言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 山室 敦嗣
 

山室 敦嗣

 
アバター
研究者氏名山室 敦嗣
 
 
URL
所属兵庫県立大学
部署地域資源マネジメント研究科 地域資源マネジメント専攻
職名教授
J-Global ID200901034483123388

研究キーワード

 
環境社会学 ,Environment sociology

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会学 / 

学歴

 
 
   
 
関西学院大学 社会学研究科 
 

論文

 
 
 
 
山室 敦嗣   
環境社会学研究   18(0) 82-952012年
<p>原子力利用にともない生じた事故等の事態によって日本各地の立地点住民は,程度の差はあれ生活を揺るがされ続けている。こうした現実をふまえるならば,立地点住民の生活保全はいかにして可能かという問題設定の考察が求められているのではないか。</p><p>この問題設定を考察する視角の1つとして本稿は,立地点住民にみられる自省的な態度とその態度にもとづく活動に着目し,それと生活保全との関係を分析する枠組みの構成を試みた。枠組構成にあたっては,生活環境主義の経験論から着想をえた。ただし,立地点住民の...
 
 

書籍等出版物

 
 
鳥越, 皓之, 足立, 重和, 金菱, 清(範囲:原子力施設をめぐる周囲コミュニティの形成 :JCO臨界事故を経験した住民のスペクトラム的思考~)
ミネルヴァ書房      2018年10月   (ISBN:9784623083640)
 
鳥越, 皓之, 帯谷, 博明(範囲:原発問題と住民投票運動)
ミネルヴァ書房      2017年4月   (ISBN:9784623079346)
 
福岡市史編集委員会(範囲:火事と無事(19頁~52頁) ラクガキを消す人々(709頁~727頁))
   2015年3月   
 
鳥越, 皓之, 山室, 敦嗣, 安田, 常雄, 高橋, 美貴, 佐野, 静代, 牧野, 厚史, 菅, 豊, 安室, 知, 金子, 祥之, 山, 泰幸, 原山, 浩介, 北原, 糸子(範囲:工業化社会のエネルギー開発に向き合うとは)
吉川弘文館      2013年6月   (ISBN:9784642017275)
 
福岡市史編集委員会(範囲:警弥郷の四季:旧筑紫郡)
   2012年3月   

所属学協会

 
 
   
 
環境社会学会
 
   
 
日本社会学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
現代農山漁村における「生産のある生活空間」に関する環境社会学の新たな分析枠組構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
家中 茂 村田 周祐 牧野 厚史 藤村 美穂 平井 勇介 山室 敦嗣 
研究期間: 2020年4月 - 2024年3月
 
ポスト農業社会の食・農・自然に視点をおいた農業社会学の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
牧野 厚史 五十川 飛暁 つる 理恵子 徳野 貞雄 川田 美紀 福本 純子 藤村 美穂 松本 貴文 山室 敦嗣 
研究期間: 2020年4月 - 2024年3月
 
文化的景観の維持管理における保存会組織の役割と指定物件の保全状況に及ぼす効果
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
内藤 和明 山室 敦嗣 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
原子力施設立地点における住民の生活保全とコミュニティ形成に関する実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
山室 敦嗣 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
コウノトリ野生復帰の全国展開と生物多様性の保全・再生に関する実践科学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
江崎 保男 河口 洋一 佐川 志朗 大迫 義人 内藤 和明 山室 敦嗣 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月