言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 鳥塚 史郎
 

鳥塚 史郎

 
アバター
研究者氏名鳥塚 史郎
 
トリヅカ シロウ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/60354271.ja.html
所属兵庫県立大学大学院
部署工学研究科
職名教授
学位博士(工学)(東京大学)
J-Global ID201501018497205282

プロフィール

昭和 58 年 3 月 東京大学工学部金属材料学科卒業
昭和 60 年 3 月 東京大学大学院工学系研究科修士課程金属工学専攻修了
平成 6 年 3 月 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了博士(工学)
昭和 60 年 4 月 日本鋼管株式会社入社
平成 8 年 11 月 科学技術庁金属材料技術研究所
平成 14 年 4 月 物質・材料研究機構 主席研究員
同材料信頼性センター 材料創製・信頼性グループリーダー
平成 20 年 10 月 同材料創製・加工ステーション長
平成 26 年 1 月 兵庫県立大学大学院工学研究科 教授
おもな受賞
平成16年3月 日本金属学会功績賞
平成20年5月 日本塑性加工学会会田技術奨励賞
平成21年9月 日本金属学会論文賞
平成23年3月 日本鉄鋼協会学術貢献賞三島賞
平成25年11月 つくば奨励賞
平成26年4月 文部科学大臣表彰科学賞
1997年以来、一貫して超微細粒の研究を行い、サポインやJSTプロジェクトでリーダーを務めてきた。超微細粒鋼の高強度精密ねじとしての実用化を世界で初めて達成した。

研究キーワード

 
Ti合金 ,高強度鋼 ,ハイテン ,Mn ,準安定オーステナイト ,高降伏点 ,結晶粒超微細化 ,高降伏点化 ,非磁性 ,SUS304 ,結晶粒微細化 ,温間加工

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 材料加工、組織制御 / 結晶粒超微細化 高強度鋼

経歴

 
2016年1月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院工学研究科材料・放射光工学専攻 教授 
 
2013年4月
 - 
2015年12月
独立行政法人物質・材料研究機構 材料創製・加工ステーション長 ステーション長 
 
2002年4月
 - 
2013年12月
独立行政法人 物質・材料研究機構 材料信頼性センター 材料創製・信頼性グループ 主席研究員 グループリーダー 
 
1996年11月
 - 
2002年3月
科学技術庁金属材料技術研究所 超鉄鋼研究センター 主官研究員 
 
1985年4月
 - 
1996年10月
日本鋼管株式会社 中央研究所 総合材料技術研究所 主任研究員 
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1994年3月
東京大学 大学院工学系研究科博士課程 先端学際工学専攻 博士(工学)
 
1983年4月
 - 
1985年3月
東京大学 大学院工学系研究科 修士課程金属工学専攻
 
1979年4月
 - 
1983年3月
東京大学 工学部 金属材料学科
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
二本鉄鋼協会  講演大会プログラム編成会議 委員
 

受賞

 
2019年9月
日本金属学会, 第17回学術貢献賞,結晶粒超微細化の基礎研究と実用化に関する研究
鳥塚 史郎 
 
2019年3月
日本鉄鋼協会, 学術功績省,結晶粒超微細化の基礎研究と実用化
鳥塚 史郎 
 
2014年4月
文部科学省, 文部科学大臣表彰科学賞,超微細粒鋼のねじとしての実用化
鳥塚 史郎 
 
2013年11月
茨城県科学技術振興財団, つくば奨励賞,超微細粒鋼のねじとしての実用化
鳥塚 史郎 
 
2012年10月
一般財団法人 素形材センター, 素形材産業技術賞奨励賞,超微細粒組織をもつ高強度グリーンねじの開発と実用化
鳥塚史郎 村松 榮次郎 材料研究機構 鈴木 由幸 三枝 良一 澤田 斉 森川 勉 
 

論文

 
 
鳥塚史郎   
ふぇらむ   24(8) 518‐5242019年8月   
 
 
井上達央   鳥塚史郎   
鋳造工学   91(6) 343‐3482019年6月   
 
安達節展   鳥塚史郎   足立大樹   伊東篤志   
鉄と鋼   105(2) 197-2062019年2月   [査読有り]
 
前田晃宏   鳥塚史郎   足立大樹   
自動車技術会論文集   49(4) 856-8612018年7月   [査読有り]
過去の研究では,Mn添加量の増加による引張強さと一様延性が増大する原因が明らかでなかった.そこで,本研究では組織観察や転位密度の測定を行い,加工硬化能との関係について調査し,以下の結論を得た.<br />
(1) Mnの添加量を増加すると,加工硬化能が向上した.よって,引張強さと一様延性が同時に向上したのは,加工硬化能が向上したからであると見出した.<br />
(2) Mnの添加量が増加するにつれてブロック幅が減少した.<br />
(3) 転位密度が1.5Mnにおいて最高荷重点に達する...

MISC

 
 
Shun Furukane   Shiro Torizuka   
Tetsu-To-Hagane/Journal of the Iron and Steel Institute of Japan   105 827-8362019年1月   
© 2019 Iron and Steel Institute of Japan. All rights reserved. SUS316L is generally believed as a stable austenitic stainless steel, but strain-induced martensitic transformation can occur when large deformation is given. The predominant mechanism...
 
鳥塚 史郎   
Voice   (330) 17-222005年6月   
 
長井寿   大森章夫   鳥塚史郎   井上忠信   
西山記念技術講座   177th-178th 109-1292002年10月   
 
Shlro Torizuka   Kazuya Yabuta   Hitoaki Nishio   
ISIJ International   29(9) 734-7391989年   
Sinter+HIP which is the most common HIP method is composed of sintering and HIPing processes. Both are performed separately and continuatively in two furnaces. On the other hand, in Sinter/HIP, sintering and HIPing is performed in one furnace. The...
 
Shlro Torizuka   Kazuya Yabuta   Hitoaki Nishio   
ISIJ International   29(9) 734-7391989年   
Sinter+HIP which is the most common HIP method is composed of sintering and HIPing processes. Both are performed separately and continuatively in two furnaces. On the other hand, in Sinter/HIP, sintering and HIPing is performed in one furnace. The...

書籍等出版物

 
 
鳥塚 史郎, 高木 節雄, 瀬沼 武秀
エヌ・ティー・エス      2016年   (ISBN:9784860434533)   

講演・口頭発表等

 
 
バフ研磨技術のデジタル化・見える化―匠の技プロジェクト報告 2―
鳥塚史郎   松澤正明   松井康明   矢内俊一   
塑性加工連合講演会講演論文集   2019年9月25日   
 
単結晶純鉄の静的再結晶挙動に及ぼす塑性変形の影響の検討
横谷圭亮   LUO Zichao   山中晃徳   中川佑貴   吉野雅彦   鳥塚史郎   伊東篤志   
塑性加工連合講演会講演論文集   2019年9月25日   
 
Ti‐17合金の動的再結晶に及ぼす熱間多方向加工の影響
伊東篤志   鳥塚史郎   
塑性加工連合講演会講演論文集   2019年9月25日   
 
純鉄多結晶材の変形組織に生じるひずみ不均一性の検討
永島史悠   中川佑貴   吉野雅彦   伊東篤志   鳥塚史郎   
塑性加工連合講演会講演論文集   2019年9月25日   
 
オーステナイト系ステンレス鋼の加工誘起変態に及ぼす結晶粒径,転位密度および化学的安定性の影響
出田悠祐   古金駿   鳥塚史郎   
材料とプロセス(CD-ROM)   2019年8月26日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
材料組織学 (兵庫県立大学)
 
   
 
基礎ゼミナール (兵庫県立大学)
 
   
 
マテリアル科学への招待 (兵庫県立大学)
 
   
 
塑性力学 (兵庫県立大学)
 
   
 
機械・材料工学概論 (兵庫県立大学)

所属学協会

 
 
   
 
熱処理技術協会
 
   
 
日本塑性加工学会
 
   
 
日本金属学会
 
   
 
日本鉄鋼協会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
統合型材料開発システムによるマテリアル革命 先端的構造材料・プロセスに対応した逆問題MI基盤の構築
JST科学技術振興機構: 戦略的イノベーション創造プログラムSIP 第二期
鳥塚 史郎 
研究期間: 2018年11月 - 2023年3月
 
革新的構造材料 革新的プロセスを用いた航空機エンジン用耐熱材料創製技術開発
JST科学技術振興機構: 戦略的イノベーション創造プログラムSIP 第一期
鳥塚 史郎 
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月
 
 
 
革新的構造用金属材料創製を目指したヘテロ構造制御に基づく新指導原理の構築
JST科学技術振興機構: 産学共創基盤研究プログラム
鳥塚 史郎 

産業財産権

 
 
 
鳥塚史郎   年裕年裕   今葷倍正名   武智弘   
化学成分組成が質量%で、C:0.05〜0.20%、Si:1.0〜2.2%、Mn:3.0〜5.5%、Al:0.0005〜0.08%で、残部がFe及び不可避不純物である非調質鋼材であって、
組織は、主相がラスマルテンサイトであって、一部に体積分率5%以下の残留オーステナイトからなることを特徴とする強度・延性・靭性に優れた高強度非調質鋼材。
 
花村 年裕   鳥塚 史郎   今葷倍 正名   武智 弘   
 
鳥塚史郎   村松榮次郎   
本発明者は、上記目的を達成するために鋭意研究を進めた結果、所要のスタート材に対して、150〜600℃の範囲内の適切な温度において圧延加工を施すこと、その際、圧延温度に応じてスタート材に対する加工率を60%以上の所要の圧延加工を施すことにより、当該圧延により加工誘起マルテンサイトを生成させることなく非磁性を保持した状態で、目的とする高強度非磁性オーステナイト系ステンレス鋼線、棒鋼又は薄帯鋼を製造することができるとの知見を得た。
さらに、発明者らは、結晶粒の微細化が加工誘起変態の抑制につながる...