言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 阪本 真由美
 

阪本 真由美

 
アバター
研究者氏名阪本 真由美
 
サカモト マユミ
URL
所属兵庫県立大学大学院
部署減災復興政策研究科
職名教授
学位博士(情報学)(京都大学)
科研費研究者番号60587426
J-Global ID202001008633443022

研究キーワード

 
防災教育、災害リスク・コミュニケーション、地域防災、災害の記憶、国際防災

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 地球人間圏科学 / 火山、地震、水害、津波
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 防災工学 / 防災教育、災害リスク・コミュニケーション、国際防災

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 教授 
 
2017年4月
 - 
2020年3月
兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 准教授 
 
2014年4月
 - 
2017年3月
名古屋大学 減災連携研究センター 特任准教授 
 
2011年4月
 - 
2014年3月
人と防災未来センター 研究部 主任研究員 
 
2010年3月
 - 
2011年4月
人と防災未来センター 研究部 研究員 
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2010年3月
京都大学 大学院情報学研究科 
 
1994年4月
 - 
1998年3月
神戸大学 大学院国際協力研究科 
 
1989年4月
 - 
1994年3月
愛知県立大学 外国語学部 
 

委員歴

 
2021年9月
 - 
現在
内閣府  火山防災対策会議委員
 
2021年9月
 - 
現在
群馬県  群馬県避難総合対策チームアドバイザー
 
2021年9月
 - 
現在
内閣府  盛土による災害の防災に関する検討会委員
 
2021年7月
 - 
現在
堺市  防災会議委員
 
2021年7月
 - 
現在
堺市  国民保護協議会委員
 

受賞

 
2020年3月
地区防災計画学会, 地区防災計画学会令和元年度大会奨励賞,地区の主体性回復と災害時の避難に関する一考察—下呂市小坂町落合地区における地区防災計画と平成30年7月豪雨災害
 
2012年11月
地域安全学会, 論文奨励賞,広域災害における自治体間の応援調整に関する研究-東日本大震災の経験より-
 
2009年10月
9th IIASA-DPRI Conference, Best Paper Award in Young Scientist Session, Silver Prize
 

論文

 
 
阪本 真由美   中道 治久   荒島 千鶴   高橋 若菜   荒木田 勝   
日本火山学会講演予稿集   2019(0) 84-84   2019年   
 
阪本真由美   松多信尚   廣井悠   
日本災害情報学会第20回学会大会予稿集   8-9   2018年10月   
 
阪本 真由美   原野 直子   河合 弘樹   
地域安全学会論文集   31(0) 241-247   2017年   [査読有り]
<p>This study discusses the Business Continuity Management (BCM) to maintain municipal customer services in disaster. Recent experiences showed that government also loses their governance in catastrophic disaster, unable to provide public services...
 
Mayumi SAKAMOTO   Miwa KURI   Masato IGUCHI   Norio MAKI   Taro ICHIKO   Naoya SEKIYA   Hideyuki KOBAYASHI   
Journal of Natural Disaster Science   37(2) 105-117   2016年   [査読有り]
This study analyzes the effectiveness of a disaster management plan and the problems encountered in its implementation, focusing on patterns of interaction between government and society in terms of disaster governance. Scholars in socio-political...
 
阪本 真由美   田所 敬一   高木 朗充   臼田 裕一郎   宇井 忠英   
地域安全学会論文集   28(0) 139-145   2016年   [査読有り]
<p>This study focuses on the risk awareness of local people regarding to volcanic risks based on the community survey done on the residents living near Mount Ontake, Japan. Mount Ontake suddenly erupted on September 27, 2014. The eruption occurred...

MISC

 
 
阪本真由美   
月刊体育施設   677 18-19   2021年8月
 
阪本真由美   
国際文化研修   109 10-15   2020年10月   
 
阪本真由美   
月刊フェスク   2020.10 42-44   2020年10月   
 
阪本真由美   
広報須坂   2020年10月 4-5   2020年10月   
 

書籍等出版物

 
 
阪本真由美, 平岡敦子, 岡野照美, 小山真紀(担当:共著)
災害と子育て研究会   2021年3月      
平成30年7月豪雨で被災した倉敷市真備町における子育てをめぐる状況と課題を整理した冊子。災害時の子育ての参考書。
 
Zack, Naomi, 阪本, 真由美, 北川, 夏樹, 高橋, 隆雄
勁草書房   2020年4月   (ISBN:9784326154654)
 
室崎, 益輝, 富永, 良喜, 兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科
ミネルヴァ書房   2018年5月   (ISBN:9784623082414)
 
帝国書院編集部, 鈴木, 康弘, 杉戸, 信彦, 中林, 一樹, 阪本, 真由美
帝国書院   2017年2月   (ISBN:9784807163274)
 
窪田, 由紀, 松本, 真理子, 森田, 美弥子, 名古屋大学こころの減災研究会
ミネルヴァ書房   2016年10月   (ISBN:9784623078066)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
欧州の越境災害ガバナンス-2010年アイスランド火山噴火を事例として-
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
阪本 真由美 中道 治久 荒島 千鶴 高橋 若菜 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
大規模災害に関する集合的記憶の物象化・物語化と防災教育
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
林 勲男 佐藤 翔輔 石原 凌河 定池 祐季 阪本 真由美 松岡 正子 ボレー セバスチャン 齋藤 千恵 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
2015年口永良部島噴火に関する総合調査
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究促進費
井口 正人 神田 径 森 俊哉 下司 信夫 田中 博 関谷 直也 久利 美和 阪本 真由美 橋本 学 中尾 茂 大湊 隆雄 牧 紀男 市古 太郎 山田 孝 地頭薗 隆 棚田 俊収 為栗 健 中道 治久 鈴木 雄治郎 宝田 晋治 味喜 大介 中田 節也 小林 哲夫 山本 圭吾 篠原 宏志 野上 健治 小澤 拓 三輪 学央 長井 雅史 小山 崇夫 大倉 敬宏 
研究期間: 2015年6月 - 2016年3月
 
開発途上国の震災障害者の生活再建をめざした支援制度構築に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
阪本 真由美 
研究期間: 2011年 - 2013年