言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 吉田 優
 

吉田 優

 
アバター
研究者氏名吉田 優
 
ヨシダ マサル
URL
所属兵庫県立大学
部署環境人間学部 食環境栄養課程
職名教授
学位博士(医学)(京都大学)
J-Global ID200901056277606171

プロフィール

経歴 平成 4 (1992) 年 3月 神戸大学医学部卒業 平成 4 (1992) 年 4月 神戸大学附属病院内科研修医 平成 5 (1993) 年 6月 愛仁会高槻病院内科研修医 平成 7 (1995) 年 2月 明石市立市民病院消化器内科医師 平成 8 (1996) 年 4月 京都大学大学院医学研究科入学(消化器病態学講座;千葉勉教授) 平成12 (2000) 年 3月 京都大学大学院医学研究科修了,医学博士取得 平成13 (2001) 年 5月 Research Fellow, Brigham and Women’s Hospital, Harvard Medical School 平成16 (2004) 年 7月 Instructor, Harvard Medical School, Boston, MA 平成17 (2005) 年 8月 神戸大学大学院医学研究科・助手(難治性疾患病態解析分野・消化器内科) 平成19 (2007) 年 4月 同・助教(消化器内科学分野) 平成19 (2007) 年12月 同・助教(脂質生化学分野、併任) 平成20 (2008) 年 4月 同・助教(質量分析総合センター、併任) 平成20 (2008) 年 9月 同・特命准教授(消化器内科学分野) 平成22 (2010) 年 4月 同・准教授(病因病態解析学分野長、消化器内科学分野併任)
令和3(2021)年4月 兵庫県立大学環境人間学部食環境栄養課程・教授 現在に至る その他 平成18 (2006) 年 4月より 兵庫医科大学・非常勤講師(内科学講座下部消化管科) 平成19 (2007) 年 4月より 独立行政法人理化学横浜研究所免疫アレルギーセンター・客員研究員 平成22 (2010) 年 6月より 国立大学法人北海道大学大学院生命科学研究院 客員准教授

研究キーワード

 
感染症 ,免疫学 ,消化器内科学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 消化器内科学 / 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
京都大学 大学院医学研究科博士課程内科系専攻修了  
 
1986年4月
 - 
1992年3月
神戸大学 医学部 医学科
 

受賞

 
2004年5月
GRG/AGA, GRG/AGA Fellow Travel Award,Human neonatal Fc receptor mediates transport of IgG into luminal secretions for delivery of antigens to mucosal dendritic cells
Masaru Yoshida Steven M. Claypool Jessica S. Wagner Emiko Mizoguchi Atsushi Mizoguchi Derry C. Roopenian Wayne I. Lencer Richard S. Blumberg 
 
2003年9月
Brigham and Women's Hospital, Boston, MA, Brigham and Women's Hospital, Poster of Distinction Award,The Neonatal Fc Receptor Dependent Transcytosis of IgG and IgG/antigen Complexes across Mucosal Epithelial Barriers: Immune Surveillance of Lumenal Antigens by IgG in the Intestine
Masaru Yoshida Steven Claypool Atsushi Mizoguchi Emiko Mizoguchi Wayne Lencer Derry Roopenian, Richard S Blumberg 
 

論文

 
 
Yu Sato   Takashi Kobayashi   Shin Nishiumi   Akihiko Okada   Tsuyoshi Fujita   Tsuyoshi Sanuki   Masao Kobayashi   Masakyo Asahara   Masayasu Adachi   Arata Sakai   Hideyuki Shiomi   Atsuhiro Masuda   Masaru Yoshida   Keiko Takeuchi   Yuzo Kodama   Hiromu Kutsumi   Kengo Nagashima   Kazufumi Honda   
Cancers   12(9) 2625-2625   2020年9月
Apolipoprotein A2-ATQ/AT (apoA2-ATQ/AT) has been identified as a minimally invasive biomarker for detecting pancreatic cancer (PC) and high-risk (HR) individuals for PC. To establish an efficient enrichment strategy for HR, we carried out a plasma...
 
Ryota Nakano   Shin Nishiumi   Takashi Kobayashi   Takuya Ikegawa   Yuzo Kodama   Masaru Yoshida   
Biomarkers in Medicine   14(11) 1009-1020   2020年7月
Aim: The aim of this study was to identify whether metabolite biomarker candidates for pancreatic cancer (PC) could aid detection of intraductal papillary mucinous neoplasms (IPMN), recognized as high-risk factors for PC. Materials & methods: ...
 
Madoka Nambu   Shin Nishiumi   Takashi Kobayashi   Takeshi Masuda   Shingo Ito   Masaru Yoshida   Sumio Ohtsuki   
Journal of proteomics   223 103824-103824   2020年5月   [査読有り]
The purpose of the present study was to assess the differences between the human serum and plasma proteomes, and the stability of human plasma proteins under different storage conditions following blood collection, by means of SWATH-MS analysis. W...
 
Shin NISHIUMI   Yoshihiro IZUMI   Takashi KOBAYASHI   Masaru YOSHIDA   
Journal of Nutritional Science and Vitaminology   66(2) 185-190   2020年4月
 
Sahar Ghassem-Zadeh   Katrin Hufnagel   Andrea Bauer   Jean-Louis Frossard   Masaru Yoshida   Hiromu Kutsumi   Hans Acha-Orbea   Matthias Neulinger-Muñoz   Johannes Vey   Christoph Eckert   Oliver Strobel   Jörg D Hoheisel   Klaus Felix   
International journal of molecular sciences   21(7)    2020年3月   [査読有り]
Identification of disease-associated autoantibodies is of high importance. Their assessment could complement current diagnostic modalities and assist the clinical management of patients. We aimed at developing and validating high-throughput protei...

MISC

 
 
Ishihara T   Yoshida M   Arita M   
Int Immunol   31(9) 559-567   2019年8月   [査読有り][招待有り]
 
小林 隆   佐藤 悠   西海 信   岡谷 しのぶ   吉田 優   児玉 裕三   長島 健悟   本田 一文   
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   34 59-60   2019年1月   
 
小林 隆   佐藤 悠   西海 信   岡谷 しのぶ   吉田 優   児玉 裕三   長島 健悟   本田 一文   
日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   38回 76-77   2018年9月   
 
西海信   吉田優   
癌と化学療法   45(6号) 894-898   2018年6月   [査読有り]
 
小林隆   平田祐一   吉田優   
日本消化器病学会雑誌   115(臨増総会) A118   2018年4月   

書籍等出版物

 
 
吉田 優, 波多野直哉, 西海 信(担当:その他)
南山堂   2011年      
 

講演・口頭発表等

 
 
ペア血清を用いたIgM-HA抗体の陽転化にて診断しえたA型急性肝不全の1例
山本 淳史   南 晶洋   安富 栄一郎   畑澤 友里   平野 仁崇   林 宏樹   川野 佑輝   矢野 嘉彦   吉田 優   三住 拓誉   
第219回近畿地方会   2018年3月   日本内科学会   
 
複数の腸炎モデルマウスに対する漢方薬青黛の効果の検討
足立 聡一郎   星 奈美子   井上 潤   安冨 栄一郎   大塚 崇史   Ramesh Dhakhwa   王 梓   孔 玲玲   渡邉 大輔   大井 充   吉田 優   
第8回日本炎症性腸疾患学会 学術集会   2017年12月   日本炎症性腸疾患学会   
 
Validation of serum/plasma metabolomic biomarkers against pancreatic cancer by quantitative targeted GC/MS/MS
Takashi Kobayashi   Yuichi Hirata   Masaru Yoshida   Shin Nishiumi   Kazufumi Honda   
25th United European Gastroenterology Week (UEGW2017)   2017年11月   United European Gastroenterology Week   
 
Increased susceptibility to enteropathogenic bacteria by proton pump inhibitors in the murine model of food poisoning
安冨 栄一郎   井上 潤   足立 聡一郎   大塚 崇史   渡邉 大輔   具 潤亜   山入 春香   大井 充   星 奈美子   福田 真嗣   吉田 優   東 健   
25th United European Gastroenterology Week   2017年10月   United European Gastroenterology   
 
脂質分析による非アルコール性脂肪性肝炎病態関連因子の同定
西海信   サウトホラスハトグアンナババン   川野佑輝   小林隆   吉田優   
第42回日本医用マススペクトル学会年会   2017年9月   日本医用マススペクトル学会   

所属学協会

 
 
   
 
米国免疫学会
 
   
 
米国消化器病学会
 
   
 
日本免疫学会
 
   
 
日本消化器内視鏡学会
 
   
 
日本内科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
(AMED)血液バイオマーカーを用いた効率的な膵がん検診の実用化/バイオマーカー陽性者における画像精密検診の意義
国立研究開発法人国立がん研究センター: 革新的がん医療実用化研究事業
吉田 優 
研究期間: 2017年
 
(AMED)包括的メタボロミクスによるバイオマーカー探索、ならびに、医療質量分析システム開発
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 革新的先端研究開発支援事業ユニットタイプ「疾患における代謝産物の解析および代謝制御に基づく革新的医療基盤技術の創出」研究開発領域
吉田 優 
研究期間: 2017年
 
マルチターゲットメタボロミクスを用いたがん診断システムの開発科学研究費一部基金/基盤研究(B)特設
吉田 優 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月