言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

研究者業績

研究者リスト >> 松田 聡
 

松田 聡

 
アバター
研究者氏名松田 聡
 
マツダ サトシ
URL
所属兵庫県立大学
部署工学研究科
職名准教授
学位博士(工学)(京都大学大学院工学研究科)
科研費研究者番号40316047
J-Global ID202101006435016229

研究キーワード

 
接着 ,高分子 ,疲労

研究分野

 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料 / 疲労,高分子,複合材料,接着

学歴

 
1996年4月
 - 
1999年3月
京都大学大学院博士後期課程 工学研究科 機械工学専攻
 
1994年4月
 - 
1996年3月
京都大学大学院修士課程 工学研究科 エネルギー応用工学専攻
 
1990年4月
 - 
1994年3月
京都大学 工学部 機械工学科
 

委員歴

 
2021年1月
 - 
現在
ISO TC61/SC2 WG7審議責任者
 
2020年7月
 - 
現在
ISO TC61/SC2 国内委員
 
2019年12月
 - 
現在
JIS原案作成本委員会
 
2019年12月
 - 
現在
JIS原案作成分科会委員
 

論文

 
 
Hajime Kishi   Yuki Akamatsu   Masayuki Noguchi   Akira Fujita   Satoshi Matsuda   Hirofumi Nishida   
Journal of Applied Polymer Science   120(2) 745-751   2011年4月
New wood-based epoxy resins were synthesized from alcohol-liquefied wood. Wood was first liquefied by the reaction with polyethylene glycol and glycerin. The alcohol-liquefied wood with plenty of hydroxyl groups were precursors for synthesizing th...
 
藤原 太一   野口 雅幸   赤松 悠紀   西田 裕文   松田 聡   岸 肇   
ネットワークポリマー   33(1) 26-33   2011年
液化溶媒種の異なるアルコール液化木材エポキシ樹脂について,耐熱性および力学物性の関係を調べた。木材液化溶媒として脂肪族アルコールであるポリエチレングリコール(PEG)と芳香族アルコールであるビスフェノールA エチレンオキシド付加物(BPAEO)を比較した。BPAEO は木材液化溶媒として有効であり,PEG と同等以上に木材を液化することが可能であった。BPAEO 液化木材エポキシ樹脂はPEG 液化木材エポキシ樹脂と比べ,高い耐熱性および引張物性を有する。エポキシ樹脂の化学構造中に液化溶媒由...
 
赤松悠紀   藤原太一   野口雅幸   西田裕文   松田聡   岸肇   
ネットワークポリマー   32(2) 83-88   2011年   [査読有り]
 
坂木 博之   高島 瑛太   松田 聡   岸 肇   
日本接着学会誌 = Journal of the Adhesion Society of Japan   46(12) 473-478   2010年12月
異種高分子の組み合わせは一般には相溶性や相互の接着性に乏しいため,これらの多層成形体には界面剥離が生じやすく,単一樹脂成形体より脆性・低強度なものになりがちである。回転成形でも同様,ポリエチレン層とポリプロピレン層の2層成形体は,層間剥離が生じる。しかしながら,これら2層の間に,ポリエチレンとポリプロピレンの混合パウダーを中間層として投入することで,剥離強さが著しく向上することを見出した。また,その中間層のポリエチレンの密度を変化させると,剥離強さが変わることが知られた。この中間層の相構造...
 
Hajime Kishi   Motohiro Nishimura   Kentaro Imai   Atsushi Nagao   Satoshi Matsuda   Yoshiaki Urahama   
Journal of Network Polymer, Japan   31(1) 11-18   2010年   [査読有り][招待有り]

MISC

 
 
桑城 志帆   中尾 臨   松田 聡   岸 肇   
ネットワークポリマー = Journal of network polymer, Japan   38(3) 114-121   2017年   [査読有り]
 
松田 聡   村岡 智裕   岸 肇   
M&M材料力学カンファレンス   2015 "OS1504-468-1"-"OS1504-468-2"   2015年11月
In this study the aim is to clear the effect of molecular weight distribution on the microstructure and the mechanical properties of the epoxy resins with same average molecular weight. Four types of epoxy blends with the different molecular weigh...
 
松田 聡   後藤 裕志   下多 祐輔   古川 誉士夫   岸 肇   
M&M材料力学カンファレンス   2014 "OS1736-1"-"OS1736-2"   2014年7月
Epoxy resins are utilized in many industrial areas as matrix of composite materials and adhesives because of high strength and stiffness. Fatigue properties are important in terms of the long time reliability. To enhance the fatigue life of the ep...
 
松田 聡   下多 祐輔   村岡 智裕   古川 誉士夫   岸 肇   
M&M材料力学カンファレンス   2014 "OS0529-1"-"OS0529-2"   2014年7月
Epoxy resins are utilized in various industrial areas as adhesives and matrix of composite materials. Epoxies are one of the network polymer and their crosslink density are mainly dominant of the mechanical behaviors. However the microstructures w...
 
岸 肇   西村 元宏   野村 裕   松田 聡   浦濱 圭彬   
日本接着学会年次大会講演要旨集   46 1-2   2008年6月

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
エポキシ樹脂の不均質構造の定量化と疲労特性への影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
松田 聡 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
自己接着性無機フィラー/ネットワークポリマーアロイ複合材の自己組織構造と機能発現
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
岸 肇 松田 聡 柿部 剛史 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
ネットワークポリマーアロイ中でのバイオインスパイアードナノフィラー形成と複合化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
岸 肇 松田 聡 柿部 剛史 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
自己組織化ネットワークポリマーナノコンポジットの高次構造制御と機能発現
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
岸 肇 松田 聡 柿部 剛史 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
ダイアモンドライクカーボン膜の構造と無潤滑下での摩擦特性
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
松田 聡 
研究期間: 2010年 - 2011年