言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 円谷 友英
 

円谷 友英

 
アバター
研究者氏名円谷 友英
 
エンタニ トモエ
所属兵庫県立大学
部署大学院情報科学研究科・社会情報科学部
職名教授
学位博士(工学)(大阪府立大学)
J-Global ID200901081416637260

研究分野

 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 安全工学 / 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学 / 

経歴

 
 
   
 
高知大学 教育研究部 総合科学系 地域協働教育学部門  助教授・准教授 
 

論文

 
 
Tomoe Entani   
2020 Joint 11th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 21st International Symposium on Advanced Intelligent Systems, SCIS-ISIS 2020   476-481   2020年12月
In a group decision making problem, the group decision as a consensus of the members is usually more emphasized than the individual decisions in the group. However, in our public or private life, we often make decisions individually with others' h...
 
Sereyrotha Ken   Nophea Sasaki   Tomoe Entani   Hwan Ok Ma   Phalla Thuch   Takuji W. Tsusaka   
Sustainability (Switzerland)   12(23) 1-26   2020年12月
Understanding the drivers of deforestation and forest degradation and the agents of such drivers is important for introducing appropriate policy interventions. Here, we identified drivers and agents of drivers through the analysis of local percept...
 
Sereyrotha Ken   Tomoe Entani   Takuji W. Tsusaka   Nophea Sasaki   
Heliyon   6(4)    2020年4月
Climate-change mitigation projects are expected to improve local livelihoods in targeted areas. Several REDD+ projects aimed at reducing emissions from deforestation and forest degradation, conserving and enhancing forest carbon stocks, and sustai...
 
Tomoe Entani   
Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   24(1) 113-122   2020年
Organizations are interested in exploiting the data from the other organizations for better analyses. Therefore, the data related policies of organizations should be sensitive to the data privacy issue, which has been widely discussed recently. Th...
 
Sereyrotha Ken   Nophea Sasaki   Tomoe Entani   Takuji W. Tsusaka   
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12482 LNAI 84-95   2020年
Identification of the drivers and their agents of deforestation and forest degradation is important for effective implementation of the REDD+ activities. Here, we identified the direct and indirect drivers through the analysis of local perceptions...

MISC

 
 
Van Nam Huynh   Tomoe Entani   Chawalit Jeenanunta   Masahiro Inuiguchi   Pisal Yenradee   
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12482 LNAI v   2020年
 
山下 雄大   藤本 洋   円谷 友英   
日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   36 89-92   2020年
<p> </p>
 
劉 瑞琳   円谷 友英   
日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   35 672-673   2019年
<p> </p>
 
円谷 友英   
日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集   34 887-888   2018年
<p>本研究では,複数の評価者が複数の基準の下で,個別に評価した複数の対象のうち,ひとつを評価対象とし,その内部評価を導く.各評価者は,各対象を定められた評価基準の下で一対比較を行い,全対象に関する直感的な判断を与え,評価対象は,全評価者から評価される.したがって,評価対象に関する一対比較行列グループと各評価者に関する一対比較行列グループが考えられる.それぞれに固有のグループ内の相関に着目して,それを対応するウェイトベクトルの包含関係で表す.前者のグループ内の判断をまとめることで,評価対象...
 
円谷 友英   
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   60 3p   2016年5月

所属学協会

 
 
   
 
日本経営工学会
 
   
 
日本知能情報ファジィ学会
 
   
 
日本オペレーションズ・リサーチ学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
外国語表現選択支援システムの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
磯部 美穂 円谷 友英 クラウス マヌエル・フィリップ 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
組織横断的データ活用における個人の関与の仕組みを考慮した意思決定支援モデル
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
円谷 友英 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
プライバシーに配慮した組織横断的データ利活用による意思決定支援モデルに関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
円谷 友英 
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
 
ロバストネスを考慮した柔軟な意思決定支援手法
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
乾口 雅弘 円谷 友英 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
高大連携による総合学習プログラムの開発-自律創造型総合学習プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
上田 健作 辻田 宏 内田 純一 岡谷 英明 中澤 純治 圓谷 友英 鈴木 啓之 石筒 覚 大槻 知史 俣野 秀典 
研究期間: 2006年 - 2009年