言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

 

吉久 徹

 
アバター
研究者氏名吉久 徹
 
ヨシヒサ トオル
URLhttp://www.sci.u-hyogo.ac.jp/life/biomecha/MolBioMech_Top/Welcome.html
所属兵庫県立大学
部署生命理学研究科
職名教授
学位博士(理学)(東京大学)
J-Global ID200901026059651703

研究キーワード

 
tRNAの量的調節機構の解析 ,核-細胞質間物質輸送 tRNAの細胞内動態 tRNAのスプライシング RNAの品質管理 ,nuclear-cytoplasmic transport intracellular dynamics of tRNA tRNA splicing quality control of RNA

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 機能生物化学 / 

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院理学研究科 教授 理学博士
 
2013年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 生命理学研究科 教授 
 
 
 - 
2013年3月
名古屋大学 物質科学国際研究センター 物質科学国際研究センター _  准教授 
 
1996年
 - 
1998年
名古屋大学理学研究科物質理学専攻助教授   
 
1996年
 - 
1998年
Associate professor: Graduate School of Science, Nagoya University   
 

学歴

 
 
 - 
1989年
東京大学 理学系研究科 植物学専攻
 
 
 - 
1989年
東京大学  
 

委員歴

 
2022年
 - 
現在
日本生化学会  Journal of Biochemistry, Associate Editor for JB Reviews
 
2008年
 - 
現在
日本細胞生物学会  編集委員
 
2022年4月
 - 
2024年3月
日本RNA学会  評議員
 
2020年4月
 - 
2022年3月
日本RNA学会  評議員
 
2018年4月
 - 
2020年3月
日本RNA学会  評議員
 

受賞

 
2016年9月
日本学術振興会, 科研費審査員の表彰,科研費の第一段審査意見による審査への貢献
 
2014年7月
日本学術振興会, 科研費審査員の表彰,科研費の第一段審査意見による審査への貢献
 
2011年9月
日本学術振興会, 科研費審査員の表彰,科研費の第一段審査意見による審査への貢献
 

論文

 
 
Sachiko Hayashi   Kazumi Iwamoto   Tohru Yoshihisa   
PLOS ONE   18(12) e0295659-e0295659   2023年12月
The Saccharomyces cerevisiae uses a highly glycolytic metabolism, if glucose is available, through appropriately suppressing mitochondrial functions except for some of them such as Fe/S cluster biogenesis. Puf3p, a Pumillio family protein, plays a...
 
Sachiko Hayashi   Masaya Matsui   Ayano Ikeda   Tohru Yoshihisa   
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   86(10) 1398-1404   2022年8月   [査読有り]
Saccharomyces cerevisiae has six synonymous tRNATrpCCA genes encoding the identical sequence, including their intronic region. They are supposed to express tRNATrpCCA in the same quality and quantity. Here, we generated single to quintuple deletio...
 
Sachiko Hayashi   Kazumi Iwamoto   Tohru Yoshihisa   
   2022年4月
ABSTRACT

Yeasts generally grow with a highly glycolytic metabolism and restrain mitochondrial biogenesis except for some Fe/S proteins. Respiratory mitochondrial functions and biosynthesis pathways are well studied, however how cells coordinate b...
 
Akihisa Nagai   Kohei Mori   Yuma Shiomi   Tohru Yoshihisa   
RNA (New York, N.Y.)   27(5) 628-640   2021年3月   [査読有り]
To maintain optimal proteome, both codon choice of each mRNA and supply of aminoacyl-tRNAs are two principal factors in translation. Recent reports have revealed that the amounts of tRNAs in cells are more dynamic than we had expected. High-throug...
 
Yasuko Matsuki   Yoshitaka Matsuo   Yu Nakano   Shintaro Iwasaki   Hideyuki Yoko   Tsuyoshi Udagawa   Sihan Li   Yasushi Saeki   Tohru Yoshihisa   Keiji Tanaka   Nicholas T. Ingolia   Toshifumi Inada   
Scientific Reports   10(1) 19669-19669   2020年12月   [査読有り]
<title>Abstract</title>eIF2α phosphorylation-mediated translational regulation is crucial for global translation repression by various stresses, including the unfolded protein response (UPR). However, translational control during UPR has not been ...

MISC

 
 
松木泰子   松尾芳隆   岩崎信太郎   岩崎信太郎   横尾秀幸   中野裕   宇田川剛   佐伯泰   吉久徹   田中啓二   INGOLIA Nicholas T.   稲田利文   
日本RNA学会年会要旨集   21st    2019年
 
松木泰子   松尾芳隆   岩崎信太郎   岩崎信太郎   横尾秀幸   中野裕   宇田川剛   佐伯泰   吉久徹   田中啓二   INGOLIA Nicholas T.   稲田利文   
日本薬学会東北支部大会講演要旨集   58th    2019年
 
松木泰子   松尾芳隆   岩崎信太郎   横尾秀幸   中野裕   宇田川剛   佐伯泰   吉久徹   田中啓二   INGOLIA Nicholas   稲田利文   
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   42nd    2019年
 
Akio Kanai   Tohru Yoshihisa   
Frontiers in genetics   10 973-973   2019年   [査読有り]
 
Johannes M Herrmann   Pedro Carvalho   Manajit Hayer-Hartl   Tohru Yoshihisa   
Nature structural & molecular biology   25(11) 996-999   2018年11月

書籍等出版物

 
 
田宮 信雄, 八木 達彦, 遠藤 斗志也, 吉久 徹(担当:共訳, 範囲:1〜3章、13章、19章、23〜26章)
東京化学同人   2017年9月      
 
 
 
 

講演・口頭発表等

 
 
Nayuko Sasada   Momoka Irie   Akihisa Nagai   Moeka Taniwaki   Sachiko Hayashi   Tohru Yoshihisa   
CSH Asia RNA Biology   2022年12月6日   
 
林紗千子   松井将也   池田彩乃   吉久徹   
日本分子生物学会(第45回年会)   2022年12月2日   
 
Nayuko Sasada   Momoka Irie   Moeka Taniwaki   Masaya Matsui   Ayano Ikeda   Sachiko Hayashi   Akihisa Nagai   Tohru Yoshihisa   
The 30th Tokyo RNA Club   2022年9月29日   [招待有り]
 
第23回日本RNA学会年会   2022年7月22日   
 
吉久 徹   笹田 奈友子   入江 百香   
第74回日本細胞生物学会大会   2022年6月29日   

担当経験のある科目(授業)

 
2015年10月
 - 
現在
生命科学演習3 (兵庫県立大学)
2015年4月
 - 
現在
細胞生物学5 (兵庫県立大学理学部)
2013年4月
 - 
現在
生体高分子動態論 (兵庫県立大学)
2013年4月
 - 
現在
生命科学基礎実験 I&II (兵庫県立大学)
2013年4月
 - 
現在
生命科学実験I (兵庫県立大学)

所属学協会

 
 
   
 
RNA Society
 
   
 
American Society for Cell Biology
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本生化学会
 
   
 
日本RNA学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
修飾状態を反映したRNA可視化法の開発とそのtRNA動態解析への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
吉久 徹 
研究期間: 2023年6月 - 2025年3月
 
tRNAレパートリーの変化が与えるタンパク質の多面性
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
吉久 徹 
研究期間: 2021年9月 - 2023年3月
 
tRNAレパートリー形成のためのtRNA遺伝子の発現制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
吉久 徹 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
tRNautophagyを介したtRNAレパートリーの調節機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
吉久 徹 
研究期間: 2020年4月 - 2022年3月