言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 山端 直人
 

山端 直人

 
アバター
研究者氏名山端 直人
 
ヤマバタ ナオト
URL
所属兵庫県立大学
部署自然・環境科学研究所
職名教授
学位博士(農学)(京都大学)
科研費研究者番号00503856
J-Global ID202001015249925679

研究分野

 
  • 環境・農学 / 地域環境工学、農村計画学 / 農村計画学、野生動物の被害管理、アクションリサーチ

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 教授 
 

MISC

 
 
 
山端 直人   栗山 武夫   高木 俊   
兵庫ワイルドライフモノグラフ   (10) 46-552018年3月   
 
山端 直人   清野 紘典   鬼頭 敦史   六波羅 聡   
霊長類研究   34(2) 133-1402018年   
<p>Agricultural crop damage caused by Japanese macaques (Macaca fuscata) is a serious problem in Iga City, Mie Prefecture, central Japan. We conducted a long-term study of agricultural damage management and population management of the maca...
 
山端 直人   九鬼 康彰   星野 敏   
農村計画学会誌   34(3) 369-3752015年   
農村の内包する問題の1つが,先に述べた集落機能の低下や活力の低下であり,集落ぐるみの獣害対策が集落活動の1つとして,住民の活力などとも密接な関係性があることから,集落ぐるみの獣害対策を継続することは,集落の課題解決能力や住民関係といった集落機能を向上させる可能性がある。また,獣害対策には単に被害を軽減させる技術的な側面のみではなく,集落の機能向上やコミュニティーの維持といった,地域の力を維持発展させる社会的な価値もあることを示すことは,今後,集落ぐるみの獣害対策を施策として進める上でも有意...
 
山端 直人   鈴木 克哉   
兵庫ワイルドライフモノグラフ   (5) 87-932013年3月   

書籍等出版物

 
 
江口, 祐輔, 上田, 弘則, 堂山, 宗一郎, 山端, 直人, 加瀬, ちひろ, 古谷, 益朗, 山口, 恭弘, 吉田, 保志子, 鈴木, 正嗣
誠文堂新光社      2018年11月   (ISBN:9784416618509)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
鳥獣害の軽減と農山村の活性維持を目的とする野生動物管理学と農村計画学との連携研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
鈴木 正嗣 伊吾田 宏正 江成 広斗 九鬼 康彰 武山 絵美 東口 阿希子 山端 直人 八代田 千鶴 横山 真弓 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
腸内細菌を用いたニホンザル農地依存度の把握と加害レベル判定手法の確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
清野 未恵子 山端 直人 早川 卓志 森光 由樹 半谷 吾郎 福田 伊津子 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月