言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 中出 麻紀子
 

中出 麻紀子

 
アバター
研究者氏名中出 麻紀子
 
ナカデ マキコ
URL
所属兵庫県立大学
部署環境人間学部
職名准教授
学位博士(保健学)
J-Global ID202001009092444310

研究キーワード

 
食行動、朝食欠食、肥満、食環境整備

研究分野

 
  • 人文・社会 / 家政学、生活科学 / 公衆栄養学

委員歴

 
2023年11月
 - 
2024年3月
兵庫県  「令和5年度包括的フレイル対策推進事業 食環境づくりを通じた戦略的フレイル予防事業」食環境イニシアチブ運営会議委員
 
2022年7月
 - 
2023年3月
兵庫県  令和3年度ひょうご栄養・食生活実態調査データ分析における行政栄養士への助言指導
 
2022年4月
 - 
2023年3月
厚生労働省  第37回厚生労働省管理栄養士国家試験委員
 
2022年4月
 - 
2023年3月
日本公衆衛生協会  令和4年度地域保健総合推進事業助言者
 
2021年11月
 - 
2023年3月
日本栄養改善学会  編集委員
 

受賞

 
2022年7月
日本健康教育学会, 第30回日本健康教育学会学術大会 奨励賞
中出麻紀子 
 
2009年10月
日本公衆衛生学会, 第68回日本公衆衛生学会総会 優秀演題賞
中出麻紀子 
 

論文

 
 
Mai Matsumoto   Kentaro Murakami   Xiaoyi Yuan   Fumi Oono   Riho Adachi   Ryoko Tajima   Emiko Okada   Makiko Nakade   Satoshi Sasaki   Hidemi Takimoto   
Journal of Nutritional Science   13    2024年2月
Abstract

This scoping review aimed to identify questionnaire-based dietary assessment methods for use in the National Health and Nutrition Survey (NHNS) in Japan. The search was conducted in three databases (PubMed, Web of Science, and Ichushi) ...
 
Emiko Okada   Makiko Nakade   Fumiaki Hanzawa   Kentaro Murakami   Mai Matsumoto   Satoshi Sasaki   Hidemi Takimoto   
Nutrients   15(22) 4739-4739   2023年11月
Development of an accurate and efficient dietary method is required for national nutrition surveys. Some countries conduct dietary surveys and combine 24-h dietary records or 24-h dietary recalls with dietary questionnaires. This scoping review ai...
 
木林 悦子   中出 麻紀子   諸岡 歩   
栄養学雑誌   80(6) 295-306   2022年12月   [査読有り]
 
中出麻紀子   中村こころ   福井涼太   松下眞子   藤城美穂   
日本健康教育学会誌   30(3) 207-217   2022年8月   [査読有り]
 
中出麻紀子   坂本薫   内田勇人   
日本学校保健学会誌   64(2) 127-134   2022年7月   [査読有り]

MISC

 
 
坂下 玲子   森本 雅和   新居 学   中西 永子   小野 博史   谷田 恵子   河野 孝典   笹嶋 宗彦   中出 麻紀子   
Phenomena in Nursing   6(1) S5-S11   2023年3月
 
中出 麻紀子   
Precision Medicine   3(3) 287-291   2020年3月
循環器疾患リスク等を予測する上で、ウエスト身長比が他の肥満指標よりも有用な指標であるのかについては未だ議論が続いている。本稿では日本人成人・高齢者を対象とし、ウエスト身長比の有用性について検討した最近15年間の研究についてまとめた。その結果、ウエスト身長比が他の指標よりもアウトカムの予測に有用であるかは判断できず、今後、更なるエビデンスの蓄積が望まれる。また著者らは、ウエスト身長比が高い人と低い人で食行動や食環境に違いがあるか検討を行った。本稿では、その研究結果についても紹介する。(著者抄録)
 
新杉知沙   中出麻紀子   山口麻衣   可知悠子   黒谷佳代   
公衆衛生情報   49(10)    2020年
 
 
中出 麻紀子   
日本健康教育学会誌   27(1) 120-122   2019年2月

書籍等出版物

 
 
瀧本秀美, 中出麻紀子, 今井絵理(範囲:国民健康・栄養調査)
南江堂   2023年3月31日   (ISBN:4524233911)
 
橋本, 加代, 福田, 典子, 木林, 悦子, 中出, 麻紀子, 嶋津, 裕子, 林, 宏一, 郡, 俊之, 竹市, 仁美, 千歳, 万里, 伊藤, 裕美(担当:共著, 範囲:既存資料の活用と留意点; アンケート調査による情報収集)
同文書院   2023年2月   (ISBN:9784810315226)
 
中出麻紀子, 今井絵理(担当:共著, 範囲:Unit2-3 国民健康・栄養調査法、Unit2-8 食事摂取基準による栄養素等摂取量の評価)
みらい   2022年4月   (ISBN:9784860155766)
 
中出麻紀子(担当:単著, 範囲:第3章1.日本の公衆栄養活動、2.公衆栄養関連法規、4.国民健康・栄養調査、5.実施に関連する指針・ツール、6.国の健康増進基本方針と地方計画)
化学同人   2020年3月   (ISBN:9784759819038)
 
瀧本秀美, 中出麻紀子, 今井絵理(担当章)(担当:共著, 範囲:国民健康・栄養調査)
南江堂   2020年3月   (ISBN:9784524225279)

担当経験のある科目(授業)

 
2015年4月
 - 
現在
公衆栄養学
2015年
 - 
現在
公衆栄養臨地実習

所属学協会

 
 
   
 
日本栄養・食糧学会
 
   
 
日本健康教育学会
 
   
 
日本栄養改善学会
 
   
 
日本公衆衛生学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
朝食摂取が大学生の計算・記憶力及び自覚症状に及ぼす影響-朝食摂取習慣の有無別の検討-
兵庫県立大学科学技術後援財団助成: 令和5年度財団法人兵庫県立大学科学技術後援財団助成
中出麻紀子 
研究期間: 2023年8月 - 2024年3月
 
ナッジを活用したカフェテリア方式の大学学生食堂における食環境整備とその効果検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
中出 麻紀子 饗場 直美 福本 隆司 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
国民健康・栄養調査における栄養摂取状況調査手法の見直しに向けた基盤研究
厚生労働省: 厚生労働行政推進調査事業費
瀧本 秀美 佐々木 敏 村上 健太郎 中出 麻紀子 岡田 恵美子 松本 麻衣 
研究期間: 2022年4月 - 2023年3月
 
末期腎不全における血管と腸内環境のリン連関メカニズムの解明と新規栄養療法への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
坂上 元祥 伊藤 美紀子 中出 麻紀子 田中 更沙 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
朝食欠食者における朝食摂取に対するモチベーションに着目した新規アプローチ法の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
中出 麻紀子 饗場 直美 
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月