言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

 

坂本 薫

 
アバター
研究者氏名坂本 薫
 
サカモト カオル
URL
所属兵庫県立大学
部署環境人間学部
職名教授
学位学術博士(神戸大学), master of home economics(Nara Women's University)
J-Global ID200901005049713797

研究キーワード

 
食物学 ,食生活 ,Food Science ,Food Culture

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 食品科学 / 
  • 人文・社会 / 家政学、生活科学 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 環境人間学部 環境人間学科 教授 
 
2009年4月
 - 
2014年3月
兵庫県立大学 環境人間学部 環境人間学科 准教授 
 
2008年4月
 - 
2009年3月
兵庫県立大学 環境人間学部 環境人間学科 特任准教授 
 
2005年4月
 - 
2008年3月
賢明女子学院短期大学 生活学科食物栄養学専攻 教授 
 
1994年4月
 - 
2005年3月
賢明女子学院短期大学 家政科食物学専攻 助教授 
 

委員歴

 
2020年6月
 - 
現在
日本調理科学会  理事
 
2014年6月
 - 
現在
姫路市学校給食運営審議会  委員長
 
2013年
 - 
現在
日本栄養改善学会近畿支部  評議員
 
2012年
 - 
現在
日本栄養改善学会  評議員
 
2009年4月
 - 
現在
日本調理科学会近畿支部  常任委員
 

受賞

 
2022年9月
一般社団法人日本調理科学会, 日本調理科学会2022年度学会賞,加熱調理品の調理特性に関する研究
坂本薫 
 
2019年7月
厚生労働大臣表彰
坂本薫 
 
2017年5月
兵庫県, 県知事表彰
坂本 薫 
 
2013年5月
精糖技術研究会, 第110回精糖技術研究会賞
坂本 薫 
 
2012年5月
兵庫県栄養士会会長表彰
坂本 薫 
 

論文

 
 
森井 沙衣子   坂本 薫   白杉(片岡) 直子   
日本調理科学会誌   52(3) 159-168   2019年6月   [査読有り]
<p> 3品種のジャポニカ米(キヌヒカリ,ササニシキ,ハツシモ)を用いて,前報で改良した吸水率算出法により,米の吸水率に与える浸漬温度の影響について検討した。搗精度は,それぞれ93%搗精米(7分つき米)および91%搗精米(精白米)とした。米の浸漬温度は5℃,20℃,40℃とし,浸漬時間は10分から吸水率が平衡になるまでの最長24時間までとした。吸水曲線を比較したところ,3品種のすべての精白米と7分つき米において,平衡状態に達するまでに,5℃,20℃浸漬の吸水曲線が40℃浸漬の吸水曲線を超え...
 
SAKAMOTO Kaoru   KISHIHARA Shiro   KATAOKA‐SHIRASUGI Naoko   
Food Science and Technology Research   24(1) 111‐118-118   2018年1月   [査読有り]
 
坂本 薫   森井 沙衣子   上田 眞理子   
日本調理科学会誌   48(3) 193-199   2015年   [査読有り]
温水浸漬と低温浸漬が米の吸水率に与える影響について,浸漬水中の固形分を考慮して経時的に検討した。5~50&deg;Cの温度で5~240分間米を浸漬し,米の吸水率を測定したところ,温水浸漬と低温浸漬では,吸水曲線が交差する現象が観察され,平衡状態まで吸水させた場合では,温水浸漬よりも低温浸漬の米の吸水率が高かった。浸漬水中の固形分の量を経時的に測定したところ,40&deg;C,50&deg;Cの温水浸漬では固形分は多く浸漬液中に懸濁していた。そこで固形分を加えた補正吸水率を算出したが,吸水曲...
 
坂本 薫   森井 沙衣子   作田 はるみ   
精糖技術研究会誌   59 1-5   2013年6月   [査読有り]
 
坂本 薫   森井 沙衣子   作田 はるみ   岸原 士郎   
日本味と匂学会誌 = The Japanese journal of taste and smell research   18(3) 413-416   2011年12月   

MISC

 
 
小野 くに子   坂本 薫   郡 俊之   内田 勇人   
日本食育学会誌 = Journal of Japanese Society of Shokuiku / 日本食育学会 編   17(1) 21-30   2023年1月
 
Saeko Morii   Kaoru Sakamoto   
22nd IUNS-International Congress of Nutrition      2022年12月   [査読有り]
 
Kaoru Sakamoto   Saeko Morii   Kaoru Kitayama   Yuriko Ishii   Nami Arakaki   Soma Takeda   Yui Sueyoshi   Wakana Tada   
22nd IUNS-International Congress of Nutrition      2022年12月
 
菅 尚子   額 惠理香   内田 はるか   川畑 球一   坂本 薫   
日本調理科学会大会研究発表要旨集   33 8   2022年9月
【目的】玄米は、食物繊維を多く含むことから、プレバイオティクス作用が期待されている食品の一つである。しかし、玄米の食物繊維の多くは不溶性であり、善玉菌に対する資化性を高めるには、それらを水溶化させる必要がある。そこで本研究では、玄米のプレバイオティクス性を高める調理加工方法を明らかにすることを目的として、加工による機能性成分の変動と食物繊維の一つであるアラビノキシランの水溶化について検討した。

【方法】玄米を原料として、穀物膨張機によりパフ加工したサンプルを二種、また焙煎機により焙煎した...
 
巴山 澪   坂本 薫   
日本調理科学会大会研究発表要旨集   33 26   2022年9月
【目的】酒粕は、タンパク質、食物繊維やビタミンなど豊富な栄養素があると知られている。先行研究で、ACE阻害活性を有するペプチドやS-アデノシルメチオニンなど多くの機能成分を含み、さまざまな生理機能を持つことが明らかになっている。しかしながら、粕漬けや粕汁などの伝統的な食品に従来活用されていた酒粕は、食生活の変化により需要が減少している。本研究では、酒粕を有効利用できる調理方法について検討するために、保存や加熱による成分の変化について検討した。

【方法】試料は、2021年兵庫県産山田錦の酒...

書籍等出版物

 
 
矢野真理;作田はるみ;坂本薫;内田勇人(担当:分担執筆, 範囲:第13章 行事食伝承事業における高齢者と高校生の世代間交流)
三学出版   2022年11月20日   (ISBN:9784908877469)
 
坂本 薫
東京法規出版   2012年10月      
 
坂本 薫
化学同人   2011年4月      
 
朝倉書店   2005年      
 
学建書院   2003年      

講演・口頭発表等

 
 
巴山澪   有満秀幸   坂本薫   
日本調理科学会近畿支部第 48 回研究発表会   2022年12月17日   

所属学協会

 
 
   
 
日本食生活学会
 
   
 
日本伝統食品研究会
 
   
 
兵庫県栄養士会
 
   
 
日本栄養士会
 
   
 
日本応用糖質科学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
調理加工品における融点の異なる砂糖の特性とその生成メカニズムの探索
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
坂本 薫 村松 康司 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
新調理システムを活用した食品の調理特性の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
森井 沙衣子 坂本 薫 
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月
 
焼メレンゲおよびマカロン等焼き菓子における砂糖の加熱熔融特性
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST): H26年度文部科学省科学技術人材育成補助事業 女性研究者研究活動支援事業(連携型)
坂本 薫 
研究期間: 2014年 - 2015年
 
砂糖の調理特性に影響する新因子
日本学術振興会: 科学研究費
坂本 薫 
研究期間: 2010年 - 2013年3月
 
砂糖の新規加熱熔融特性の創出による食品加工技術開発
独立行政法人科学技術振興機構: 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムフィージビリティスタディステージ探索タイプ(A-STEP)
坂本 薫 
研究期間: 2013年

産業財産権