言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 水島 恒裕
 

水島 恒裕

 
アバター
研究者氏名水島 恒裕
 
ミズシマ ツネヒロ
URLhttp://www.sci.u-hyogo.ac.jp/edu/kenkyuu/base41.html
所属兵庫県立大学
部署生命理学研究科
職名教授
学位博士(理学)(大阪大学)
科研費研究者番号90362269
J-Global ID200901074435540475

研究キーワード

 
ユビキチン ,プロテアソーム ,タンパク質分解 ,構造生物学 ,タンパク質 ,X線結晶構造解析 ,X-ray crystallography

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生物物理学 / 
  • ライフサイエンス / 構造生物化学 / 

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院理学研究科 教授 
 
2011年4月
 - 
2021年3月
兵庫県立大学 大学院生命理学研究科 教授 
 
2008年4月
 - 
2011年3月
名古屋市立大学 大学院薬学研究科 准教授 
 
2007年4月
 - 
2008年3月
名古屋大学 大学院工学研究科 助教 
 
2003年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学 大学院工学研究科 助手 
 

論文

 
 
Yuta Horie   Takafumi Suzuki   Jin Inoue   Tatsuro Iso   Geoffrey Wells   Terry W Moore   Tsunehiro Mizushima   Albena T Dinkova-Kostova   Takuma Kasai   Takashi Kamei   Seizo Koshiba   Masayuki Yamamoto   
Communications biology   4(1) 576-5762021年5月
The Keap1-Nrf2 system is central for mammalian cytoprotection against various stresses and a drug target for disease prevention and treatment. One model for the molecular mechanisms leading to Nrf2 activation is the Hinge-Latch model, where the DL...
 
Shun Kageyama   Sigurdur Runar Gudmundsson   Yu-Shin Sou   Yoshinobu Ichimura   Naoki Tamura   Saiko Kazuno   Takashi Ueno   Yoshiki Miura   Daisuke Noshiro   Manabu Abe   Tsunehiro Mizushima   Nobuaki Miura   Shujiro Okuda   Hozumi Motohashi   Jin-A Lee   Kenji Sakimura   Tomoyuki Ohe   Nobuo N Noda   Satoshi Waguri   Eeva-Liisa Eskelinen   Masaaki Komatsu   
Nature communications   12(1) 16-162021年1月
Autophagy contributes to the selective degradation of liquid droplets, including the P-Granule, Ape1-complex and p62/SQSTM1-body, although the molecular mechanisms and physiological relevance of selective degradation remain unclear. In this report...
 
Tadashi Satoh   Miho Nishio   Kousuke Suzuki   Maho Yagi-Utsumi   Yukiko Kamiya   Tsunehiro Mizushima   Koichi Kato   
Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications   76(Pt 5) 216-2212020年5月   [査読有り]
The transmembrane intracellular lectin ER-Golgi intermediate compartment protein 53 (ERGIC-53) and the soluble EF-hand multiple coagulation factor deficiency protein 2 (MCFD2) form a complex that functions as a cargo receptor, trafficking various ...
 
Midori Takeda   Tohru Tezuka   Minsoo Kim   Jungmi Choi   Yuki Oichi   Hatasu Kobayashi   Kouji H Harada   Tsunehiro Mizushima   Shigeru Taketani   Akio Koizumi   Shohab Youssefian   
Biochemical and biophysical research communications   2020年3月   [査読有り]
Moyamoya disease (MMD) is a cerebrovascular disease characterized by progressive occlusion of the internal carotid arteries. Genetic studies originally identified RNF213 as an MMD susceptibility gene that encodes a large 591 kDa protein with a fun...
 
Kazuya Nishio   Tsunehiro Mizushima   
Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications   76(Pt 3) 109-1152020年3月   [査読有り]
Citrate synthase (CS) catalyzes the conversion of oxaloacetate and acetyl coenzyme A into citrate and coenzyme A in the mitochondrial tricarboxylic acid (TCA) cycle. In plants, mitochondrial metabolism, including the TCA cycle, occurs in interacti...

MISC

 
 
佐伯 泰   水島 恒裕   
実験医学   32(10) 1617-16222014年6月   
プロテアソームは真核生物に普遍的にみられる約2.5MDaの巨大な細胞内タンパク質分解装置であり、ユビキチン化されたタンパク質を選択的に分解することでさまざまな生命現象を制御している。プロテアソームはその名を受けてから四半世紀が経過したが、プロテアソームがどのような構造をしており、どのようにユビキチン化タンパク質を分解するのか、細胞内のどこで形成されるのか、どのように存在しているのかなど長い間不明であった。本稿ではプロテアソームに関する最近の研究動向をわれわれの知見と併せて概説したい。(著者抄録)
 
高木 賢治   水島 恒裕   
生化学   85(9) 789-7942013年9月   
 
水島 恒裕   西尾 和也   
実験医学   29(12) 1875-18812011年8月   
プロテアソームは多くのサブユニットからなる非常に複雑な超分子複合体である。その機能は単純にタンパク質分解を行うだけではなく、ユビキチンの認識、除去、アンフォールディング、多様な触媒活性など多くの役割を同時に果たす非常に高度なものである。また、プロテアソームには複数の制御因子群が存在し、異なる複合体を形成することでそれぞれの役割を果たしている。本稿ではプロテアソームの複合体構造解析により明らかとなった、高度な機能と反応機構を紹介する。(著者抄録)
 
Sangwoo Kim   Yasushi Saeki   Keisuke Fukunaga   Atsuo Suzuki   Kenji Takagi   Takashi Yamane   Keiji Tanaka   Tsunehiro Mizushima   Koichi Kato   
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   285(20) 15159-151662010年5月   
The ubiquitin-proteasome pathway is a major proteolytic system in eukaryotic cells and regulates various cellular processes. The 26 S proteasome, the central enzyme of this pathway, consists of a proteolytic core particle and two 19 S regulatory p...
 
T. Mizushima   Y. Yoshoda   T. Kumanomidou   Y. Hasegawa   A. Suzuki   T. Yamane   K. Tanaka   
FEBS JOURNAL   275 184-1842008年6月   

所属学協会

 
 
   
 
日本生化学会
 
   
 
日本結晶学会
 
   
 
日本蛋白質科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
病原因子の分解を誘導する分子標的型新規抗菌剤の開発基盤の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
Kim Minsoo 山吉 麻子 水島 恒裕 
研究期間: 2020年4月 - 2024年3月
 
病原細菌エフェクターによるNF-κB経路を標的とした感染機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
水島 恒裕 谷 一寿 Kim Minsoo 
研究期間: 2020年4月 - 2024年3月
 
もやもや病や脳梗塞の遺伝性リスク因子の機能解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
手塚 徹 S Youssefian Kim Minsoo 水島 恒裕 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
病原菌エフェクターによる宿主防御応答阻害機構の解明
公益財団法人アステラス病態代謝研究会: 2019年度研究助成金
水島 恒裕 
研究期間: 2019年12月 - 2020年11月
 
病原菌エフェクターによる宿主防御応答阻害機構の解析
公立大学法人兵庫県立大学: 特別研究助成金 基礎研究支援(2019)
水島 恒裕 
研究期間: 2019年 - 2020年3月