言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

 

坂本 薫

 
アバター
研究者氏名坂本 薫
 
サカモト カオル
URL
所属兵庫県立大学
部署環境人間学部
職名教授
学位学術博士(神戸大学), master of home economics(Nara Women's University)
J-Global ID200901005049713797

研究キーワード

 
食物学 ,食生活 ,Food Science ,Food Culture

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 食品科学 / 
  • 人文・社会 / 家政学、生活科学 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 環境人間学部 環境人間学科 教授 
 
2009年4月
 - 
2014年3月
兵庫県立大学 環境人間学部 環境人間学科 准教授 
 
2008年4月
 - 
2009年3月
兵庫県立大学 環境人間学部 環境人間学科 特任准教授 
 
2005年4月
 - 
2008年3月
賢明女子学院短期大学 生活学科食物栄養学専攻 教授 
 
1994年4月
 - 
2005年3月
賢明女子学院短期大学 家政科食物学専攻 助教授 
 

委員歴

 
2020年6月
 - 
現在
日本調理科学会  理事
 
2014年6月
 - 
現在
姫路市学校給食運営審議会  委員長
 
2013年
 - 
現在
日本栄養改善学会近畿支部  評議員
 
2012年
 - 
現在
日本栄養改善学会  評議員
 
2009年4月
 - 
現在
日本調理科学会近畿支部  常任委員
 

受賞

 
2019年7月
厚生労働大臣表彰
坂本薫 
 
2017年5月
兵庫県, 県知事表彰
坂本 薫 
 
2013年5月
精糖技術研究会, 第110回精糖技術研究会賞
坂本 薫 
 
2012年5月
兵庫県栄養士会会長表彰
坂本 薫 
 
2011年9月
日本栄養士会会長表彰
坂本 薫 
 

論文

 
 
森井 沙衣子   坂本 薫   白杉(片岡) 直子   
日本調理科学会誌   52(3) 159-168   2019年6月   [査読有り]
<p> 3品種のジャポニカ米(キヌヒカリ,ササニシキ,ハツシモ)を用いて,前報で改良した吸水率算出法により,米の吸水率に与える浸漬温度の影響について検討した。搗精度は,それぞれ93%搗精米(7分つき米)および91%搗精米(精白米)とした。米の浸漬温度は5℃,20℃,40℃とし,浸漬時間は10分から吸水率が平衡になるまでの最長24時間までとした。吸水曲線を比較したところ,3品種のすべての精白米と7分つき米において,平衡状態に達するまでに,5℃,20℃浸漬の吸水曲線が40℃浸漬の吸水曲線を超え...
 
SAKAMOTO Kaoru   KISHIHARA Shiro   KATAOKA‐SHIRASUGI Naoko   
Food Science and Technology Research   24(1) 111‐118-118   2018年1月   [査読有り]
 
坂本 薫   森井 沙衣子   上田 眞理子   
日本調理科学会誌   48(3) 193-199   2015年   [査読有り]
温水浸漬と低温浸漬が米の吸水率に与える影響について,浸漬水中の固形分を考慮して経時的に検討した。5~50&deg;Cの温度で5~240分間米を浸漬し,米の吸水率を測定したところ,温水浸漬と低温浸漬では,吸水曲線が交差する現象が観察され,平衡状態まで吸水させた場合では,温水浸漬よりも低温浸漬の米の吸水率が高かった。浸漬水中の固形分の量を経時的に測定したところ,40&deg;C,50&deg;Cの温水浸漬では固形分は多く浸漬液中に懸濁していた。そこで固形分を加えた補正吸水率を算出したが,吸水曲...
 
坂本 薫   森井 沙衣子   作田 はるみ   
精糖技術研究会誌   59 1-5   2013年6月   [査読有り]
 
坂本 薫   森井 沙衣子   作田 はるみ   岸原 士郎   
日本味と匂学会誌 = The Japanese journal of taste and smell research   18(3) 413-416   2011年12月   

MISC

 
 
村松康司   平松佳恵   前江杏香   坂本薫   
日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(Web)   35th    2022年
 
平松佳恵   前江杏香   坂本薫   村松康司   
日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(Web)   35th    2022年
 
前江杏香   村松康司   柴美佐紀   坂本薫   森井沙衣子   
日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(Web)   34th    2021年
 
中谷 梢   片寄 眞木子   坂本 薫   作田 はるみ   田中 紀子   富永 しのぶ   原 知子   本多 佐知子   
日本調理科学会大会研究発表要旨集   32 170   2021年
【目的】兵庫県は中央部の東西に山地が横たわり,南部の河川下流には肥沃な平野が開け,北は日本海,南は瀬戸内海に面し,淡路島を擁する。各地域の気候風土の違いは個性豊かで伝統的な食文化を形成してきた。平成24〜25年度「次世代に伝え継ぐ日本の家庭料理」聞き書き調査より兵庫県の行事食の特徴を示す。

【方法】調査した香美町香住,宍粟市千種町,丹波市,小野市,姫路市,加古川市,明石市,神戸市,淡路島の9地域の行事食の特徴をまとめた。

【結果】各地域とも年末に丸餅や鏡餅を作った。元旦の雑煮は白味噌や...
 
柴 美佐紀   小川 麻衣   根谷 優美香   物延 緋奈   廣脇 里咲   森井 沙衣子   坂本 薫   
日本調理科学会大会研究発表要旨集   32 36   2021年
【目的】練りこしあんは、あずきを煮熟して得た生こしあんに砂糖を加えて練りながら加熱し、調製する。すなわち、あずきと砂糖だけで作られるが、練りあんの品質に影響を及ぼす因子として、あずきの処理方法や加熱方法などについての報告はあるものの、加える砂糖の違いに焦点を当てた報告はほとんど見当たらない。そこで、砂糖の粒度の違いがあんの食味に及ぼす影響について検討するため、ザラメ糖とグラニュ糖を用いて練りこしあんを調製し、実験を行った。

【方法】粒度の異なる砂糖としてザラメ糖(φ3.5~3.9)とグラ...

書籍等出版物

 
 
坂本 薫
東京法規出版   2012年10月      
 
坂本 薫
化学同人   2011年4月      
 
朝倉書店   2005年      
 
学建書院   2003年      
 
内藤,弘正, 坂本,薫
かもがわ出版   1994年12月   (ISBN:487699157X)

講演・口頭発表等

 
 
坂本薫   坂本薫   高山裕貴   今津有稀   赤田樹   青井雄幹   森井沙衣子   岸原士郎   
精糖技術研究会講演要旨   2019年   
 
坂本 薫   山﨑 真利子   森井 沙衣子   作田 はるみ   Kaoru SAKAMOTO   Mariko YAMASAKI   Saeko MORII   Harumi SAKUDA   
兵庫県立大学環境人間学部研究報告   2019年   兵庫県立大学   
 
矢野 真理   作田 はるみ   坂本 薫   内田 勇人   
日本食生活学会誌   2019年   日本食生活学会   
<p> This study was made to clarify how the program, in which elderly women donated the local event foods to high school students, affected the psychosocial functions of elderly women.</p><p> The participants were 58 elderly women who lived in Hyog...
 
中谷 梢   吉村 美紀   坂本 薫   
日本調理科学会大会研究発表要旨集   2019年   日本調理科学会   
<p>【目的】米粉は加水・加熱によって米粉ゲルまたは米粉ゾルを形成し,新規食品や離乳食,えん下困難者用食品としての利用が期待できる。米粉利用のための基礎的知見を得るために,米粉ゲル・ゾルの物性へ及ぼす加水量と貯蔵の影響を検討した。</p><p>【方法】配合比率は米粉(以下RF):水(以下 W ) =1:2,1:3,1:4,1:5,1:6,1:7,1:8とし,それぞれ耐熱袋に入れ,スチームコンベクションオーブン(温度100℃, 湿度100%,時間50分間)で加熱した。直径3cm×高さ2cmの...
 
作田 はるみ   片寄 眞木子   坂本 薫   田中 紀子   富永 しのぶ   中谷 梢   原 知子   本多 佐知子   
日本調理科学会大会研究発表要旨集   2019年   日本調理科学会   
<p>【目的】兵庫県は中央部の東西に山地が横たわり,南部の河川下流には肥沃な平野が開け,北は日本海,南は瀬戸内海に面し,淡路島を擁する。各地域の気候風土の違いは,個性豊かで伝統的な食文化を形成してきた。本研究では,平成24〜25年度「次世代に伝え継ぐ日本の家庭料理」聞き書き調査より,副菜として食べられてきた家庭料理の特徴を示す。</p><p>【方法】調査地域は,神戸市,明石市,加古川市,小野市,姫路市,宍粟市,美方郡,丹波市,淡路市の9地域である。聞き書き調査で得られた家庭料理の中から,主...

所属学協会

 
 
   
 
日本食生活学会
 
   
 
日本伝統食品研究会
 
   
 
兵庫県栄養士会
 
   
 
日本栄養士会
 
   
 
日本応用糖質科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
調理加工品における融点の異なる砂糖の特性とその生成メカニズムの探索
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
坂本 薫 村松 康司 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
新調理システムを活用した食品の調理特性の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
森井 沙衣子 坂本 薫 
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月
 
焼メレンゲおよびマカロン等焼き菓子における砂糖の加熱熔融特性
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST): H26年度文部科学省科学技術人材育成補助事業 女性研究者研究活動支援事業(連携型)
坂本 薫 
研究期間: 2014年 - 2015年
 
砂糖の調理特性に影響する新因子
日本学術振興会: 科学研究費
坂本 薫 
研究期間: 2010年 - 2013年3月
 
砂糖の新規加熱熔融特性の創出による食品加工技術開発
独立行政法人科学技術振興機構: 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムフィージビリティスタディステージ探索タイプ(A-STEP)
坂本 薫 
研究期間: 2013年

産業財産権