言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 盛 谷浩右
 

盛 谷浩右

 
アバター
研究者氏名盛 谷浩右
 
モリタニ コウスケ
URLhttp://www.eng.u-hyogo.ac.jp/mse/moritani/moritaniweb.html
所属兵庫県立大学
部署工学(系)研究科(研究院)
職名准教授
学位博士(理学)(大阪大学)
J-Global ID201301032037244503

研究キーワード

 
クラスターイオンビーム ,二次イオン質量分析(SIMS) ,リアルタイム光電子分光 ,表面反応ダイナミクス&キネティクス ,"その場"観察 ,超音速分子線 ,放射光 ,並進運動エネルギー ,極薄膜創製 ,固体表面

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 薄膜、表面界面物性 / 
  • ナノテク・材料 / 分析化学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 工学研究科・材料・放射光工学専攻 准教授 
 
2010年4月
 - 
2016年3月
兵庫県立大学 工学研究科・機械系工学専攻 准教授 
 
2006年4月
 - 
2010年3月
兵庫県立大学 工学研究科・機械系工学専攻 助教 
 
2003年4月
 - 
2006年3月
日本原子力研究開発機構 関西研究所・放射光科学研究センター(SPring-8) 博士研究員 
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本表面真空学会  関西支部委員
 
2014年4月
 - 
2018年3月
日本表面科学会  関西支部役員
 
2010年1月
 - 
2012年12月
日本真空学会  関西支部役員
 

受賞

 
2012年
日本真空学会, 第53回真空に関する連合講演会 優秀ポスター発表賞,ガスクラスターSIMSによる極浅表面分析
盛谷浩右 
 
2004年
日本真空協会, 第13回 真空進歩賞,超高真空対応配向分子線ビームラインの開発
盛谷浩右 
 
2003年
日本応用物理学会, 第15回 応用物理学会講演奨励賞,超熱酸素分子ビームによるCu{111}表面の酸化過程
盛谷浩右 
 

論文

 
 
Kousuke Moritani   Masanao Hotta   Masashi Nojima   Satoshi Kurumi   Kaoru Suzuki   Tatsuya Adachi   Takashi Kusanagi   
NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   432 1-42018年10月   [査読有り]
We developed a gas cluster ion beam (GCIB) source in conjunction with a two rotating electric fields (REFs)-type mass filter. The REFs method is suitable for a mass filter of a massive cluster ion beam because masses can be separated from a contin...
 
盛谷浩右   
表面と真空   61 452-4572018年7月   [査読有り][招待有り]
 
Kosuke Goto   Shinya Sakata   Kousuke Moritani   Norio Inui   
PHYSICA A-STATISTICAL MECHANICS AND ITS APPLICATIONS   466 511-5202017年1月   [査読有り]
The Brownian motion of two particles confined near the bottom of a suspended droplet was considered in order to examine the electrical double-layer interaction between them. The mean distance between the particles was expressed as a function of th...
 
Norio Inui   Kozo Mochiji   Kousuke Moritani   
INTERNATIONAL JOURNAL OF APPLIED MECHANICS   8(3) 2016年4月   [査読有り]
The impact of an argon (Ar)-cluster ion on a thin film is evaluated in order to investigate a new method for probing the mechanical properties of the thin metallic film. Using a molecular dynamic (MD) method, we show that an Ar nanocluster ion wit...
 
乾 徳夫   持地 広造   盛谷 浩右   
精密工学会誌   82(4) 335-3392016年   [査読有り]

MISC

 
 
田中 厚嗣   盛谷 浩右   乾 徳夫   住友 弘二   
電気学会研究会資料. OQD = The papers of technical meeting on optical and quantum devices, IEE Japan   2018(22) 35-382018年3月   
 
盛谷 浩右   
表面科学   38(11) 583-5832017年   
 
盛谷浩右   
クリーンテクノロジー   24(8) 53-572014年8月   [招待有り]
 
西野宮卓   東新邦彦   瀬直己   盛谷浩右   持地広造   
材料とプロセス(CD-ROM)   27(1) ROMBUNNO.3192014年3月   
 
盛谷浩右   
ひょうご科学技術協会学術研究支援事業研究成果報告書   2008 35(1)-382009年9月   

書籍等出版物

 
 
梅本 宏信, 伊藤 省吾, 植田 一正, 神田 一浩, 新部 正人, 原田 茂治, 平川 和貴, 藤本 忠蔵, 宮林 恵子, 盛谷 浩右
培風館      2018年   (ISBN:9784563046309)   
 

講演・口頭発表等

 
 
DNAアレイおよびグラフェンを用いたArガスクラスターの衝突検出
佐藤 佑   佐藤 亘   横山 新   乾 徳夫   盛谷 浩右   住友 弘二   松尾 直人   部家 彰   山名 一成   高田 忠雄   中野 響   
表面科学学術講演会要旨集   2018年   
ガスクラスターと固体表面の衝突を検出する新たな方法を開発するために,DNAアレイ及びSiO2上のグラフェンにArガスクラスターを衝突させ,それらの破壊について調べた.両者とも電気伝導性があるため,導通の有無によりスパッタリングが検出できる.グラフェンの場合には,表面被覆量の変化が可視光の反射率変化として捉えることができ,また,構造変化についてはラマンスペクトルから解析できることを報告する.
 
水クラスターイオン照射による1,4-ジドデシルベンゼン薄膜からの水素化分子イオン脱離
田中 厚嗣   盛谷 浩右   乾 徳夫   住友 弘二   
表面科学学術講演会要旨集   2018年   
これまで、二次イオン質量分析(SIMS)の基礎過程解明を目的として、分子クラスター照射による有機分子の脱離イオン化のメカニズムを検討してきた。芳香族分子は、通常イオンビーム照射下により分子ラジカルイオンとなって脱離するが、低エネルギーの水クラスターイオンを照射した場合、水素化分子イオンが生成することがわかった。本講演では、水クラスター衝突時の有機分子の脱離イオン化のメカニズムについて議論する。
 
水クラスターイオンビーム照射による有機分子のプロトン化反応
盛谷 浩右   田中 厚嗣   乾 徳夫   住友 弘二   
表面科学学術講演会要旨集   2018年   
これまで二次イオン質量分析(SIMS)の基礎過程解明を目的として、分子クラスター照射による有機分子の脱離イオン化のメカニズムを検討してきた。水クラスターイオンビームを照射すると、水素化分子イオン収率が増加する。さらに通常ラジカル分子イオンとして脱離する非極性分子も水素化され、分子イオン収率が増加することがわかった。講演では、水クラスター衝突時の有機分子の脱離イオン化メカニズムについて議論する。
 
2連回転電場を用いた新方式質量分析器の開発
堀田昌直   野島雅   胡桃聡   鈴木薫   足立達哉   草梛高志   盛谷浩右   
応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2016年3月3日   
 
21aBW-11 懸垂水滴内に捕獲された単一金粒子の質量測定
乾 徳夫   田村 純也   長谷川 雅章   後藤 宏介   持地 広造   盛谷 浩右   
日本物理学会講演概要集   2016年   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
基礎化学1 (兵庫県立大学)
 
   
 
情報科学 (兵庫県立大学)
 
   
 
機械材料工学実験 (兵庫県立大学)
 
   
 
プログラミング演習 (兵庫県立大学)
 
   
 
物性論 (兵庫県立大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本表面真空学会
 
   
 
日本応用物理学会

産業財産権

 
 
持地 広造   乾 徳夫   盛谷 浩右   
 
持地 広造   盛谷 浩右   豊田 紀章   乾 徳夫