言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 馬場 美智子
 

馬場 美智子

 
アバター
研究者氏名馬場 美智子
 
バンバ ミチコ
URL
所属兵庫県立大学
部署減災復興政策研究科
職名教授
J-Global ID201901009062732744

研究キーワード

 
流域治水政策 ,水害 ,都市地域マネジメント ,減災まちづくり ,住宅再建プロセス ,土地利用 ,災害リスク

研究分野

 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 防災工学 / 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画 / 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木計画学、交通工学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科/防災教育研究センター・教授   
 
2017年4月
 - 
2020年3月
兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科・准教授   
 
2011年10月
 - 
2020年3月
兵庫県立大学防災教育研究センター・准教授   
 
2010年9月
 - 
2011年9月
京都大学工学研究科・研究員   
 
2006年4月
 - 
2010年3月
国土交通省国土交通政策研究所・研究官   
 

学歴

 
2000年9月
   
 
立命館大学大学院 理工学研究科博士後期課程総合理工学専攻修了 
 

委員歴

 
2021年7月
 - 
現在
神戸市  建設事業外部評価委員会 委員
 
2021年6月
 - 
現在
川西市  都市計画マスタープラン見直し専門委員会委員
 
2021年6月
 - 
現在
名古屋市  都市計画審議会 立地誘導部会 委員
 
2021年4月
 - 
現在
宝塚市  防災会議委員
 
2021年3月
 - 
現在
三田市  総合計画審議会委員
 

論文

 
 
首藤 広樹   馬場 美智子   折橋 祐希   浦川 豪   
地域安全学会論文集   37 259-2682020年11月   [査読有り]
 
馬場美智子   大原美保   中村 仁   
地域安全学会梗概集   42 2018年11月   
 
大原美保   徳永 良雄   澤野 久弥   馬場 美智子   中村 仁   
地域安全学会論文集   32(0) 103-1112018年   [査読有り]
<p>Land use management considering disaster risks is becoming more essential under depopulating society in Japan. The Shiga Integrated Flood Management Ordinance enacted on March 31, 2014 stipulated the obligation that realestate agencies should m...
 
大原 美保   澤野 久弥   馬場 美智子   中村 仁   
自然災害科学   36(0) 91-1072017年   [査読有り]
 
馬場 美智子   岡井 有佳   
都市計画論文集   52(3) 610-6162017年   [査読有り]
近年、水害が頻発、激甚化する可能性がある中、河川の氾濫による水害リスクの高まりが懸念され、水害対策へのより一層の取組みが求められている。河川整備による限界がある中、土地利用・建築規制などのソフトな対策も合わせた複合的な水害対策が求められている。そのような状況の中、滋賀県は流域治水条例を制定し、総合的な治水対策に取り組んでいる。本論文では、土地利用・建築規制に焦点をあて、滋賀県の流域治水条例について都市計画制度の側面から分析を行った。また、フランスの水害対策に関わる都市計画と比較し、制度と運...

MISC

 
 
大橋 克矢   馬場 美智子   岡井 有佳   
都市計画   (2019) 723-7242019年7月
 
小原 雅人   馬場 美智子   岡井 有佳   
都市計画   (2019) 201-2022019年7月
 
 
馬場 美智子   石川 永子   
日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集   15(0) 29-322017年
被災者が何を重要視して住宅再建における判断を下すのかを理解することが、より効果的な住宅再建計画や支援策が策定につながる。本研究では、東日本大震災後の住宅再建における意向と要因分析を行い、自力再建か、公営住宅かの選択に影響があると考えらえる要因を明らかにした。また、被災者の属性によって要因に対する重要度がどのように異なるかを分析し、被災者によって求められる要因を把握することとした。東日本大震災から約3年後、住宅再建の方針を決定する時期に仙台市内のみなし仮設住宅居住者に対して実施した調査結果か...
 
岡井 有佳   馬場 美智子   
学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題   (2010) 403-4042010年7月

書籍等出版物

 
 
馬場美智子(担当:共著, 範囲:水害リスクとまちづくり)
ミネルヴァ書房      2018年4月      
 
馬場, 美智子, Shaw, Rajib
Springer      2017年   (ISBN:9784431564409)

講演・口頭発表等

 
 
効果的な無電柱化整備計画策定プロセスの構築
小原 雅人   馬場 美智子   岡井 有佳   
土木学会年次学術講演会講演概要集   2018年9月   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
水害リスクに応じた土地利用・建築規制に関わる実効的な制度と運用方法の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
馬場 美智子 岡井 有佳 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
Poverty, resilience and vulnerability: Evidence from Leyte after Typhoon Haiyan
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
マカベンターイケダ マリア 青田 良介 馬場 美智子 加藤 恵正 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
低頻度メガリスク型沿岸域災害における居住環境復興メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
近藤 民代 MALY Elizabeth 馬場 美智子 井内 加奈子 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
 
原発災害後の人間関係の葛藤への紛争解決学による変容支援研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
石原 明子 馬場 美智子 奥本 京子 
研究期間: 2015年4月 - 2021年3月
 
災害時のリスク低減に活かす“在宅ケア3ワークモデル”の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
大野 かおり 馬場 美智子 西上 あゆみ 造田 亮子 高橋 芙沙子 西内 陽子 黒瀧 安紀子 小坂 素子 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月