言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 町田 幸大
 

町田 幸大

 
アバター
研究者氏名町田 幸大
 
マチダ コウダイ
URL
所属兵庫県立大学
部署大学院 工学研究科
職名准教授
学位博士(再生医科学)(鳥取大学)
科研費研究者番号20553093
J-Global ID202001018700160800

研究キーワード

 
ヒト細胞様リポソーム ,シャペロン ,無細胞タンパク質合成システム

研究分野

 
  • ライフサイエンス / システムゲノム科学 / 合成生物学

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院 工学研究科 准教授 
 
2009年4月
 - 
2020年3月
兵庫県立大学 大学院 工学研究科 助教 
 
2005年4月
 - 
2006年3月
鳥取大学 工学部 非常勤職員研究支援者 
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
鳥取大学 大学院医学系研究科 機能再生医科学専攻 博士後期課程
 
2003年4月
 - 
2005年3月
鳥取大学 大学院医学系研究科 機能再生医科学専攻 博士前期課程
 
1999年4月
 - 
2003年3月
鳥取大学 工学部 生物応用工学科
 
1996年4月
 - 
1999年3月
長崎県立諫早高等学校  
 

論文

 
 
Mamiko Masutani   Kodai Machida   Tominari Kobayashi   Shigeyuki Yokoyama   Hiroaki Imataka   
Protein expression and purification   87(1) 5-10   2013年1月   [査読有り]
Many biologically important factors are composed of multiple subunits. To study the structure and function of the protein complexes and the role of each subunit, a rapid and efficient method to prepare recombinant protein complexes is needed. In t...
 
Kodai Machida   Mamiko Masutani   Tominari Kobayashi   Satoshi Mikami   Yuri Nishino   Atsuo Miyazawa   Hiroaki Imataka   
Protein expression and purification   82(1) 61-9   2012年3月   [査読有り]
The eukaryotic cytosolic chaperonin CCT (chaperonin-containing TCP-1) assists folding of newly synthesized polypeptides. The fully functional CCT is built from two identical rings, each composed of single copies of eight distinct subunits. To stud...
 
Tominari Kobayashi   Yusuke Nakamura   Satoshi Mikami   Mamiko Masutani   Kodai Machida   Hiroaki Imataka   
Biotechnology letters   34(1) 67-73   2012年1月   [査読有り]
Virus particles are used in vaccination, drug delivery, and material sciences. Here we devised a system where the RNA virus encephalomyocarditis virus (EMCV) is synthesized from DNA templates in vitro. When a plasmid or a PCR product harboring the...
 
Tominari Kobayashi   Kodai Machida   Satoshi Mikami   Mamiko Masutani   Hiroaki Imataka   
Journal of biochemistry   150(4) 423-30   2011年10月   [査読有り]
To study the relationship between translation and replication of encephalomyocarditisvirus (EMCV) RNA, we established a cell-free RNA replication system by employing a human cell extracts-based in vitro translation system. In this system, a cis-EM...
 
Tsutomu Nakamura   Kasumi Torikai   Koichi Uegaki   Junji Morita   Kodai Machida   Atsushi Suzuki   Yasushi Kawata   
The FEBS journal   278(4) 598-609   2011年2月   [査読有り]
Aeropyrum pernix K1, an aerobic hyperthermophilic archaeon, produces a cambialistic superoxide dismutase that is active in the presence of either of Mn or Fe. The crystal structures of the superoxide dismutase from A. pernix in the apo, Mn-bound a...

MISC

 
 
茶谷悠平   伊藤遥介   丹羽達也   丹羽達也   山川絢子   町田幸大   今高寛晃   田口英樹   田口英樹   
日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集   23rd (CD-ROM)    2023年

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ポリアミンがCAGリピート由来の非標準翻訳に与える影響と翻訳開始点の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A)
町田 幸大 
研究期間: 2023年4月 - 2025年3月
 
変異型アクチンの試験管内バイオジェネシスとその分子機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
町田 幸大 野井 健太郎 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
非典型翻訳の試験管内再構成とそのメカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A)
町田 幸大 
研究期間: 2021年9月 - 2023年3月
 
神経変性疾患の試験管内再現とその解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(A)
町田 幸大 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
 
医療用途を指向したレーザーポインタサイズのイオン銃開発および細胞付着・活性評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
大幸 裕介 町田 幸大 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月