言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 阪口 雅郎
 

阪口 雅郎

 
アバター
研究者氏名阪口 雅郎
 
サカグチ マサオ
URLhttp://www.sci.u-hyogo.ac.jp/life/biochem1/index-j.html
学位理学博士
J-Global ID200901067109012233

プロフィール

真核細胞のオルガネラ膜形成機構を研究。特に、膜タンパク質のオルガネラ標的化、膜組み込みと構造形成の分子機構に焦点をあてている。

研究キーワード

 
細胞生物学 ,構造生物化学 ,分子生物学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 
  • ライフサイエンス / 機能生物化学 / 

学歴

 
 
 - 
1986年
大阪大学 理学研究科 生化学
 
 
 - 
1981年
埼玉大学 理学部 生化学
 

受賞

 
1995年
日本生化学会奨励賞
 

論文

 
 
Kida Y   Sakaguchi M   
The Journal of biological chemistry   293(44) 17050-170602018年11月   [査読有り]
 
Eriko Mishima   Yoko Sato   Kei Nanatani   Naomi Hoshi   Jong-Kook Lee   Nina Schiller   Gunnar von Heijne   Masao Sakaguchi   Nobuyuki Uozumi   
BIOCHEMICAL JOURNAL   473(23) 4361-43722016年12月   [査読有り]
Voltage-dependent K+ (K-V) channels control K+ permeability in response to shifts in the membrane potential. Voltage sensing in K-V channels is mediated by the positively charged transmembrane domain S4. The best-characterized K-V channel, KvAP, l...
 
Haruka Sakaue   Shohei Iwashita   Yukari Yamashita   Yuichiro Kida   Masao Sakaguchi   
JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   159(5) 539-5512016年5月   [査読有り]
Many membrane proteins possessing hydrophobic transmembrane (TM) segments are cotranslationally integrated into the endoplasmic reticulum (ER) membrane. Various peroxisomal and mitochondrial membrane proteins escape the ER-targeting mechanism and ...
 
Kongsoo Kangy   Michiyo Takaharay   Haruka Sakaue   Masao Sakaguchi   
JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   159(5) 497-5082016年5月   [査読有り]
Various proteins synthesized by ribosomes are imported into specific organelles. To elucidate the behavior of protein domains during import, we developed a folding probe, in which the capsid protease (CP) domain of the Semliki Forest virus was con...
 
Yuichiro Kida   Yudai Ishihara   Hidenobu Fujita   Yukiko Onishi   Masao Sakaguchi   
MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   27(6) 930-9402016年3月   [査読有り]
Many membrane proteins are integrated into the endoplasmic reticulum membrane through the protein-conducting channel, the translocon. Transmembrane segments with insufficient hydrophobicity for membrane integration are frequently found in multispa...

MISC

 
 
 
 
阪口雅郎   木田祐一郎   木田祐一郎   
実験医学   23(15) 2308-2313,2228(2)2005年9月   
 
Kashiwayama, Y   Asahina, K   Shibata, H   Morita, M   Muntau, A. C   Roscher, A. A   Wanders, R. J. A   Shimozawa N   Sakaguchi, M   Kato, H   Imanaka, T   
Biochim. Biophys. Acta   1746(2) 116-1282005年   
 
阪口雅郎   木田祐一郎   
蛋白質 核酸 酵素   49(7) 899-9022004年5月   

書籍等出版物

 
 
 
Frontiers in Biotransfor mation      1993年      

講演・口頭発表等

 
 
小胞体トランスロコンでの膜タンパク質の構造形成における膜貫通セグメント識別の2つの容態
阪口 雅郎   
日本蛋白質科学会第18回年会(ワークショップ)   2018年6月28日   
 
ペルオキシソーム膜タンパク質PMP70のN末端モチーフは小胞体標的化抑制機能(ETS)を持つ
阪口雅郎   
第17回日本蛋白質科学会年会   2017年   
 
PMP70のN-末端モチーフは合成共役型小胞体標的化を抑制する
阪口雅郎   
新生鎖生物学国際シンポジウム   2016年   
 
小胞体トランスロコンによる新生鎖のハンドリング
阪口雅郎   
第53回日本生物物理学会年会・シンポジウム "新生鎖の合成と構造形成過程に潜む生物物理学   2015年   
 
小胞体トランスロコンを介した新生ポリペプチド鎖の動きの制御
阪口雅郎   
第12回日本蛋白質科学会年会・シンポジウム   2012年   

所属学協会

 
 
   
 
日本蛋白質科学会
 
   
 
日本生物物理学会
 
   
 
日本細胞生物学会
 
   
 
日本生化学会
 
   
 
Japanese Society of Biochemistry

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
膜タンパク質の伸長途上鎖をハンドリングする分子機構の解明
日本学術振興会: 新学術領域研究(研究領域提案型)
阪口 雅郎 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
膜タンパク質小胞体回避モチーフ作用因子の機能解明への挑戦
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
阪口 雅郎 
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
 
リボソームとトランスロコンの協調による新生鎖の膜組み込み機構の解明
日本学術振興会: 新学術領域研究(研究領域提案型)
阪口 雅郎 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
 
オルガネラ分化を実現する膜タンパク質の選別輸送機構の階層性と相互干渉
日本学術振興会: 新学術領域研究(研究領域提案型)
阪口 雅郎 
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月