大学院教育学研究科 英語教育学専攻
 
1987年4月
 - 
1991年3月
岡山大学 教育学部 中学校教員養成課程英語専攻
 

委員歴

 
2021年1月
 - 
現在
Journal of Literary Semantics: An International Review  Editorial Board
 
2013年8月
 - 
現在
Poetics and Linguistics Association  PALA Ambassador
 
2012年4月
 - 
現在
岡山英文学会  理事
 
2012年3月
 - 
現在
日本国際教養学会  理事
 
2016年4月
 - 
2020年3月
日本国際教養学会  会長
 

受賞

 
2021年3月
日本国際教養学会, 日本国際教養学会第9回全国大会優秀ポスター賞,観光コミュニケーションに関する一考察 ― 英語観光パンフレットのテクスト分析から見えること ―
藤本めぐ里 寺西雅之 
 
2017年2月
日本国際教養学会, 第6回全国大会優秀ポスター賞,英語学習教材としてのジェーン・オースティン〜Sense and Sensibilityの複数のテクストを題材に〜
竹野朝美、金谷和香、鎌田那奈、寺西雅之 
 
2015年9月
兵庫県立大学 知の交流シンポジウム2015, 優秀ポスター賞,英語版カバーアルバムに関する文体論的アプローチ
西側恵莉香・寺西雅之 
 
1999年
日本英文学会新人賞佳作
 

論文

 
 
寺西雅之   
N:ナラティヴとケア   (12) 44-51   2021年1月   [招待有り]
 
坂本南美   寺西雅之   
Poetics and Linguistics Association(国際文体論学会)2019 Proceedings online   1-12   2019年12月   
 
寺西雅之   
Poetics and Linguistics Association(国際文体論学会)2019 Proceedings onlin   1-12   2019年12月   
 
寺西雅之   
ペルシカ   (46) 1-12   2019年3月   [査読有り]
 
寺西雅之   吉田安曇   
Back to Basics: Rensaissance of Liberal Arts Education East & West (2018 International Conference of General Education論文集)   104-115   2018年11月   [査読有り][招待有り]

MISC

 
 
寺西 雅之   
英文学研究 支部統合号   2 457-466   2009年12月
 
Masayuki Teranishi   
兵庫県立大学環境人間学部研究報告   (11号) 227-234   2009年   
 
Masayuki TERANISHI   
兵庫県立大学環境人間学部研究報告   (9) 163-175   2007年   
 
Masayuki TERANISHI   
Language and Literature   16(1) 20-36   2007年   
 
Masayuki Teranishi   
Language and Literature   16(1) 20-36   2007年   
Saul Bellow's Herzog has been regarded by some critics as a polyphonic novel in which plural voices coexist. However, it has not been fully discussed how polyphony is embodied in the text. In this article, I analyse the speech and thought presenta...

書籍等出版物

 
 
Azumi Yoshida, Masayuki Teranishi, Takayuki Nishihara, & Masako Nasu(担当:共著, 範囲:15章)
Palgrave Macmillan   2021年12月   
 
日本国際教養学会(担当:共著, 範囲:第3章、第15章)
成美堂   2020年   
 
豊田昌倫、寺西雅之他(担当:共著, 範囲:第46章)
Sage   2018年   (ISBN:9789352806621)
 
寺西 雅之(担当:共著)
Routledge   2017年2月      
 
寺西 雅之(担当:共著)
2016年2月      

講演・口頭発表等

 
 
観光コミュニケーションに関する一考察 ― 英語観光パンフレットのテクスト分析から見えること ―
藤本めぐ里   寺西雅之   
日本国際教養学会第9回全国大会   2021年3月13日   
 
教育文体論を用いたライティング分析-日本人EFL学習者の母語と外国語習熟度の関連性を探る
吉田 安曇   寺西 雅之   西原 貴之   那須 雅子   
日本国際教養学会第9回全国大会   2021年3月13日   
 
The Method of Addressing Environmental Issues by U.N. News
日本国際教養学会第9回全国大会   2021年3月13日   
 
母語による読書と英語習熟度の相関性についての研究-教育文体論を用いたライティング分析の可能性について-
吉田安曇   寺西雅之   
岡山英文学会第42回大会   2019年10月5日   
 
A case study of ALT identity construction through narrative inquiry: sociocultural and stylistic perspectives
坂本南美   寺西雅之   
(国際文体論学会(Poetics and Linguistics Association)第39回国際大会)   2019年7月11日   

所属学協会

 
 
   
 
日本国際教養学会
 
   
 
岡山英文学会
 
   
 
Poetics and Linguistics Association
 
   
 
日本英文学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ティーム・ティーチングにおける授業改善の方策:英語教師のナラティブ分析を通して
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
坂本 南美、今井 裕之、寺西雅之 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
外国語学習者のナラティブ研究:グローバル人材のライフストーリーから見る語学習得法
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
寺西 雅子 寺西雅之、剱持淑 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
 
コミュニケーション文体論の応用と言語教育・研究における汎用性に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
寺西 雅之 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
ALTが語るナラティブとアイデンティティ変容に関する研究:社会文化的・言語的視点
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
坂本 南美 寺西 雅之 奥田 恭士 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月