言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 竹内 章
 

竹内 章

 
アバター
研究者氏名竹内 章
 
タケウチ アキラ
URL
所属兵庫県立大学
部署産学連携・研究推進機構
職名教授
学位博士(工学)(名古屋工業大学)
J-Global ID200901035954796988

研究キーワード

 
高エントロピー合金 ,合金設計 ,計算機科学 ,熱力学 ,金属ガラス

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 材料加工、組織制御 / 
  • ナノテク・材料 / 金属材料物性 / 
  • ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料 / 構造・機能材料

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 産学連携・研究推進機構 教授 
 
2017年4月
 - 
2021年3月
東北大学工学研究科  特任教授 
 
2013年7月
 - 
2017年3月
東北大学金属材料研究所  特任教授 
 
2008年4月
 - 
2013年6月
東北大学原子分子材料科学高等研究機構  准教授 
 
2003年11月
 - 
2008年3月
東北大学金属材料研究所  助教授 
 

学歴

 
 
 - 
1993年3月
名古屋工業大学 工学研究科 物質工学
 
 
 - 
1988年3月
名古屋工業大学 工学部 金属
 

委員歴

 
2008年4月
 - 
2016年3月
日本金属学会  会誌・欧文誌編集委員
 

受賞

 
2020年9月
(公社)日本金属学会, 第68回論文賞(物性部門)
竹内 章 和田 武 加藤 秀実 
 
2020年9月
(公社)日本金属学会, 第68回論文賞(材料プロセシング部門)
竹内 章 和田 武 加藤 秀実 
 

論文

 
 
 
Takeuchi A   Wada T   
Materials Transactions   63(1) 7-15   2022年1月   [査読有り]
 
Takeuchi A   
Materials Transactions   62(4)    2021年3月   [査読有り]
 
Takeuchi A   
Materials Transactions   61(9) 1717-1726   2020年9月   [査読有り]
 
Joo S.‐H   Bae J.W   Park W.‐Y   Shimada Y   Wada T   Kim H. S   Takeuchi A   Konno J.T   Kato H   Okulov I.V   
Advanced Materials   32(6) 201906160-1-201906160-9   2020年2月   [査読有り]

MISC

 
 
西嶋雅彦   竹中佳生   竹内章   今野豊彦   牧野彰宏   
まてりあ   55(12) 598-598   2016年12月   
 
Akira Takeuchi   
Funtai Oyobi Fummatsu Yakin/Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   63(4) 209-216   2016年4月   
This paper provides general overviews for the recent progress in alloy designs for high-entropy crystalline and glassy alloys in the following aspects. First, the alloy designs for bulk metallic glasses (BMGs) are briefly reviewed by focusing on a...
 
Y. Wang   A. Takeuchi   A. Makino   Y. Liang   Y. Kawazoe   
2015 IEEE MAGNETICS CONFERENCE (INTERMAG)      2015年   
 
 
松浦真   西嶋雅彦   竹中佳生   竹内章   牧野彰宏   
日本金属学会講演概要(CD-ROM)   155th ROMBUNNO.292   2014年9月   

書籍等出版物

 
 
Takeuchi A, Gao M.C, Qiao J, Widom M(担当:共著, 範囲:Chapter 13 High-Entropy Metallic Glasses)
Springer   2016年5月   (ISBN:3319270117)   
 
Takeuchi A, Louzguine D.V, Carow-Watamura U(担当:共著)
Springer-Verlag   2011年5月4日   (ISBN:3642034802)   
Landolt-Börnstein, New Series III-37-B-3, Numerical Data and Functional Relationships in Science and Technology
 
Takeuchi A, Louzguine D.V, Carow-Watamura U(担当:共著)
Springer-Verlag   2011年5月4日   (ISBN:3642034802)   
Landolt-Börnstein, New Series III-37-B-1, Numerical Data and Functional Relationships in Science and Technology
 
Takeuchi A, Louzguine D.V, Carow-Watamura U(担当:共著)
Springer-Verlag   2011年4月6日   (ISBN:3642034802)   
Landolt-Börnstein, New Series III-37-B-2, Numerical Data and Functional Relationships in Science and Technology
 
Inoue Akihisa, Takeuchi Akira, Zhang Tao(担当:共著, 範囲:Chapter 5: Synthesis and Soft Magnetic Properties of Fe-Based Bulk Amorphous Alloys)
2000年9月1日      
Synthesis and Soft Magnetic Properties of Fe-Based Bulk Amorphous Alloys

講演・口頭発表等

 
 
竹内 章   
第7回材料WEEK ≪ワークショップ3≫金属ガラス・ハイエントロピー合金のメタラジー   2021年10月13日   [招待有り]
 
竹内 章   
日本物理学会2021秋季大会 液体・アモルファス・準結晶−複雑系が共創する物質科学(一般シンポジウム講演)   2021年9月21日   [招待有り]
 
竹内 章   
第24回関西大学先端科学技術シンポジウム   2020年1月24日   [招待有り]
 
竹内 章   
金属学会シンポジウム ハイエントロピー合金の材料科学   2019年11月11日   [招待有り]
エッサム神田ホール 2 号館401
 
竹内 章   
Thermo-Calcカンファレンス2019   2019年10月11日   伊藤忠テクノソリューションズ株式会社   
2019年10月11日(金)
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 本社 霞が関ビル 20F、13:00 ~ 13:45

bcc、fccおよびhcpの固溶体構造を有する高エントロピー合金(HEA)は、たとえ多元系であっても遷移金属の平均価電子濃度(広義のd電子数、周期律表の族番号)と二元系状態図の併用で合金系の予測はある程度可能である。しかしながら、完全等原子分率組成の狭義のHEAでは、必ずしも目的とする構造が得られないこともあるため、合金組成最適化が必要となる。本講演では、TCHEA3...

所属学協会

 
2021年4月
 - 
現在
TMS (The Minerals, Metals & Materials Society)
1987年12月
 - 
現在
日本金属学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ハイエントロピー効果に基づく新材料創製と新機能創出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
加藤 秀実 和田 武 西山 宣正 武藤 浩行 武藤 泉 竹内 章(研究協力者) 
研究期間: 2018年6月 - 2023年3月
 
スクリーニング仮説と統計的決定理論に基づく高エントロピー合金の設計と新合金創製
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
竹内 章 網谷 健児 湯葢 邦夫 和田 武 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2013年7月 - 2017年3月
 
混乱原理に基づく高エントロピー・バルク金属ガラスの創製、性状の解明と応用化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
竹内 章 網谷 健児 湯葢 邦夫 和田 武 横山 嘉彦 陳 娜 王 軍強 
研究期間: 2012年4月 - 2017年3月
 
自己組織化を用いた高強度・高靭性Fe基バルク・ヘテロ金属ガラスの創成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
牧野 彰宏 横山 嘉彦 湯蓋 邦夫 竹内 章 吉年 規治 久保田 健 加藤 秀実 張 偉 
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月

社会貢献活動

 
 
【講師】
ものづくり向上セミナー2022 金属材料の最新動向 2022年1月26日 - 2022年1月26日
 
【講師】
 2014年8月4日
企業向けセミナーで「ナノ結晶軟磁性材料の開発と電力損失の低減化」と題するプレゼンを行った。

メディア報道

 
 
科学新聞   2014年7月   [新聞・雑誌]
東北大学金属材料研究所・超低損失ナノ結晶軟磁性材料研究開発センターの竹内章副センター長らの研究グループはこのほど、既存材料をはるかにしのぐ高講和磁束密度や低鉄損といった優れた磁気特性を持つナノ結晶合金を開発、その製造技術にメドを付けた。「東北発素材技術先導プロジェクト」における3テーマの1つ、超低損失磁心材料技術領域における成果で、磁心の小型化とともに電力伝送の大幅なロス削減や家電製品の消費電力低減に大きく貢献するものと期待される。
 
日経産業新聞   2014年7月   [新聞・雑誌]
東北大学の竹内章特任教授らは、モーターや変圧器の電力損失を大幅に減らす材料を開発した。鉄やコバルト、ケイ素、ホウ素、リン、銅でできた合金=写真は同特任教授提供=で、結晶の大きさを平均で25ナノ(ナノは10億分の1)メートルに抑えることで性能を高めた。モーターや変圧器の鉄心に使うと、送電網や家電製品の消費電力を抑えられるという。今年中に試験提供する予定だ。
開発した合金はまず、分子や原子が不規則に並ぶアモルファス(非晶質)の状態をつくった。その後、熱を加えて結晶化した。研究グループは処理方...
 
東北大学2014年プレスリリース   2014年6月   [その他]
東北大学「東北発素材技術先導プロジェクト」の超低損失磁心材料技術領域では、既存材料
を凌駕する高飽和磁束密度や低鉄損等の優れた磁気特性を有するナノ結晶合金を新たに開発
し、その製造技術に目処をつけました。詳細な材料組成検討により開発された軟磁性ナノ結晶
合金は、厚さ約 40 m、幅は最大 120 mm の薄帯形状に直接連続鋳造されます。このナノ結
晶合金薄帯で作製される磁心(トランスやモータ等に用いられる鉄心)は超低損失特性を示し、
電力伝送の大幅なロス削減や家電製品の消費電力低減に大き...
 
日刊工業新聞   1995年1月   [新聞・雑誌]
【仙台】東北大学金属材料研究所の井上明久教授、増本健教授、竹内章助手らは二十五日、最大エネルギー積が現在使用されているアルニコ磁石の約三倍、希土類磁石(サマリウム・コバルト磁石)にほぼ匹敵し、しかも安価な鉄を主成分(九〇%)とする鉄・ネオジム・ボロン系の新タイプの高性能永久磁石材料を開発したと発表した。新磁石材料は、液体から急速に冷却して得たアモルファス合金を加熱して一部分を結晶化することで、ナノスケールの鉄、鉄・ネオジム・ボロン化合物(磁石強磁性相)、アモルファス相の三相が微細に、しかも...

その他

 
 
ベリリウム銅合金代替材料の開発
 
 
高機能複合化金属ガラスを用いた革新的部材技術開発
 
 
 
ナノメタル技術プロジェクト 実用金属材料分野ナノメタル技術開発
 
 
「高機能・高精度省エネ加工型金属材料(金属ガラス)成形加工技術」