言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 桜井 一
 

桜井 一

 
アバター
研究者氏名桜井 一
 
サクライ ハジメ
URL
所属兵庫県立大学
部署理学研究科 生体物質化学Ⅱ講座
職名助教
学位博士(理学)(東京大学)
科研費研究者番号00796732
J-Global ID201801005677937742

研究キーワード

 
細胞生物学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 

経歴

 
2023年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 理学研究科 生体物質化学Ⅱ講座 助教 
 
2022年4月
 - 
2023年3月
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 病態細胞生物学分野 プロジェクト助教 
 
2021年6月
 - 
2022年3月
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 助教 
 
2017年4月
 - 
2021年5月
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 病態細胞生物学分野 プロジェクト助教 
 
2016年12月
 - 
2017年3月
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 病態細胞生物学分野 特任助教 
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2014年3月
東京大学大学院 理学系研究科 生物科学専攻
 
2007年4月
 - 
2009年3月
東京大学大学院 理学系研究科 生物科学専攻
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学 理学部 生物科学科
 
2003年4月
 - 
2005年3月
東京大学 理科Ⅱ類 
 

論文

 
 
Satoru Torii   Satoko Arakawa   Shigeto Sato   Kei-Ichi Ishikawa   Daisuke Taniguchi   Hajime Tajima Sakurai   Shinya Honda   Yuuichi Hiraoka   Masaya Ono   Wado Akamatsu   Nobutaka Hattori   Shigeomi Shimizu   
EMBO molecular medicine   e17451   2023年8月   [査読有り]
Parkinson's disease (PD) is a common neurodegenerative disorder that results from the loss of dopaminergic neurons. Mutations in coiled-coil-helix-coiled-coil-helix domain containing 2 (CHCHD2) gene cause a familial form of PD with α-Synuclein agg...
 
Hajime Tajima Sakurai   Hidefumi Iwashita   Satoko Arakawa   Alifu Yikelamu   Mizuki Kusaba   Satoshi Kofuji   Hiroshi Nishina   Munetaka Ishiyama   Yuichiro Ueno   Shigeomi Shimizu   
iScience   26(7) 107218-107218   2023年7月   [査読有り]
 
Kanae Sasaki   Takuya Adachi   Fumi Morishita   Marika Toide   Yuto Watanabe   Hajime Tajima Sakurai   Sadao Wakabayashi   Satoshi Kusumi   Toshiyuki Yamaji   Kaori Sakurai   Daisuke Koga   Kentaro Hanada   Masafumi Yohda   Hiderou Yoshida   
   2023年5月   
Abstract

The Golgi stress response is an important cytoprotective system that enhances Golgi function in response to cellular demand, while cells damaged by prolonged Golgi stress undergo cell death to ensure the survival of organisms. OSW-1, a n...
 
Kanae Sasaki   Miyu Sakamoto   Iona Miyake   Reishi Tanaka   Ryuya Tanaka   Azusa Tanaka   Misaki Terami   Ryota Komori   Mai Taniguchi   Sadao Wakabayashi   Hajime Tajima Sakurai   Hiderou Yoshida   
   2023年5月   
Abstract

The Golgi stress response is a homeostatic mechanism that augments Golgi function when Golgi function becomes insufficient (Golgi stress). Glycosylation of the core proteins of proteoglycans is one of the important functions of the Golgi...
 
TATSUYA IWAMOTO   SHIGEOMI SHIMIZU   HAJIME TAJIMA-SAKURAI   HIROFUMI YAMAGUCHI   YUYA NISHIDA   SATOKO ARAKAWA   HIROTAKA WATADA   
Juntendo Medical Journal   69(1) 42-49   2023年   [査読有り]

MISC

 
 
桜井一   荒川聡子   清水重臣   
月刊『光アライアンス』   34(9) 6-9   2023年9月   

講演・口頭発表等

 
 
桜井 一   岩下秀文   荒川聡子   Alifu Yikelamu   仁科博史   石山宗孝   上野右一郎   清水重臣   
第44回日本分子生物学会年会   
 
桜井一   
2019年度・2020年度難治疾患研究所研究発表会   2021年3月10日   
 
桜井一   
第3回新学術領域「オルガネラ・ゾーン」若手の会   2020年12月   
 
桜井 一   清水 重臣   
新学術領域オルガネラゾーン班会議   2019年5月27日   
 
桜井 一   清水 重臣   
新学術領域オルガネラゾーン若手の会   2019年1月24日   

所属学協会

 
 
 - 
現在
分子生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ゴルジ体トランス層のもつダイナミックな新規機能の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
桜井 一 
研究期間: 2021年4月 - 2023年3月
 
新規開発低分子化合物による生体内オートファジーの可視化
東京医科歯科大学難治疾患研究所: 2020年度難治疾患研究所基礎研究奨励費
桜井一 
研究期間: 2020年4月 - 2021年3月
 
新規開発低分子化合物による生体内オートファジーの可視化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
桜井 一 
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月
 
RAB5のエフェクター解析から迫る植物のエンドソーム成熟機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
桜井 一 
研究期間: 2009年 - 2011年
 
ゴルジ体トランス層のもつダイナミックな新規機能の解析
文部科学省/日本学術振興会: 
桜井 一 桜井 一 

社会貢献活動

 
 
【寄稿】
日本ケミカルバイオロジー学会 Chemical Biology 2023年 - 2023年
 
【助言・指導】
東京医科歯科大学 2019年8月21日
私立桜蔭高等学校学生に対し,研究内容の実演・紹介を実施した.
 
【寄稿】
日本ケミカルバイオロジー学会 Chemical Biology 2016年 - 2016年

メディア報道

 
 
日経産業新聞   007   2023年2月   [新聞・雑誌]
 
日本経済新聞電子版   2023年1月   [インターネットメディア]