言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 中田 勝
 

中田 勝

 
アバター
研究者氏名中田 勝
 
 
URL
所属兵庫県立大学
部署大学院 理学研究科
職名助教
学位Doktor der Naturwissenschaften (Dr. rer. nat.)(International Max Planck Research School for Condensed Matter Science at the University of Stuttgart)
科研費研究者番号40963955
J-Global ID202201020196724810

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 磁性、超伝導、強相関系 / 

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院 理学研究科 助教 
 

学歴

 
2018年4月
 - 
2022年3月
Max Planck Institute for Solid State Research Solid State Spectroscopy Department 
 
2016年4月
 - 
2018年3月
東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻
 
2012年4月
 - 
2016年3月
京都大学 理学部 理学科
 

委員歴

 
2023年4月
 - 
2024年3月
兵庫県立大学  装置開発室運営委員会
 

論文

 
 
Koki Uebo   Yuto Shiokawa   Ryunosuke Takahashi   Suguru Nakata   Hiroki Wadati   
F1000Research   12(860) 860-860   2023年7月
<p>Background: Magneto-optical Kerr effect (MOKE) microscopes are powerful experimental tools to observe magnetic domains in magnetic materials. These devices are, however, typically large, unportable, and expensive (∼ several million yen), and th...
 
A. Ribak   M. Buzzi   D. Nicoletti   R. Singla   Y. Liu   S. Nakata   B. Keimer   A. Cavalleri   
Phys. Rev. B   107(104508)    2023年3月   [査読有り]
 
S. Nakata   P. Yang   M. E. Barber   K. Ishida   H.-H. Kim   T. Loew   M. Le Tacon   A. P. Mackenzie   M. Minola   C. W. Hicks   B. Keimer   
npj Quantum Materials   7(1)    2022年12月
Abstract

To provide a foundation for theoretical models of high-temperature superconductivity, experimental research has sought to establish correspondences between macroscopic transport coefficients on the one hand, and atomic-scale correlation ...
 
Hun-Ho Kim   Kentaro Ueda   Suguru Nakata   Peter Wochner   Andrew Mackenzie   Clifford Hicks   Giniyat Khaliullin   Huimei Liu   Bernhard Keimer   Matteo Minola   
Nature Communications   13(6674)    2022年11月
Abstract

Magnonic devices operating at terahertz frequencies offer intriguing prospects for high-speed electronics with minimal energy dissipation However, guiding and manipulating terahertz magnons via external parameters present formidable chal...
 
H. Jang   S. Song   T. Kihara   Y. Liu   S.-J. Lee   S.-Y. Park   M. Kim   H.-D. Kim   G. Coslovich   S. Nakata   Y. Kubota   I. Inoue   K. Tamasaku   M. Yabashi   H. Lee   C. Song   H. Nojiri   B. Keimer   C.-C. Kao   J.-S. Lee   
Science Advances   8(abk0832)    2022年3月

書籍等出版物

 
 
藤森淳, 中田勝(担当:共著)
固体物理・アグネ技術センター   2022年5月   

講演・口頭発表等

 
 
Suguru Nakata   
CEMS Symposium on Emergent Quantum Materials 2024   2024年2月21日   
 
中田勝   岡本淳   志賀大亮   高橋龍之介   H. Y. Huang   A. Singh   組頭広志   和達大樹   石田茂之   永崎洋   藤森淳   D. J. Huang   鈴木博人   
第37回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム   2024年1月12日   
 
中田勝   岡本淳   志賀大亮   高橋龍之介   H. Y. Huang   A. Singh   組頭広志   和達大樹   石田茂之   永崎洋   藤森淳   D. J. Huang   鈴木博人   
日本物理学会 第78回年次大会(2023年)   2023年9月17日   
 
Suguru Nakata   
RIXS/REXS workshop 2023   2023年8月2日   
 
Suguru Nakata   
Laser and Synchrotron Radiation Combination Experiment (LSC2023)   2023年4月20日   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
2023年12月
 - 
2024年1月
英語科学問題演習 (兵庫県立大学理学部)
2023年6月
 - 
2024年1月
物質科学基礎実験I (兵庫県立大学 理学部)
2022年6月
 - 
2023年1月
物質科学基礎実験I (兵庫県立大学 理学部)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
 
 
研究期間: 2023年5月 - 2023年5月
 
海外研究・国際活動等支援事業助成
兵庫県立大学: 
中田勝 
研究期間: 2022年8月 - 2022年8月

その他

 
 
https://hyogosta.jp/other/%E4%BB%A4%E5%92%8C%EF%BC%95%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E5%AD%A6%E8%A1%93%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%8A%A9%E6%88%90%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E8%80%85%E3%81%AE%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E5%8F%8A%E3%81%B3%E8%B4%88%E5%91%88%E5%BC%8F
 
 
贈呈状受け取り代表
http://nsg-zaidan.or.jp/event/r5subsidy.html
 
 
https://www.jsps.go.jp/j-lindau/koe15.html