言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 中出 麻紀子
 

中出 麻紀子

 
アバター
研究者氏名中出 麻紀子
 
ナカデ マキコ
URL
J-Global ID202001009092444310

研究キーワード

 
食行動、朝食欠食、肥満、食環境整備

研究分野

 
  • 人文・社会 / 家政学、生活科学 / 公衆栄養学

委員歴

 
2019年7月
 - 
現在
姫路市食育推進会議  委員
 
2018年11月
 - 
現在
日本栄養改善学会  評議員
 
2018年5月
 - 
現在
日本健康教育学会  代議員
 
2014年9月
 - 
現在
日本健康教育学会  編集委員
 
2019年11月
 - 
2020年3月
香川県教育委員会  令和元年度食生活等実態調査ワーキング委員会 委員長
 

受賞

 
2009年10月
日本公衆衛生学会, 第68回日本公衆衛生学会総会 優秀演題賞
 

論文

 
 
Eri Imai   Makiko Nakade   
ASIA PACIFIC JOURNAL OF CLINICAL NUTRITION   28(2) 276-284   2019年6月   [査読有り]
Background and Objectives: Information about an association between animal food intakes and risk of anemia is still limited. This study aimed to investigate the association between fish and meat intake and anemia risk in the Japanese elderly. Meth...
 
Makiko Nakade   Megumi Tsubota-Utsugi   Eri Imai   Nobuyo Tsuboyama-Kasaoka   Nobuo Nishi   Hidemi Takimoto   
ASIA-PACIFIC JOURNAL OF PUBLIC HEALTH   29(2) 102-113   2017年3月   [査読有り]
A cross-sectional study was conducted among 7593 adults to clarify lifestyle and psychosocial characteristics of breakfast skippers with different intention and self-efficacy toward eating breakfast. Data were obtained from Japan's national survey...
 
Hisako Tanaka   Shino Imai   Makiko Nakade   Eli Imai   Hidemi Takimoto   
ASIA PACIFIC JOURNAL OF CLINICAL NUTRITION   25(4) 898-910   2016年   [査読有り]
Background and Objectives: Survey items of the Japan National Nutrition Survey (J-NNS) have changed over time. Several papers on dietary surveys have been published; however, to date, there are no in-depth papers regarding physical examinations. T...
 
Akiko Kuwabara   Makiko Nakade   Hiroshi Tamai   Nobuyo Tsuboyama-Kasaoka   Kiyoshi Tanaka   
JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY   60(4) 239-245   2014年8月   [査読有り]
Recently, there has been an increasing concern about noncommunicable diseases (NCDs), in which oxidative damage plays a role. In this paper, we have re-analyzed the data from the National Health and Nutrition Survey (NHNS) 2007 to study the relati...
 
今井 絵理   坪田 恵[宇津木]   中出 麻紀子   笠岡 宜代[坪山]   瀧本 秀美   
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   68回 175-175   2014年4月

MISC

 
 
黒谷 佳代   中出 麻紀子   瀧本 秀美   
栄養学雑誌   76(4) 77-88   2018年8月   
【目的】主食・主菜・副菜を組み合わせた食事と健康・栄養状態および食物・栄養素摂取との関連について国内の研究動向を把握した。【方法】2000〜2017年に発表された論文を対象に、医学中央雑誌とNII学術情報ナビゲータ(CiNii)を用い「主食AND主菜AND副菜」で検索した。表題、抄録、本文を、本研究の以下の採択基準と照合・精査し、包含基準(日本人対象、分析疫学研究、曝露が主食・主菜・副菜を組み合わせた食事摂取、アウトカムが食物・栄養素摂取状況及び健康・栄養状態、対象集団の特徴明記)と除外基...
 
中出 麻紀子   村上 晴香   宮地 元彦   饗場 直美   森田 明美   霜田 哲夫   渡邊 昌   
運動疫学研究: Research in Exercise Epidemiology   19(1) 44-53   2017年3月   
我々は,肥満者に対する行動科学的手法を用いた減量プログラム(佐久肥満克服プログラム)を開発し,無作為化比較対照試験および1年間の追跡により,その有効性を明らかにしてきた。本資料論文では,日本運動疫学会プロジェクト研究「介入研究によるエビデンスの『つくる・伝える・使う』の促進に向けた基盤整備」の一環として,減量プログラムのエビデンスを提供し,プログラムの一般化可能性についてRE-AIMの観点から検討を行った。本減量プログラムは,食事や身体活動の改善に関する目標を対象者自身が考え,日常生活にお...
 
吉村 英一   高田 和子   中出 麻紀子   坪田 恵   村上 晴香   宮地 元彦   笠岡 宜代   西 信雄   
体力科学   63(6) 680-680   2014年12月   
 
吉村 英一   高田 和子   長谷川 祐子   村上 晴香   野末 みほ   猿倉 薫子   中出 麻紀子   窪田 哲也   三好 美紀   坪田 恵[宇津木]   井上 真理子   由田 克士   奥田 奈賀子   宮地 元彦   笠岡 宜代[坪山]   西 信雄   横山 由香里   八重樫 由美   坂田 清美   小林 誠一郎   徳留 信寛   
岩手公衆衛生学会誌   25(2) 7-14   2014年3月   
本研究は、仮設住宅に居住している東日本大震災被災者の食物摂取状況を把握することを目的とした。対象者は、18歳以上の岩手県釜石市H地区の仮設住宅居住者72名(男性22名、女性50名)であった。調査は2011年10月に実施した。1日の食物摂取状況は24時間思い出し法(24HR)を用いて評価した。また、対象者には、東日本大震災被災者健康調査の食事に関する9項目の質問票(FFQ-H)への回答を依頼した。FFQ-Hの質問項目は、数日間を振り返った1日あたりの食事回数と、8つの食品群(主食、肉、魚介類...
 
今井 絵理   坪田 恵[宇津木]   中出 麻紀子   笠岡 宜代[坪山]   
栄養学雑誌   71(記念特別号) S15-S25   2013年4月   
本研究では、栄養に関連するガイドラインを作成するためのガイダンスが公開されている国内外の研究機関等(WHO、コクラン共同計画、米国Agency for Healthcare Research and Quality、Medical Information Network Distribution Service診療ガイドライン選定部会)を対象に、レビューシステムについて体系的分類を行い、「日本人の食事摂取基準(2010年版)」との比較を行った。対象とした4つのガイダンスにおいて、作成手順は...

書籍等出版物

 
 
中出麻紀子(担当:単著, 範囲:第3章1.日本の公衆栄養活動、2.公衆栄養関連法規、4.国民健康・栄養調査、5.実施に関連する指針・ツール、6.国の健康増進基本方針と地方計画)
化学同人   2020年3月   (ISBN:9784759819038)
 
瀧本秀美, 中出麻紀子, 今井絵理(担当章)(担当:共著, 範囲:国民健康・栄養調査)
南江堂   2020年3月   (ISBN:9784524225279)
 
瀧本秀美, 中出麻紀子, 今井絵理(担当:共著, 範囲:国民健康・栄養調査)
南江堂   2018年9月   (ISBN:9784524252831)
 
中出麻紀子, 今井絵理(担当:共著, 範囲:Unit2-3 国民健康・栄養調査法、Unit2-8 食事摂取基準による栄養素等摂取量の評価)
みらい   2016年7月   (ISBN:9784860153748)
 
瀧本秀美, 中出麻紀子, 今井絵理(担当章)(担当:共著, 範囲:国民健康・栄養調査)
南江堂   2015年3月   (ISBN:9784524261666)

担当経験のある科目(授業)

 
2015年4月
 - 
現在
公衆栄養学
2015年
 - 
現在
公衆栄養臨地実習

所属学協会

 
 
   
 
日本栄養・食糧学会
 
   
 
日本健康教育学会
 
   
 
日本栄養改善学会
 
   
 
日本公衆衛生学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ナッジを活用したカフェテリア方式の大学学生食堂における食環境整備とその効果検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
中出 麻紀子 饗場 直美 福本 隆司 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
末期腎不全における血管と腸内環境のリン連関メカニズムの解明と新規栄養療法への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
坂上 元祥 伊藤 美紀子 中出 麻紀子 田中 更沙 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
朝食欠食者における朝食摂取に対するモチベーションに着目した新規アプローチ法の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
中出 麻紀子 饗場 直美 
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月
 
幼少期における食を通じた親との関わりが若年成人の朝食欠食に及ぼす影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
中出 麻紀子 
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
 
新たな内臓脂肪型肥満の評価指標としての waist-to-height ratioに影響を及ぼす食行動
公益財団法人総合健康推進財団: 第30回一般研究奨励助成事業
中出麻紀子 饗場直美 
研究期間: 2013年 - 2013年