言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 湯本 高行
 

湯本 高行

 
アバター
研究者氏名湯本 高行
 
ユモト タカユキ
URLhttps://sites.google.com/view/yumotolab/
所属兵庫県立大学
部署社会情報科学部
職名准教授
学位博士(情報学)(京都大学)
J-Global ID200901000308952299

研究キーワード

 
Webマイニング ,データベース ,情報検索

研究分野

 
  • 情報通信 / ウェブ情報学、サービス情報学 / ウェブマイニング

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 社会情報科学部 准教授 
 
2007年4月
 - 
2020年3月
兵庫県立大学 大学院工学研究科 助教 
 

学歴

 
 
 - 
2007年
京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻
 

論文

 
 
川原 敬史   橋口 友哉   湯本 高行   大島 裕明   
電子情報通信学会論文誌D 情報・システム   J105-D(5) 322-336   2022年5月   [査読有り]
本研究では,事故の概要を説明したテキストを入力として,当事者が受けた傷病の程度を推定する手法を提案する.入力の対象とするテキストは,数文程度の文書を想定している.機械学習による分類問題を解くことで,その入力に該当する傷病の程度を推定するというのが提案手法の構成となる.本研究で利用するデータは,事故情報データバンクシステムで公開されている事故データである.入力として用いるのは「事故の概要」項目に記載されたテキストである.提案手法では,入力テキストを汎用言語モデルBERTを利用して分散表現とし...
 
Yuya Koyama   Takayuki Yumoto   Teijiro Isokawa   Naotake Kamiura   
Proceedings of the 13th International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication, IMCOM 2019, Phuket, Thailand, January 4-6, 2019   996-1005   2019年   [査読有り]
 
飯塚翔   湯本高行   新居学   上浦尚武   
電子情報通信学会論文誌 D(Web)   J101-D(4) 681‐689 (WEB ONLY)   2018年4月   
 
International Journal of Biomedical Soft Computing and Human Sciences   22(1) 9-18   2017年   [査読有り]
 
Sho Iizuka   Takayuki Yumoto   Manabu Nii   Naotake Kamiura   
Proceedings of the 12th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, National Center of Sciences, Tokyo, Japan, June 7-10, 2016      2016年   [査読有り]

MISC

 
 
松本直彰   湯本高行   山本岳洋   大島裕明   
第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム      2022年3月
 
川原敬史   湯本高行   大島裕明   
第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム      2022年3月
 
井口勝太   湯本高行   
第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム      2022年3月   
 
本白水健輔   湯本高行   
第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム      2022年3月   
 
松本直彰   湯本高行   山本岳洋   大島裕明   大島裕明   
電子情報通信学会技術研究報告(Web)   121(176(DE2021 12-14))    2021年9月

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
情報の詳細関係に基づくWebページの組織化科学研究費 若手研究(B)
湯本 高行 
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月
 
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月