言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 田中 更沙
 

田中 更沙

 
アバター
研究者氏名田中 更沙
 
タナカ サラサ
URL
J-Global ID202001018798806567

研究キーワード

 
臨床栄養学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 環境人間学部 食環境栄養課程 助教 
 

受賞

 
2020年1月
第23回日本病態栄養学会年次学術集会, 若手研究独創賞
 

論文

 
 
Naoko Suga   Akira Murakami   Hideyuki Arimitsu   Kazuya Shiogama   Sarasa Tanaka   Mikiko Ito   Yoji Kato   
Journal of clinical biochemistry and nutrition   69(1) 61-67   2021年7月
Inflammatory bowel diseases, including Crohn's disease and ulcerative colitis, are chronic inflammatory disorders associated with oxidative stress. The intestines produce 5-hydroxytryptamine that may negatively affect disease state under inflammat...
 
Mariko Tani   Sarasa Tanaka   Chihiro Oeda   Yuichi Azumi   Hiromi Kawamura   Motoyoshi Sakaue   Mikiko Ito   
Journal of clinical biochemistry and nutrition   68(1) 23-31   2021年1月
Vascular calcification is major source of cardiovascular disease in patients with chronic kidney disease. Hyperphosphatemia leads to increased intracellular phosphorus influx, which leads to an increase in osteoblast-like cells in vascular smooth ...
 
Mariko Tani   Sarasa Tanaka   Kana Takamiya   Yoji Kato   Gaku Harata   Fang He   Motoyoshi Sakaue   Mikiko Ito   
Journal of clinical biochemistry and nutrition   67(3) 283-289   2020年11月   [査読有り]
Vascular calcification progresses under hyperphosphatemia, and represents a risk factor for cardiovascular disease in chronic kidney disease (CKD) patients. We recently indicated that phosphorus (P) fluctuations also exacerbated vascular calcifica...
 
Keisuke Kawamoto   Masae Sakuma   Sarasa Tanaka   Masashi Masuda   Mari Nakao-Muraoka   Yuki Niida   Yurino Nakamatsu   Mikiko Ito   Yutaka Taketani   Hidekazu Arai   
Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   72 110694-110694   2020年4月   [査読有り]
OBJECTIVE: The ratio of dietary carbohydrate to fat may affect phosphorus metabolism because both calcium and phosphorus are regulated by similar metabolic mechanisms, and a high-fat diet (HFD) induces deleterious effects on the absorption of diet...
 
Mariko Tani   Sarasa Tanaka   Kana Takamiya   Motoyoshi Sakaue   Mikiko Ito   
Journal of clinical biochemistry and nutrition   66(2) 139-145   2020年3月
Cardiovascular disease is a major cause of death among hemodialysis patients. Hyperphosphatemia induces cardiovascular disease through vascular endothelial dysfunction and calcification. Repetition of a short-term excessive-phosphorus (P) diet cau...

MISC

 
 
坂本 薫   田畑 尚子   森井 沙衣子   田中 更沙   北元 憲利   Kaoru SAKAMOTO   Naoko TABATA   Saeko MORII   Sarasa TANAKA   Noritoshi KITAMOTO   
兵庫県立大学環境人間学部研究報告   (19) 63-72   2017年   
 
伊藤 美紀子   田中 更沙   
Clinical Calcium   26(3) 375-383   2016年2月   
骨粗鬆症をはじめとした骨疾患では、栄養や食習慣と深い関連があり、その予防ならびに改善において栄養を抜きにして考えることはできない。我が国は2007年に超高齢社会に突入しており、さらなる骨粗鬆症患者の増加が懸念されている。骨粗鬆症と栄養、特にカルシウムとの関係は一般の認知度が高いにもかかわらず、栄養摂取の目標達成には全く至っていない。また、過去の病気と思われていた小児のビタミンD欠乏性くる病が、妊産婦のビタミンD欠乏、母乳栄養の推奨、乳児期の日光への曝露不足などから増加傾向にある。骨疾患予防...
 
田中 更沙   伊藤 美紀子   
Clinical Calcium   25(7) 1057-1062   2015年6月   
腎性骨症は慢性腎臓病(CKD)またはその治療に伴い起こる骨組織障害の総称であり、腎機能の低下に伴うミネラル代謝異常により骨代謝に異常をきたす病態である。ミネラル代謝異常改善のため、P、Caの管理が重要であることが明らかとなっている。CKD患者における特徴的な栄養障害としてprotein-energy wasting(PEW)が知られており、生命予後と強く関連する。このようにCKD患者において食事療法は治療において大きな役割を占めており、腎性骨症においてもP、Caの管理および全身の栄養状態の...

所属学協会

 
 
   
 
日本動脈硬化学会
 
   
 
日本栄養改善学会
 
   
 
日本病態栄養学会
 
   
 
日本栄養・食糧学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
リン/マグネシウム比に着目した透析患者における低栄養予防のための新規栄養療法開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
伊藤 美紀子 田中 更沙 加藤 陽二 坂上 元祥 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
末期腎不全における血管と腸内環境のリン連関メカニズムの解明と新規栄養療法への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
坂上 元祥 伊藤 美紀子 中出 麻紀子 田中 更沙 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
リフィーディングシンドロームにおけるRFS Indexの確立と栄養療法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
田中 更沙 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
骨・血管連関新規リン調節分子による異所性石灰化機序解明とCKD栄養療法への展開
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
伊藤 美紀子 田中 更沙 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
FGF23と血管内皮機能をマーカーとする糖尿病末期腎症のリン管理プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
坂上 元祥 伊藤 美紀子 新田 陽子 田中 更沙 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月