言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 宇野 康司
 

宇野 康司

 
アバター
研究者氏名宇野 康司
 
ウノ コウジ
所属兵庫県立大学
部署環境人間学部
職名教授
学位博士(理学)(神戸大学)
科研費研究者番号10510745
J-Global ID201801009422849969

研究キーワード

 
火山学 ,テクトニクス ,地質学 ,岩石磁気学 ,古地磁気学 ,tectonics ,geology ,rock magnetism ,paleomagnetism

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 固体地球科学 / 古地磁気学
  • 自然科学一般 / 固体地球科学 / 岩石磁気学
  • 自然科学一般 / 地球生命科学 / 古地磁気層序学

経歴

 
2022年
 - 
現在
兵庫県立大学 環境人間学部 教授 
 
2018年
 - 
2022年
岡山大学大学院教育学研究科  教授 
 
2011年
 - 
2018年
岡山大学大学院教育学研究科  准教授 
 
2008年
 - 
2011年
岡山大学大学院教育学研究科  講師 
 

論文

 
 
宇野 康司   
地質学雑誌   124 967-981   2018年12月   [査読有り]
 
Katsumi Ueno   Yoshihito Kamata   Koji Uno   Thasinee Charoentitirat   Punya Charusiri   Khamseng Vilaykham   Rossana Martini   
Gondwana Research   61 88-99   2018年9月   [査読有り]
 
Koji Uno   Kuniyuki Furukawa   Yuri Hatanaka   
Physics of the Earth and Planetary Interiors   267 19-30   2017年6月   [査読有り]
To test the hypothesis that southwest Japan was involved in large-scale tectonic movement with southward translation as far as 2000 km with respect to Eurasia during the Cretaceous, we examined Cretaceous paleomagnetic poles from southwest Japan t...
 
Yo-ichiro Otofuji   Yuji T. Moriyama   Maiko P. Arita   Masanari Miyazaki   Kosuke Tsumura   Yutaka Yoshimura   Mustaffa Kamal Shuib   Masatoshi Sone   Masako Miki   Koji Uno   Yutaka Wada   Haider Zaman   
Journal of Asian Earth Sciences   134 130-149   2017年2月   [査読有り]
A primary remanent magnetization is identified in the Jurassic-Cretaceous red bed sandstones of the Tembeling Group in Peninsular Malaysia. This high-temperature magnetic component is unblocked at 680-690 degrees C, revealing a clockwise deflected...
 
Yukiho Tsuchiyama   Haider Zaman   Sieng Sotham   Yos Samuth   Eiichi Sato   Hyeon-Seon Ahn   Koji Uno   Kosuke Tsumura   Masako Miki   Yo-ichiro Otofuji   
Earth and Planetary Science Letters   434 274-288   2016年1月   [査読有り]
Late Jurassic to Early Cretaceous red beds of the Phuquoc Formation were sampled at 33 sites from the Sihanoukville and Koah Kong areas of the Phuquoc-Kampot Som Basin, southwestern Cambodia. Two high-temperature remanent components with unblockin...

講演・口頭発表等

 
 
宇野 康司   森永 速男   
日本地球惑星科学連合2024年大会   2024年5月   
 
Kuniyuki Furukawa   Koji Uno   Yu Horiuchi   Motohiro Tsuboi   
American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting 2023   2023年12月   
 
宇野 康司   尾原 帆香   古川 邦之   金丸 龍夫   
日本地質学会第130年学術大会   2023年9月   
 
Kuniyuki Furukawa   Hiroshi Oka   Motohiro Tsuboi   Tatsuo Kanamaru   Koji Uno   
International Obsidian Conference (IOC) Engaru 2023   2023年7月   
 
古川 邦之   宇野 康司   堀内 悠   壷井 基裕   
日本地質学会第129年学術大会   2022年9月   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
火道内マグマの脱ガスと黒曜石形成過程の解明 : 噴火多様性の理解に向けて
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
古川 邦之 金丸 龍夫 壷井 基裕 宇野 康司 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
黒曜石溶岩における流動と定置過程の精密なモデル化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
古川 邦之 宇野 康司 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
新しい古地磁気記憶媒体として流紋岩溶岩を利用するための研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
宇野 康司 古川 邦之 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
電気伝導度・残留磁化から推定する流紋岩の熱履歴
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
藤田 清士 宇野 康司 古川 邦之 芳野 極 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
パレオテチス収束域における島弧-縁海系の発達・崩壊過程に関する地質学的検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
上野 勝美 黒田 潤一郎 宇野 康司 鎌田 祥仁 久田 健一郎 原 英俊 荒井 章司 チャロエンティティラット タスィニ チャルシリ パンヤ カンパヴォン ケオ ヴィライカム カムセン チャンタヴォンサ ホントン 宮東 照 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月

メディア報道

 
 
 
科学新聞   2019年12月   [新聞・雑誌]