言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 佐々木 桂奈江
 

佐々木 桂奈江

 
アバター
研究者氏名佐々木 桂奈江
 
ササキ カナエ
URL
所属兵庫県立大学
部署大学院理学研究科
職名准教授
学位博士(農学)(名古屋大学)
科研費研究者番号80752427
J-Global ID201801008998752000

研究キーワード

 
ゴルジ体ストレス応答 ,カルシウム

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院理学研究科 生体物質化学II  准教授 
 
2021年4月
 - 
2022年3月
兵庫県立大学 大学院理学研究科 生体物質化学II 助教 
 
2018年4月
 - 
2021年3月
兵庫県立大学 大学院 生命理学研究科 生体物質化学II講座 助教 
 
2016年4月
 - 
2018年3月
兵庫県立大学 大学院 生命理学研究科 生体物質化学II講座 日本学術振興会特別研究員(PD) 
 
2014年12月
 - 
2018年3月
兵庫県立大学 大学院 生命理学研究科 生体物質化学II講座 客員研究員 
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
名古屋大学  大学院 生命農学研究科 博士課程後期課程
 
2009年4月
 - 
2011年3月
名古屋大学  大学院 生命農学研究科 博士課程前期課程
 
2005年4月
 - 
2009年3月
名古屋大学 農学部 応用生物科学科
 

受賞

 
2020年5月
日本細胞生物学会, 第24回日本細胞生物学会論文賞
 
2014年1月
名古屋大学博士課程教育リーディングプログラムIGER Annual meeting 2013, Annual Research Awards
佐々木桂奈江 
 
2012年10月
第165回日本農芸化学会中部支部例会, 中部支部学術奨励賞
佐々木桂奈江 
 
2012年9月
The 12th European Calcium Society Meeting, Young Fellow
佐々木桂奈江 
 

論文

 
 
Kanae Sasaki-Osugi   Chiaki Imoto   Terunao Takahara   Hideki Shibata   Masatoshi Maki   
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   288(46) 33361-33375   2013年11月   [査読有り]
Background: ALG-2 is present both in the cytoplasm and nucleus, but little is known about its nuclear function. Results: ALG-2 interacts with the SR superfamily protein CHERP and accumulates at nuclear speckles in a Ca2+-dependent manner. Conclusi...
 
Kanae Osugi   Hideki Shibata   Masatoshi Maki   
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   963 187-200   2013年   [査読有り]
Many nonenzymatic cellular proteins exert their functions by interacting with other proteins or -macromolecules. Analysis of the physical interactions of proteins is an important step to understand their functions, and the information obtained is ...
 
Kanae Osugi   Hironori Suzuki   Tomomi Nomura   Yasuo Ariumi   Hideki Shibata   Masatoshi Maki   
JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   151(6) 657-666   2012年6月   [査読有り]
ALG-2 (also named PDCD6) is a 22-kDa Ca2+-binding protein that belongs to the penta-EF-hand family including calpain small subunit and interacts with various proteins such as ALIX and Sec31A at their specific sites containing an ALG-2-binding moti...
 
Yasuo Ariumi   Misao Kuroki   Yukihiro Kushima   Kanae Osugi   Makoto Hijikata   Masatoshi Maki   Masanori Ikeda   Nobuyuki Kato   
JOURNAL OF VIROLOGY   85(14) 6882-6892   2011年7月   [査読有り]
The microRNA miR-122 and DDX6/Rck/p54, a microRNA effector, have been implicated in hepatitis C virus (HCV) replication. In this study, we demonstrated for the first time that HCV-JFH1 infection disrupted processing (P)-body formation of the micro...

MISC

 
 
吉田秀郎   佐々木桂奈江   
Dojin News   (175)    2020年
 
佐々木桂奈江   吉田秀郎   
月刊腎臓内科・泌尿器科   10(2)    2019年
 
 
 
佐々木桂奈江   吉田秀郎   
医学のあゆみ   267(13)    2018年

所属学協会

 
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本細胞生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ゴルジ体ストレス応答の新規応答経路を制御する因子の網羅的同定
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
佐々木 桂奈江 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
O型糖鎖修飾能を強化するゴルジ体ストレス応答の転写制御機構
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究 (B) )
佐々木桂奈江 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
 
初期分泌経路オルガネラにおけるカルシウム恒常性破綻に対するストレス応答制御
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(PD)
佐々木桂奈江 
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
 
カルシウム依存性アダプター蛋白質ALG-2による選択的スプライシング制御
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(DC2-PD)
佐々木桂奈江 
研究期間: 2013年4月 - 2014年12月