言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 紅谷 昇平
 

紅谷 昇平

 
アバター
研究者氏名紅谷 昇平
 
ベニヤ ショウヘイ
通称等の別名紅谷
URLhttp://beniya-lab.webnode.jp/
所属兵庫県立大学
部署大学院 減災復興政策研究科
職名准教授
学位博士(工学)(神戸大学), 修士(工学)(京都大学), 修士(経済学)(神戸大学)
J-Global ID200901009561503252

研究キーワード

 
災害マネジメント ,危機管理 ,統合リスクガバナンス ,都市経営・地域経営 ,地域経済復興 ,まちづくり

研究分野

 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画 / 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 安全工学 / 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学 / 

経歴

 
2024年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院減災復興政策研究科 准教授 
 
2016年4月
 - 
2024年3月
兵庫県立大学 大学院減災復興政策研究科(防災教育研究センター兼任) 准教授 
 
2013年4月
 - 
2016年3月
神戸大学 社会科学系教育研究府(大学院国際協力研究科兼任) 特命准教授 
 
2010年4月
 - 
2013年3月
公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構 人と防災未来センター 研究部 研究主幹 
 
2007年4月
 - 
2010年3月
財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構 人と防災未来センター 研究部 研究員、主任研究員 
 

学歴

 
 
 - 
2012年
神戸大学大学院 経済学研究科 修士課程修了 
 
 
 - 
2006年
神戸大学 大学院自然科学研究科 地球環境科学専攻 博士後期課程修了
 
 
 - 
1996年
京都大学 大学院工学研究科 環境地球工学専攻 博士前期課程修了
 
 
 - 
1994年
京都大学 工学部 建築学科 卒業
 

委員歴

 
2023年4月
 - 
現在
内閣府(防災)  「防災スペシャリスト養成」企画検討会委員
 
2022年
 - 
現在
大阪府  大阪府地方港湾審議会
 
2022年
 - 
現在
兵庫県  兵庫県新型インフルエンザ等対策有識者会議
 
2022年
 - 
現在
日本都市計画学会  防災特別委員会 第一部会
 
2021年4月
 - 
現在
日本都市計画学会関西支部  総務委員会 副委員長
 

受賞

 
2023年5月
地域安全学会, 2022 年地域安全学会年間優秀論文賞,水害被災市町村の応急対応に対する当該都道府県による人的視点の役割
紅谷昇平 
 
2017年3月
一般社団法人日本建築協会, 創立100周年記念表彰受賞
紅谷昇平 
 
2016年6月
Humanitarian Technology: Science, Systems and Global Impact, HumTech 2016, Best Paper Award for Technical Excellence,Analyzing National Disaster Response Framework and Inter-Organizational Network of the 2015 Nepal/Gorkha Earthquake
Mizan Bustanul Fuady Bisria Shohei Beniya 
 
1996年7月
震災復興・実態調査ネットワーク, 第1回被災実態学生発表会 震災復興・実態調査ネットワーク大賞受賞,阪神・淡路大震災における地域施設の避難所的利用に関する研究 −神戸市・芦屋市の事例調査から−
紅谷昇平 
 

論文

 
 
安藤 ゆかり   紅谷 昇平   
日本災害情報学会第28 回学会大会予稿集   71-72   2024年3月   
 
本莊 雄一   青田 良介   紅谷 昇平   今石 佳太   張 勱   赤松 崇志   
自然災害科学   42(4) 337-356   2024年2月   [査読有り]
 
和田広大   紅谷昇平   諌山憲司   
日本災害医学会雑誌   29(1) 1-7   2024年1月   [査読有り]
 
本莊雄一   青田良介   紅谷昇平   今石佳太   張勱   
地域安全学会論文集   43 225-235   2023年11月   [査読有り]
 
黒宮マキ子   紅谷昇平   
地域安全学会論文集   43 115-124   2023年11月   [査読有り]

MISC

 
 
紅谷 昇平   
2023年度日本建築学会大会(近畿)都市計画部門パネルディスカッション資料   33-34   2023年9月   
 
紅谷 昇平   
2023年度日本建築学会大会(近畿)建築法制部門研究協議会資料   51-52   2023年9月   
 
紅谷昇平   
三菱UFJリサーチ&コンサルティング、宮城県気仙沼市「気仙沼 復興を超えて世界とつながる豊かなローカルへ ~自治体とシンクタンクが歩んだ10年~」   213-214   2022年3月   [招待有り]
 
紅谷昇平   
西予市「平成30年7月豪雨における住民向け災害記録誌」   77   2021年10月   
 

書籍等出版物

 
 
消防防災科学センター(担当:分担執筆, 範囲:「被災自治体への人的支援の必要性と課題」pp.7-15)
消防防災科学センター   2024年2月   
 
日本災害復興学会(担当:分担執筆, 範囲:「企業の事業継続(BCP、BCM)」pp.110-111)
朝倉書店   2023年9月   (ISBN:9784254500363)
 
兵庫県立大学防災教育研究センター(担当:分担執筆, 範囲:代表編集、分担執筆「災害で命を落とすリスクはどのくらい大きいのか?」pp.42-45,紅谷昇平「男女共同参画と防災-災害時,女性が抱える問題を考える-」pp.59-61,紅谷昇平「防災教育プログラムに対する学生の意見・評価-受講生へのアンケート調査結果」pp.98-114)
神戸新聞総合出版センター   2022年3月   (ISBN:9784343011541)
 
日本自然災害学会(担当:分担執筆, 範囲:「災害対応」pp.516-517)
丸善出版   2022年1月   (ISBN:9784621306642)
 
神戸大学出版会   2019年3月   

講演・口頭発表等

 
 
黒宮マキ子   紅谷昇平   
兵庫県立大学・知の交流シンポジウム2023   2023年9月   
 
紅谷昇平   
第6回日本リンパ浮腫学会総会シンポジウム   2023年3月   [招待有り]
 
駒田大地   紅谷昇平   
兵庫県立大学・知の交流シンポジウム2022   2022年9月   
 
紅谷昇平   
令和4年度河川情報センター研究助成成果報告会   2022年5月   
 

担当経験のある科目(授業)

 
2023年4月
 - 
現在
減災復興研究2 (兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 博士後期課程)
2023年4月
 - 
現在
特別研究Ⅱ (兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 博士前期課程)
2023年4月
 - 
現在
特別研究Ⅰ (兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 博士前期課程)
2022年4月
 - 
現在
減災復興ガバナンス論 (兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 博士後期課程)
2022年4月
 - 
現在
減災復興研究1 (兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 博士後期課程)

所属学協会

 
2023年4月
 - 
現在
日本計画行政学会
2021年11月
 - 
現在
日本災害医学会
 
   
 
日本危機管理防災学会(旧・日本自治体危機管理学会)
 
   
 
日本災害復興学会
 
   
 
日本不動産金融工学学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
自治体の災害対応をサポートする知識データベースの構築とAIチャットボットの活用
公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構: 研究調査助成事業
紅谷昇平 
研究期間: 2024年7月 - 2026年3月
 
巨大災害対応における被災市町村のシームレスな支援人員受入モデルの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
紅谷 昇平 
研究期間: 2022年4月 - 2026年3月
 
水害被災市町村に対する都道府県の支援体制
一般財団法人河川情報センター: 研究助成
紅谷昇平 
研究期間: 2019年11月 - 2021年10月
 
業務商業地区の防災活動における産官民連携手法の開発
公益財団法人関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団: 試験研究助成
紅谷昇平 
研究期間: 2020年4月 - 2021年3月
 
巨大災害を迎え撃つ防災計画体系の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
越山 健治 澤田 雅浩 紅谷 昇平 牧 紀男 永松 伸吾 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月