言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 町田 幸大
 

町田 幸大

 
アバター
研究者氏名町田 幸大
 
マチダ コウダイ
URL
所属兵庫県立大学
部署大学院 工学研究科
職名准教授
学位博士(再生医科学)(鳥取大学)
科研費研究者番号20553093
J-Global ID202001018700160800

研究キーワード

 
ヒト細胞様リポソーム ,シャペロン ,無細胞タンパク質合成システム

研究分野

 
  • ライフサイエンス / システムゲノム科学 / 合成生物学

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院 工学研究科 准教授 
 
2009年4月
 - 
2020年3月
兵庫県立大学 大学院 工学研究科 助教 
 
2005年4月
 - 
2006年3月
鳥取大学 工学部 非常勤職員研究支援者 
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
鳥取大学 大学院医学系研究科 機能再生医科学専攻 博士後期課程
 
2003年4月
 - 
2005年3月
鳥取大学 大学院医学系研究科 機能再生医科学専攻 博士前期課程
 
1999年4月
 - 
2003年3月
鳥取大学 工学部 生物応用工学科
 
1996年4月
 - 
1999年3月
長崎県立諫早高等学校  
 

論文

 
 
Aysun Özdemir   Kodai Machida   Hiroaki Imataka   Andrew D Catling   
Biochemical and biophysical research communications   469(1) 126-131   2016年1月   [査読有り]
Cytoplasmic dynein is a macromolecular motor complex with diverse functions in eukaryotic cells. Dynein plays essential roles in intracellular transport of organelles and mitosis, mediated in part by interactions between the dynein intermediate ch...
 
Kodai Machida   Hiroaki Imataka   
Biotechnology letters   37(4) 753-60   2015年4月   [査読有り]
Viral particles and virus-like particles (VLPs) or capsids are becoming important vehicles and templates in bio-imaging, drug delivery and materials sciences. Viral particles are prepared by infecting the host organism but VLPs are obtained from c...
 
Kodai Machida   Satoshi Mikami   Mamiko Masutani   Kurumi Mishima   Tominari Kobayashi   Hiroaki Imataka   
The Journal of biological chemistry   289(46) 31960-71   2014年11月   [査読有り]
The genomic RNA of encephalomyocarditis virus (EMCV) encodes a single polyprotein, and the primary scission of the polyprotein occurs between nonstructural proteins 2A and 2B by an unknown mechanism. To gain insight into the mechanism of 2A-2B pro...
 
Tominari Kobayashi   Kodai Machida   Hiroaki Imataka   
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1118 149-56   2014年   [査読有り]
Cell-free synthesis of an infectious virus is an ideal tool for elucidating the mechanism of viral replication and for development of antiviral drugs. In this chapter, the synthesis of Encephalomyocarditis virus (EMCV) from RNA and DNA in a HeLa c...
 
Tominari Kobayashi   Jun Yukigai   Kosaku Ueda   Kodai Machida   Mamiko Masutani   Yuri Nishino   Atsuo Miyazawa   Hiroaki Imataka   
Biotechnology letters   35(3) 309-14   2013年3月   [査読有り]
Virus particles are promising vehicles and templates for vaccination, drug delivery and material sciences. Although infectious picornaviruses can be synthesized from genomic or synthetic RNA by cell-free protein expression systems derived from mam...

MISC

 
 
茶谷悠平   伊藤遥介   丹羽達也   丹羽達也   山川絢子   町田幸大   今高寛晃   田口英樹   田口英樹   
日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集   23rd (CD-ROM)    2023年

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ポリアミンがCAGリピート由来の非標準翻訳に与える影響と翻訳開始点の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A)
町田 幸大 
研究期間: 2023年4月 - 2025年3月
 
変異型アクチンの試験管内バイオジェネシスとその分子機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
町田 幸大 野井 健太郎 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
非典型翻訳の試験管内再構成とそのメカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A)
町田 幸大 
研究期間: 2021年9月 - 2023年3月
 
神経変性疾患の試験管内再現とその解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(A)
町田 幸大 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
 
医療用途を指向したレーザーポインタサイズのイオン銃開発および細胞付着・活性評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
大幸 裕介 町田 幸大 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月