言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 出口 智広
 

出口 智広

 
アバター
研究者氏名出口 智広
 
デグチ トモヒロ
URLhttp://www.u-hyogo.ac.jp/rrm/
所属兵庫県立大学
部署地域資源マネジメント研究科
職名准教授
学位博士(農学)(北海道大学)
J-Global ID200901004664965023

研究キーワード

 
再導入生物学 ,保全生態学 ,海洋生態学 ,比較内分泌学 ,行動生態学 ,Marine Ecology ,Comparative Endocrinology ,Behavioural Ecology

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学 / 
  • 環境・農学 / 生物資源保全学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
兵庫県立大学大学院 地域資源マネジメント研究科 准教授 
 
2017年7月
 - 
2019年3月
公益財団法人山階鳥類研究所 保全研究室 室長 
 
2005年4月
 - 
2017年6月
公益財団法人山階鳥類研究所  研究員 
 

学歴

 
 
 - 
2004年
北海道大学 農学研究科 環境資源学
 

委員歴

 
2017年1月
 - 
現在
認定NPOバードリサーチ運営委員
 
2014年4月
 - 
現在
日本鳥学会誌編集委員会委員
 
2011年4月
 - 
現在
環境省POPsモニタリング検討会委員
 
2011年4月
 - 
2020年12月
日本鳥学会鳥類保護委員会委員
 
2009年4月
 - 
2019年3月
山階鳥類学雑誌編集委員
 

受賞

 
2010年
米国魚類野生生物局, Recovery Champion Award
出口 智広 
 

論文

 
 
Rachael A. Orben   Josh Adams   Michelle Hester   Scott A. Shaffer   Robert M. Suryan   Tomohiro Deguchi   Kiyoaki Ozaki   Fumio Sato   Lindsay C. Young   Corey Clatterbuck   Melinda G. Conners   David A. Kroodsma   Leigh G. Torres   
Journal of Applied Ecology   2021年3月   [査読有り]
 
Kosuke Tanakaa, Jan A.van Franeker, Tomohiro Deguchi, Hideshige Takada   
Marine Pollution Bulletin   145 36-412019年5月   [査読有り]
 
Kazama Kentaro   Harada Tomoko   Deguchi Tomohiro   Suzuki Hajime   Watanuki Yutaka   
ORNITHOLOGICAL SCIENCE   18(1) 27-372019年1月   [査読有り]
 
Rei Yamashita   Hideshige Takada   Arisa Nakazawa   Akinori Takahashi   Motohiro Ito   Takashi Yamamoto   Yuuki Y   Watanabe   Nobuo Kokubun   Katsuwfumi Sato   Sarah Wanless   Francis Daunt   David Hyrenbach   Michelle Hester   Tomohiro Deguchi   Bungo Nishizawa   Akiko Shoji   Yutaka Watanuki   
Archives of Environmental Contamination and Toxicology   75(4) 545-5562018年4月   [査読有り]
 
Rachael A. Orben   Amelia J. O'Connor   Robert M. Suryan   Kiyoaki Ozaki   Fumio Sato   Tomohiro Deguchi   
Endangered Species Research   35 23-372018年   [査読有り]
The ability of juveniles of wide-ranging species to locate distant foraging regions can rely on innate or learned information. Reliance on innate cues could be problematic when conservation actions facilitate reintroduction. In the North Pacific, ...

MISC

 
 
出口 智広   
遺伝   71 376-3812017年   
 
 
出口智広   
遺伝   62 79-832008年   
 
出口智広   綿貫豊   
水産海洋研究   69 62-62   

書籍等出版物

 
 
上田, 恵介, 田中, 啓太, 伊澤, 栄一, 森本, 元, 相馬, 雅代, 三上, かつら, 関, 伸一, 齋藤, 武馬, 杉田, 典正, 泉, 洋江, 久井, 貴世, 江田, 真毅, 田中, 康平, 綿貫, 豊, 出口, 智広, 笠原, 里恵, 森, さやか(環境学), 森口, 紗千子, 浅井, 芝樹, 佐藤, 雪太(担当:共著)
一色出版,悠書館 (発売)      2019年11月   (ISBN:9784910389080)
 
京都大学学術出版会      2009年   (ISBN:9784876987771)   
 
日本放送出版協会      2006年   (ISBN:4140811056)   

所属学協会

 
 
   
 
Pacific Seabird Group
 
   
 
日本動物行動学会
 
   
 
日本鳥学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
コウノトリ再導入個体群における繁殖個体への加入要因の生態学的検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
出口 智広 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
研究期間: 2017年10月 - 2020年9月
 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月