言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 佐川 志朗
 

佐川 志朗

 
アバター
研究者氏名佐川 志朗
 
サガワ シロウ
URLhttps://habitatology.amebaownd.com/
所属兵庫県立大学大学院
部署地域資源マネジメント研究科
職名教授
学位博士(農学)(北海道大学)
その他の所属兵庫県立コウノトリの郷公園
J-Global ID200901024433055246

研究キーワード

 
河川生態学 ,応用生態工学

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 大気水圏科学 / 
  • ライフサイエンス / 生態学、環境学 / 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木環境システム / 
  • 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学 / 
  • 環境・農学 / 生物資源保全学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科/兵庫県立コウノトリの郷公園  教授・研究科長/統括研究部長 
 
2017年4月
 - 
2019年3月
兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科/兵庫県立コウノトリの郷公園  教授/エコ研究部長 
 
2014年4月
 - 
2017年3月
兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科/兵庫県立コウノトリの郷公園  准教授/主任研究員 
 
2012年4月
 - 
2013年3月
兵庫県立大学自然・環境科学研究所/兵庫県立コウノトリの郷公園  准教授/主任研究員 
 
2006年6月
 - 
2012年3月
独立行政法人土木研究所自然共生研究センター  専門研究員、任期付き研究員 
 

学歴

 
 
 - 
1993年3月
北海道大学 水産学部 水産増殖学科
 

委員歴

 
2020年3月
 - 
現在
但馬ふるさとづくり協会  評議員
 
2020年
 - 
現在
応用生態工学会  理事
 
2019年4月
 - 
現在
関東エコロジカルネットワーク推進協議会コウノトリ生息環境調査・評価WG  委員
 
2019年4月
 - 
現在
コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル  域内保全作業部会長
 
2019年4月
 - 
現在
コウノトリ定着推進連絡協議会  アドバイザー
 

受賞

 
2017年11月
Asian Wetland Symposium 2017, Poster award
 
2015年9月
応用生態工学会, 第19回研究発表会ポスター賞
 
2014年9月
応用生態工学会, 第18回研究発表会ポスター賞b
 
2014年9月
応用生態工学会, 第18回研究発表会ポスター賞a
 
2010年
応用生態工学会第14回研究発表会, ポスター賞
佐川 志朗 
 

論文

 
 
田和 康太   佐川 志朗   丸山 勇気   日和 佳政   水谷 瑞希   
野生復帰 = Reintroduction   4(1) 87-93   2016年3月   [査読有り]
 
日和 佳政   藤長 裕平   水谷 瑞希   田和 康太   佐川 志朗   
野生復帰 = Reintroduction   4(1) 29-36   2016年3月   [査読有り]
 
佐川 志朗   田和 康太   萱場 祐一   
野生復帰 = Reintroduction   4(1) 37-53   2016年3月   [査読有り]
 
田和 康太   佐川 志朗   内藤 和明   
野生復帰 = Reintroduction   4(1) 75-86   2016年3月   [査読有り]
 
宮西 萌   德田 理奈子   佐川 志朗   江崎 保男   細谷 和海   
水環境学会誌   39(3) 85-90   2016年   [査読有り]
円山川水系鎌谷川において2014年6月と8月に魚類の採集調査を行なった。4調査地点で6科22種 (亜種を含む) の魚類が採集された。コウノトリの良好な採餌場所の条件として, 生物量と生物多様度が高いことが挙げられる。コウノトリの有用な餌生物は個体数が多く, 止水域を好むことからフナ類と推定した。鎌谷川内の魚種構成は抽水植物が繁茂している環境である中流と上流で大きく異なり, 中流は上流よりも生物多様度が高かった。鎌谷川の魚類個体数の増加をはかるには魚類が自由に移動できる河川の連続性を確保する...

MISC

 
 
Nagayama S   Harada M   Sagawa S   Kayaba Y   
12th International Symposium on Ecohydraulics 2018 Proceedings      2018年   [査読有り]
 
Nagayama S   Harada M   Sagawa S   Kayaba Y   
8th Asian Wetland Symposium 2017 Proceedings   194-195   2018年   [査読有り]
 
佐川志朗   田和康太   根岸淳二郎   萱場祐一   池谷幸樹   久米学   北村淳一   
日本魚類学会年会講演要旨   49th    2016年
 
河瀬芳邦   高柳淳二   中村敏一   末次忠司   岡本誠一郎   尾崎正明   山下洋正   新井小百合   三輪準二   天野邦彦   傅田正利   中村圭吾   中西哲   大寄真弓   矢島良紀   尾嶋百合香   赤松史一   小林草平   中田和義   南山瑞彦   鈴木譲   小森行也   平山孝浩   岡安祐司   久岡夏樹   萱場祐一   皆川朋子   大石哲也   佐川志朗   真田誠至   片野泉   深見和彦   猪股広典   宮本守   RAJAPAKSE Lalith Hemanthe   
土木研究所報告   (222) 49-111   2015年1月   
 
佐川志朗   森誠一   北村淳一   
応用生態工学   15 233-234   2012年12月   

書籍等出版物

 
 
 
 
朝倉書店   2010年1月      
印刷中
 
 
丸善(株)   2009年1月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
河川生態学 (岐阜工業高等専門学校)
 
   
 
環境生物学 (岐阜工業高等専門学校)
 
   
 
地域の環境保全学 (兵庫県立大学)
 
   
 
生態工学 (千葉大学大学院)

所属学協会

 
2019年
 - 
現在
日本爬虫両棲類学会
2014年
 - 
現在
日本陸水学会近畿支部会
2000年
 - 
現在
日本生態学会
1998年
 - 
現在
応用生態工学会
1995年
 - 
現在
日本魚類学会