言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 有満 秀幸
 

有満 秀幸

 
アバター
研究者氏名有満 秀幸
 
 
URL
所属兵庫県立大学
部署環境人間学部
職名教授
学位医学博士(岡山大学)
J-Global ID200901003194110232

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

経歴

 
2023年4月
 - 
現在
兵庫県立大学環境人間学部 教授   
 
2017年4月
 - 
2023年3月
兵庫県立大学環境人間学部  准教授 
 
2006年10月
 - 
2017年3月
藤田保健衛生大学医学部 講師   
 
2003年4月
 - 
2006年9月
藤田保健衛生大学医学部 助手   
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
岡山大学大学院 医学研究科 
 
1990年4月
 - 
1996年3月
大阪府立大学 農学部 獣医学科
 

委員歴

 
2022年4月
 - 
現在
姫路市保健所運営協議会  委員
 
2015年1月
 - 
2017年12月
日本細菌学会  評議員
 
2006年
 - 
2016年12月
日本細菌学会中部支部  評議員
 
2010年1月
 - 
2012年12月
毒素シンポジウム  委員長指名委員
 
2009年1月
 - 
2009年12月
毒素シンポジウム  運営委員
 

論文

 
 
Hideyuki ARIMITSU   Tomoko KOHDA   Masafumi MUKAMOTO   Masahiro KUSUMOTO   
Journal of Veterinary Medical Science   83(12) 1913-1917   2021年12月   [査読有り]
 
Keiji Nakamura   Chikashi Tokuda   Hideyuki Arimitsu   Yoshiki Etoh   Mitsuhiro Hamasaki   Yuichiro Deguchi   Itsuki Taniguchi   Yasuhiro Gotoh   Yoshitoshi Ogura   Tetsuya Hayashi   
PeerJ   9 e11871-e11871   2021年7月   [査読有り]
Shiga toxin-producing Escherichia coli (STEC) is a major intestinal pathogen and causes serious gastrointestinal illness, which includes diarrhea, hemorrhagic colitis, and life-threatening hemolytic uremic syndrome. The major virulence factors of ...
 
Naoko Suga   Akira Murakami   Hideyuki Arimitsu   Kazuya Shiogama   Sarasa Tanaka   Mikiko Ito   Yoji Kato   
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   69(1) 61-67   2021年   [査読有り]
Inflammatory bowel diseases, including Crohn’s disease and ulcerative colitis, are chronic inflammatory disorders associated with oxidative stress. The intestines produce 5-hydroxytryptamine that may negatively affect disease state under inflammat...
 
Naoko Suga   Akira Murakami   Hideyuki Arimitsu   Toshiyuki Nakamura   Yoshimasa Nakamura   Yoji Kato   
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   69(1) 20-27   2021年   [査読有り]
Increased 5-hydroxytryptamine may be associated with the development and progression of inflammatory bowel disease. In this study, we examined the suppressive effect of flavonoids on the increased intra- and extracellular 5-hydroxytryptamine level...
 
Hideyuki Arimitsu   Keiko Sasaki   Takao Tsuji   
JOURNAL OF MICROBIOLOGICAL METHODS   132 148-152   2017年1月   [査読有り]
Here, we report the development of an immunochromatographic test strip that can detect heat-labile enterotoxin (LT) produced by enterotoxigenic Escherichia coli. Five types of monoclonal antibody (mAb)-producing hybridomas were isolated: three mAb...

MISC

 
 
有満秀幸   辻孝雄   
臨床と微生物   40(2) 129-134   2013年   
 
有満秀幸   塚本健太郎   越智定幸   佐々木慶子   辻孝雄   
日本細菌学雑誌   64(1) 225   2009年2月   
 
Kentaro Tsukamoto   Sadayuki Ochi   Hideyuki Arimitsu   Tomoko Kohda   Shunji Kozaki   Takao Tsuji   
TOXICON   51 5-5   2008年6月   
 
Keiji Oguma   Jae-Chul Lee   Teruyuki Yokoyama   Yumiko Yamamoto   Yoshihiko Sakaguchi   Shaobo Ma   Hideyuki Arimitsu   
TOXICON   51 41-41   2008年6月   
 
大野周子   佐々木慶子   清水健   塚本健太郎   有満秀幸   越智定幸   NERI Paola   森裕志   辻孝雄   
日本細菌学雑誌   63(1) 158   2008年2月   

講演・口頭発表等

 
 
小川春菜   藤本奈那   石井菜々   井上笑花   杉山優希   有満秀幸   
第96回日本細菌学会総会   2023年3月17日   
 
有満秀幸   佐々木慶子   辻孝雄   
第159回日本獣医学会   2016年   
 
有満秀幸   佐々木慶子   辻孝雄   
第89回日本細菌学会総会   2016年   
 
有満秀幸   佐々木慶子   辻孝雄   
第62回トキシンシンポジウム   2015年   
 
有満秀幸   佐々木慶子   辻孝雄   
第88回日本細菌学会総会   2015年   

担当経験のある科目(授業)

 
2023年
 - 
現在
環境人間学ゼミナール (兵庫県立大学)
2017年4月
 - 
現在
食品衛生学実験 (兵庫県立大学)
2017年4月
 - 
現在
微生物学実験 (兵庫県立大学)
2017年
 - 
現在
食生活学入門 (兵庫県立大学)
2017年
 - 
現在
解剖生理学実習 (兵庫県立大学)

所属学協会

 
2023年4月
 - 
現在
日本栄養·食糧学会
 
   
 
日本食品微生物学会
 
   
 
毒素シンポジウム
 
   
 
日本獣医学会
 
   
 
日本細菌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
志賀毒素2e産生性大腸菌のゲノムおよび毒素産生能の解析と高リスク系統同定法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
楠本 正博 林 哲也 有満 秀幸 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2016年7月
 
豚の浮腫病に関与する志賀毒素バリアント(Stx2e)の検出系の作製
科学技術振興機構: 研究成果展開事業A-STEP(探索タイプ)
有満秀幸 
研究期間: 2015年1月 - 2015年12月
 
細菌下痢毒素の粘膜アジュバント作用におけるcAMP依存性シグナル伝達経路の関与
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究B)
有満秀幸 
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月
 
バイオテロを含むボツリヌス中毒への新しい対策の確立と毒素の治療への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
小熊 惠二 横田 憲治 綾田 潔 阪口 義彦 山本 由弥子 有満 秀幸 
研究期間: 2007年 - 2008年