言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 加藤 陽二
 

加藤 陽二

 
アバター
研究者氏名加藤 陽二
 
カトウ ヨウジ
URLhttp://www.u-hyogo.ac.jp/shse/yojikato/index.html
所属兵庫県立大学
部署環境人間学部
職名教授
学位博士(農学)(名古屋大学)
その他の所属先端食科学研究センター
ORCID ID0000-0002-8295-7337
J-Global ID200901064302201702

プロフィール

研究者となって、もうかなりの年月が過ぎました。
留学先(2006〜2007年)はニュージーランド(クライストチャーチ)なので、他国に比べ、少し、えこひいき、しています。
この歳になっても自ら実験出来る「環境」を喜んだり悲しんだりする毎日ですが、少しずつその時間も圧迫されるようになってきました。ここまできたら、リタイアするまで自分自身で実験したいです。

研究キーワード

 
食品機能 ,活性酸素 ,reactive oxygen species

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 食品科学 / 
  • ライフサイエンス / 機能生物化学 / 
  • 人文・社会 / 家政学、生活科学 / 

経歴

 
1995年
 - 
1998年
日本学術振興会 特別研究員   
 
1995年
 - 
1998年
JSPS Research fellow   
 

学歴

 
 
 - 
1995年
名古屋大学 農学研究科 食品工業化学
 
 
 - 
1995年
名古屋大学  
 
 
 - 
1990年
名古屋大学 農学部 食品工業化学
 
 
 - 
1990年
名古屋大学  
 

委員歴

 
2020年4月
 - 
現在
日本フードファクター学会  理事
 
2006年
 - 
現在
日本フードファクター学会  評議員
 
2002年
 - 
現在
日本酸化ストレス学会(日本過酸化脂質学会)  評議員・代議員
 

受賞

 
2014年9月
日本酸化ストレス学会, 学術賞
加藤 陽二 
 

論文

 
 
Yoji Kato   Yui Kishi   Yayako Okano   Masaki Kawai   Michiyo Shimizu   Naoko Suga   Chisato Yakemoto   Mai Kato   Akika Nagata   Noriyuki Miyoshi   
Food Chemistry   337    2021年2月   [査読有り]
Reports on the thermal stability of manuka honey in terms of food processing have been few. This study investigated changes in nine characteristic chemicals of manuka honey during heating. Among these, methylglyoxal (MGO) and 2′-methoxyacetophenon...
 
Naoko Suga   Akira Murakami   Hideyuki Arimitsu   Toshiyuki Nakamura   Yoshimasa Nakamura   Yoji Kato   
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   69(1) 20-27   2021年   [査読有り]
Increased 5-hydroxytryptamine may be associated with the development and progression of inflammatory bowel disease. In this study, we examined the suppressive effect of flavonoids on the increased intra- and extracellular 5-hydroxytryptamine level...
 
Naoko Suga   Akira Murakami   Hideyuki Arimitsu   Kazuya Shiogama   Sarasa Tanaka   Mikiko Ito   Yoji Kato   
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   69(1) 61-67   2021年   [査読有り]
Inflammatory bowel diseases, including Crohn’s disease and ulcerative colitis, are chronic inflammatory disorders associated with oxidative stress. The intestines produce 5-hydroxytryptamine that may negatively affect disease state under inflammat...
 
Mariko Tani   Sarasa Tanaka   Kana Takamiya   Yoji Kato   Gaku Harata   Fang He   Motoyoshi Sakaue   Mikiko Ito   
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   67(3) 283-289   2020年11月   [査読有り]
Vascular calcification progresses under hyperphosphatemia, and represents a risk factor for cardiovascular disease in chronic kidney disease (CKD) patients. We recently indicated that phosphorus (P) fluctuations also exacerbated vascular calcifica...
 
Yoji Kato   Masaki Kawai   Shota Kawai   Yayako Okano   Natsumi Rokkaku   Akari Ishisaka   Kaeko Murota   Toshiyuki Nakamura   Yoshimasa Nakamura   Shinichi Ikushiro   
Journal of agricultural and food chemistry   67(39) 10853-10862   2019年10月   [査読有り]
Leptosperin (methyl syringate β-d-gentiobioside) is abundantly found in manuka honey, which is widely used because of its antibacterial and possible anti-inflammatory activities. The aim of this study was to examine the molecular mechanism underly...

MISC

 
 
加藤陽二   加藤陽二   室田佳恵子   石坂朱里   石坂朱里   伊藤美紀子   伊藤美紀子   生城真一   
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2018 ROMBUNNO.2B04a07 (WEB ONLY)   2018年3月   
 
加藤陽二   加藤陽二   河合翔太   室田佳恵子   中村俊之   中村宜督   生城真一   
日本フードファクター学会学術集会講演要旨集   23rd 106   2018年   
 
T Osawa   Y Kato   
MAILLARD REACTION: CHEMISTRY AT THE INTERFACE OF NUTRITION, AGING, AND DISEASE   1043 440-451   2005年   
Hyperglycemia causes the autoxidation of glucose, glycation of proteins, and the activation of polyol metabolism. These changes accelerate generation of reactive oxygen species (ROS) and increases in oxidative chemical modification of lipids, DNA,...

書籍等出版物

 
 
Kato, Yoji
Springer   2014年   (ISBN:9789400779198)
 
加藤 陽二(担当:共著, 範囲:Methods Mol. Biol. (Lipidomics)の一部担当)
Springer   2009年      
 
学会出版センター   2005年   (ISBN:9784762230417)   
 
Humana Pr   2002年   (ISBN:9780896038509)   
 
「食品の光劣化防止技術」サイエンスフォーラム   2001年      

所属学協会

 
 
   
 
日本フードファクター学会
 
   
 
日本酸化ストレス学会(日本過酸化脂質学会)
 
   
 
日本生化学会
 
   
 
日本農芸化学会