言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 小橋 昌司
 

小橋 昌司

 
アバター
研究者氏名小橋 昌司
 
コバシ ショウジ
URLhttps://sites.google.com/site/syojikobashij/home
所属兵庫県立大学
部署工学研究科
職名教授
学位博士(工学)(姫路工業大学)
科研費研究者番号00332966
ORCID ID0000-0003-3659-4114
J-Global ID200901031674454407

研究キーワード

 
人工知能 ,コンピュータ支援整形外科 ,ファジィ論理 ,医用画像処理 ,画像処理 ,,MRI ,新生児 ,新生児・幼児 ,知的画像処理 ,コンピュータ画像診断支援 ,脳回 ,脳溝 ,脳疾患 ,ヘモダイナミクス ,Magnetic Resonance Angiography ,高次脳機能 ,脳葉 ,コンピュータ診断支援 ,近赤外分光法 ,脳動脈瘤 ,ソフトコンピューティング ,遺伝的アルゴリズム ,体積測定 ,幼児 ,子ども ,fMRI ,計算機解析 ,MR画像 ,てんかん ,側脳室 ,脳萎縮 ,知的医用画像処理システム

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学 / 
  • ライフサイエンス / 放射線科学 / 
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 
  • ライフサイエンス / 整形外科学 / 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 先端医療工学研究所 所長 
 
2021年8月
 - 
現在
国立循環器病センター 次世代医療研究部 特任部長 
 
2018年1月
 - 
現在
兵庫県立工業技術センター  技術開発指導員 
 
2017年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 工学研究科 教授 
 
2018年4月
 - 
2022年3月
兵庫県立大学 先端医工学研究センター センター長 
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2000年3月
姫路工業大学 工学研究科 生産工学専攻 博士課程
 
1995年4月
 - 
1997年3月
姫路工業大学 工学研究科 電気系工学専攻 修士課程
 

受賞

 
2021年1月
兵庫県立大学工学研究科, 工学研究科貢献賞
 
2020年12月
兵庫県立大学, 永年表彰
 
2019年
システム制御情報学会, 産業技術賞
小橋昌司 
 
2018年6月
兵庫県立大学工学研究科, 工学研究科貢献賞
小橋昌司 
 
2018年
World Automation Congress, Lifetime Achievement
小橋昌司 
 

論文

 
 
Kohei Nakatsu   Rashedur Rahman   Kento Morita   Daisuke Fujita   Syoji Kobashi   
Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   26(1) 42-50   2022年1月   [査読有り]
Approximately 600,000 to 1,000,000 patients are diagnosed with rheumatoid arthritis (RA) in Japan. To provide appropriate treatment, it is necessary to accurately measure the progression of RA by diagnosing the disease several times a year. The mo...
 
Fahmida Haque   Mamun Bin Ibne Reaz   Muhammad Enamul Hoque Chowdhury   Rayaz Malik   Mohammed Alhatou   Syoji Kobashi   Iffat Ara   Sawal Hamid Md. Ali   Ahmad Ashrif A. Bakar   Geetika Srivastava   
CoRR   abs/2203.15151    2022年
 
Naoto Yamamoto   Daisuke Fujita   Md. Rashedur Rahman   Naomi Yagi   Keigo Hayashi   Akihiro Maruo   Hirotsugu Muratsu   Syoji Kobashi   
LifeTech   170-171   2022年
 
Fahmida Haque   Mamun Bin Ibne Reaz   Muhammad E.H. Chowdhury   Sawal Hamid Md Ali   Ahmad Ashrif A Bakar   Tawsifur Rahman   Syoji Kobashi   Chitra A. Dhawale   Mohammad Arif Sobhan Bhuiyan   
Computers in Biology and Medicine   139 104954-104954   2021年12月   [査読有り]
BACKGROUND: Diabetic Sensorimotor polyneuropathy (DSPN) is one of the major indelible complications in diabetic patients. Michigan neuropathy screening instrumentation (MNSI) is one of the most common screening techniques used for DSPN, however, i...
 
Daisuke FUJITA   Shota HARUMOTO   Ryusuke DEGUCHI   Shimpei YAMASHITA   Syoji KOBASHI   
International Journal of Biomedical Soft Computing and Human Sciences   26(2) 97-102   2021年12月   [査読有り]

MISC

 
 
山本侃利   藤田大輔   RAHMAN Rashedur   八木直美   林圭吾   圓尾明宏   村津裕嗣   小橋昌司   
電子情報通信学会技術研究報告(Web)   121(347(MI2021 42-89))    2022年
 
森田蓮   安藤沙耶   石川翔   藤田大輔   尾上宏治   安藤久美子   石藏礼一   小橋昌司   
日本神経放射線学会プログラム・抄録集   51st    2022年
 
森田 蓮   安藤 沙耶   藤田 大輔   新居 学   安藤 久美子   石藏 礼一   小橋 昌司   
日本医用画像工学会大会予稿集   40回 175-179   2021年10月
脳画像を用いて小児の脳疾患を診断する指標の一つとして,未発達や未熟児などの脳の正常な発達の進行が評価される。しかし,脳の発達度合いを定量的に推定する方法はなく,現状では医師の経験に基づいて診断が行われている.そのため,読影可能な医師の不足,定量性の欠如が問題である.本研究では,小児の脳CT画像から脳の発達年齢を予測する手法を提案する.この手法では,CT画像から頭蓋領域を抽出し,姿勢と位置の補正を行う.本研究では,3次元畳み込みニューラルネットワーク(3D CNN)を用いてCT画像から特徴を...
 
中津 康平   盛田 健人   藤田 大輔   小橋 昌司   
日本医用画像工学会大会予稿集   40回 186-190   2021年10月
現在,関節リウマチの国内患者数は60万人から100万人であると推定され,毎年数万人ずつ増加している.関節リウマチの診断には,手足のX線画像から算出するmTSS(modified Total Sharp Score)が標準的な診断基準として用いられているが,診断の問題点として,医師の目視による主観的診断であること,スコアの判断箇所が多いことが挙げられている.そのため,医師の負担軽減や診断の迅速性・正確性向上のためにmTSS自動で評価するコンピュータ支援診断(CAD)システムの開発が期待されて...
 
山本 侃利   藤田 大輔   Rahman Rashedur   八木 直美   林 圭吾   圓尾 明宏   村津 裕嗣   小橋 昌司   
日本医用画像工学会大会予稿集   40回 203-207   2021年10月
骨粗鬆症による高齢者脆弱性骨盤骨折は,外傷に因らず,自覚症状が顕著でなく,CT画像上でその検出が容易ではないため,発見後の治療が遅れ,転位が進行し,機能的予後回復が得られない場合がある.そこで,医師の診断能向上のため,CT画像から骨盤脆弱性骨折を自動的に検出する医師の診断支援システムが求められている.従来手法では,単純X線画像やCT画像による2次元画像解析に基づくため,3次元的に分布する微小な脆弱性骨折の検出が困難であった.そこで我々は,新しい手法として,3次元CT画像を用いて,骨表から骨...

講演・口頭発表等

 
 
山本侃利   RASHEDUR Rahman   八木直美   林圭吾   丸尾明宏   村津裕嗣   小橋昌司   
日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web)   2021年   
 
元木康太   MAHDI Fahad Parvez   八木直美   新居学   小橋昌司   
バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2020年   
 
山本侃利   RAHMAN Rashedur   八木直美   八木直美   林圭吾   丸尾明宏   村津裕嗣   小橋昌司   
バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集(CD-ROM)   2020年   
 
久保 有輝   新居 学   無藤 智之   田中 洋   乾 浩明   八木 直美   信原 克哉   小橋 昌司   
バイオメディカル・ファジィ・システム学会年次大会講演論文集   2019年11月   バイオメディカル・ファジィ・システム学会   
 
Yuki Kubo   Belayat Hossain   Manabu Nii   Tomoyuki Muto   Hiroshi Tanaka   Hiroaki Inui   Katsuya Nobuhara   Syoji Kobashi   
World Automation Congress Proceedings   2018年8月8日   
© 2018 TSI Press. Currently, the humeral head portion of the artificial shoulder joint is usually designed by approximating it to a sphere or an ellipse. The differences between the approximated shape and the actual shape of the humeral head could...

担当経験のある科目(授業)

 
2022年4月
 - 
現在
インターンシップ (兵庫県立大学)
2021年4月
 - 
現在
グローバル教養概論 (兵庫県立大学)
2019年4月
 - 
現在
医療と工学のフロンティア (兵庫県立大学)
2017年4月
 - 
現在
医工学基礎 (兵庫県立大学)
2017年4月
 - 
現在
プログラミング論2 (兵庫県立大学)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
人工知能によるコンピュータ整形外科手術ナビゲーションシステム
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
小橋 昌司 HOSSAIN MD BELAYAT 
研究期間: 2018年11月 - 2021年3月
 
時空間統計形状モデルを用いた子どもの精神疾患発症予測
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
小橋 昌司 ALAM SAADIA 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月
 
時空間統計的形状モデルを用いた発達障害発症リスク評価法の確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
小橋 昌司 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
 
分散/多様/事例ベース型進化知能方式とその適用性評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
鶴田 節夫 小橋 昌司 八槇 博史 櫻井 義尚 川辺 孝 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
新生児脳の成長統計形状モデル構築による子どもの発達障害発症リスク評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
小橋 昌司 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月