言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 有満 秀幸
 

有満 秀幸

 
アバター
研究者氏名有満 秀幸
 
 
URL
所属兵庫県立大学
部署環境人間学部
職名准教授
学位医学博士(岡山大学)
J-Global ID200901003194110232

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 

委員歴

 
2015年1月
 - 
2017年12月
日本細菌学会  評議員
 
2006年
 - 
2016年12月
日本細菌学会中部支部  評議員
 
2010年1月
 - 
2012年12月
毒素シンポジウム  委員長指名委員
 
2009年1月
 - 
2009年12月
毒素シンポジウム  運営委員
 

論文

 
 
Hideyuki Arimitsu   Keiko Sasaki   Takao Tsuji   
JOURNAL OF MICROBIOLOGICAL METHODS   132 148-152   2017年1月   [査読有り]
Here, we report the development of an immunochromatographic test strip that can detect heat-labile enterotoxin (LT) produced by enterotoxigenic Escherichia coli. Five types of monoclonal antibody (mAb)-producing hybridomas were isolated: three mAb...
 
Hideyuki Arimitsu   Keiko Sasaki   Takao Tsuji   
MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY   60(5) 334-342   2016年5月   [査読有り]
Edema disease in piglets is caused by Shiga toxin 2e (Stx2e)-producing Escherichia coli. However, there is currently no available Stx2e-specific immunochromatographic test strip to differentiate Stx2e from other types of Shiga toxin 2. In the pres...
 
Hideyuki Arimitsu   Keiko Sasaki   Yoshitaka Iba   Yoshikazu Kurosawa   Toshiyasu Shimizu   Takao Tsuji   
MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY   59(2) 71-81   2015年2月   [査読有り]
Shiga toxin 2 (Stx2)-specific mAb-producing hybridoma clones were generated from mice. Because mice tend to produce small amounts of B subunit (Stx2B)-specific antibodies at the polyclonal antibody level after immunization via the parenteral route...
 
Hideyuki Arimitsu   Keiko Sasaki   Tomoko Kohda   Toshiyasu Shimizu   Takao Tsuji   
MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY   58(11) 643-648   2014年11月   [査読有り]
Chicken egg yolk immunoglobulin (IgY) against Shiga toxin 2e (Stx2e), a major cause of swine edema disease, was prepared to evaluate its possible clinical applications. The titer of Stx2e-specific IgY in egg yolk derived from three chickens that h...
 
Hideyuki Arimitsu   Keiko Sasaki   Hiroe Kojima   Tadashi Yanaka   Takao Tsuji   
PLOS ONE   8(12) e83577   2013年12月   [査読有り]
Here we describe a simple affinity purification method for Shiga toxin 2e (Stx2e), a major causative factor of edema disease in swine. Escherichia coli strain MV1184 transformed with the expression plasmid pBSK-Stx2e produced Stx2e when cultivated...

MISC

 
 
有満秀幸   辻孝雄   
臨床と微生物   40(2) 129-134   2013年   

講演・口頭発表等

 
 
モノクローナル抗体を利用した豚浮腫病診断用のShiga toxin 2e (Stx2e)特異的イムノクロマトグラフィーの開発
有満秀幸   佐々木慶子   辻孝雄   
第159回日本獣医学会   2016年   
 
豚の浮腫病診断用のShiga toxin 2e特異的イムノクロマトグラフィーの開発
有満秀幸   佐々木慶子   辻孝雄   
第89回日本細菌学会総会   2016年   
 
Shiga toxin 2を中和するモノクローナル抗体の作製及びその結合領域に関する解析
有満秀幸   佐々木慶子   辻孝雄   
第62回トキシンシンポジウム   2015年   
 
毒性を中和する抗Shiga toxin 2モノクローナル抗体の作製
有満秀幸   佐々木慶子   辻孝雄   
第88回日本細菌学会総会   2015年   
 
Shiga toxin2を中和するモノクローナル抗体の作製及び性状解析
有満秀幸   佐々木慶子   辻孝雄   
第51回日本細菌学会中部支部総会   2014年   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
統合基礎医学 (藤田保健衛生大学)
 
   
 
微生物学(細菌学)実習 (藤田保健衛生大学)
 
   
 
微生物学(細菌学) (藤田保健衛生大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本食品微生物学会
 
   
 
毒素シンポジウム
 
   
 
日本獣医学会
 
   
 
日本細菌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2016年7月
 
豚の浮腫病に関与する志賀毒素バリアント(Stx2e)の検出系の作製
科学技術振興機構: 研究成果展開事業A-STEP(探索タイプ)
有満秀幸 
研究期間: 2015年1月 - 2015年12月
 
細菌下痢毒素の粘膜アジュバント作用におけるcAMP依存性シグナル伝達経路の関与
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究B)
有満秀幸 
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月