言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

 

吉田 優

 
アバター
研究者氏名吉田 優
 
ヨシダ マサル
URL
所属兵庫県立大学
部署環境人間学部 食環境栄養課程
職名教授
学位博士(医学)(京都大学)
J-Global ID200901056277606171

プロフィール

経歴 平成 4 (1992) 年 3月 神戸大学医学部卒業 平成 4 (1992) 年 4月 神戸大学附属病院内科研修医 平成 5 (1993) 年 6月 愛仁会高槻病院内科研修医 平成 7 (1995) 年 2月 明石市立市民病院消化器内科医師 平成 8 (1996) 年 4月 京都大学大学院医学研究科入学(消化器病態学講座;千葉勉教授) 平成12 (2000) 年 3月 京都大学大学院医学研究科修了,医学博士取得 平成13 (2001) 年 5月 Research Fellow, Brigham and Women’s Hospital, Harvard Medical School 平成16 (2004) 年 7月 Instructor, Harvard Medical School, Boston, MA 平成17 (2005) 年 8月 神戸大学大学院医学研究科・助手(難治性疾患病態解析分野・消化器内科) 平成19 (2007) 年 4月 同・助教(消化器内科学分野) 平成19 (2007) 年12月 同・助教(脂質生化学分野、併任) 平成20 (2008) 年 4月 同・助教(質量分析総合センター、併任) 平成20 (2008) 年 9月 同・特命准教授(消化器内科学分野) 平成22 (2010) 年 4月 同・准教授(病因病態解析学分野長、消化器内科学分野併任)
令和3(2021)年4月 兵庫県立大学環境人間学部食環境栄養課程・教授 現在に至る その他 平成18 (2006) 年 4月より 兵庫医科大学・非常勤講師(内科学講座下部消化管科) 平成19 (2007) 年 4月より 独立行政法人理化学横浜研究所免疫アレルギーセンター・客員研究員 平成22 (2010) 年 6月より 国立大学法人北海道大学大学院生命科学研究院 客員准教授

研究キーワード

 
感染症 ,免疫学 ,消化器内科学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 消化器内科学 / 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
京都大学 大学院医学研究科博士課程内科系専攻修了  
 
1986年4月
 - 
1992年3月
神戸大学 医学部 医学科
 

受賞

 
2004年5月
GRG/AGA, GRG/AGA Fellow Travel Award,Human neonatal Fc receptor mediates transport of IgG into luminal secretions for delivery of antigens to mucosal dendritic cells
Masaru Yoshida Steven M. Claypool Jessica S. Wagner Emiko Mizoguchi Atsushi Mizoguchi Derry C. Roopenian Wayne I. Lencer Richard S. Blumberg 
 
2003年9月
Brigham and Women's Hospital, Boston, MA, Brigham and Women's Hospital, Poster of Distinction Award,The Neonatal Fc Receptor Dependent Transcytosis of IgG and IgG/antigen Complexes across Mucosal Epithelial Barriers: Immune Surveillance of Lumenal Antigens by IgG in the Intestine
Masaru Yoshida Steven Claypool Atsushi Mizoguchi Emiko Mizoguchi Wayne Lencer Derry Roopenian, Richard S Blumberg 
 

論文

 
 
Yuki Motono   Shin Nishiumi   Masaru Yoshida   Motoko Takaoka   
FERMENTATION-BASEL   9(3)    2023年3月
Obesity, along with hypertension and hyperlipidemia, is one of the leading factors of metabolic syndrome, which increases the risk of diabetes. However, controlling obesity is a global challenge. Sake lees, or Japanese rice wine lees, is a by-prod...
 
Kazufumi Honda   Takashi Kobayashi   Masaru Yoshida   
CANCER SCIENCE   113    2022年2月
 
Shin Nishiumi   Yoshihiro Izumi   Akiyoshi Hirayama   Masatomo Takahashi   Motonao Nakao   Kosuke Hata   Daisuke Saigusa   Eiji Hishinuma   Naomi Matsukawa   Suzumi M Tokuoka   Yoshihiro Kita   Fumie Hamano   Nobuyuki Okahashi   Kazutaka Ikeda   Hiroki Nakanishi   Kosuke Saito   Masami Yokota Hirai   Masaru Yoshida   Yoshiya Oda   Fumio Matsuda   Takeshi Bamba   
Metabolites   12(2)    2022年2月
In mass spectrometry-based metabolomics, the differences in the analytical results from different laboratories/machines are an issue to be considered because various types of machines are used in each laboratory. Moreover, the analytical methods a...
 
Hideaki Ono   Hiroyuki Minamikawa   Koji Nemoto   Masaru Yoshida   
EUROPEAN POLYMER JOURNAL   163    2022年1月
In the present study, a novel poly(butylene succinate)-block-poly(2-pyrrolidone) (PBS-b-PA4) diblock copolymer was first designed and synthesized by condensing amino-terminal PBS and carboxyl-terminal PA4 at 100 degrees C under homogeneous conditi...
 
Koji Yamamoto   Yasuyuki Kondo   Shunsuke Ohnishi   Masaru Yoshida   Toshiro Sugiyama   Naoya Sakamoto   
iScience   24(9) 103064-103064   2021年9月
Helicobacter suis, a zoonotic infection-related bacterium, can induce gastric mucosa-associated lymphoid tissue (MALT) lymphoma in humans and animals. Recently, we reported that the formation of gastric MALT lymphoma after H. suis infection is ind...

MISC

 
 
本田 一文   小林 道元   奥坂 拓志   中森 正二   島原 政司   植野 高章   土田 明彦   佐田 尚宏   井岡 達也   安波 洋一   小菅 智男   鄭 基晩   吉田 優   東 健   山田 哲司   
日本分子腫瘍マーカー研究会誌   31 42-43   2015年12月   
 
平田祐一   小林隆   西海信   東健, 吉田優   
遺伝子医学MOOK   (29号) 89-93   2015年11月   [査読有り]
近年,生体を構成するDNA,RNA,タンパク質,低分子代謝産物などの物質を網羅的に解析するオミックス解析が進歩している。なかでも,低分子代謝産物を解析するメタボロミクスは最も新しいオミックス解析の1つである。代謝産物を解析することで生体内の代謝プロファイルを把握することは,生体の状況を把握することにつながる。特に,これを疾患に当てはめることで病態解析の解明やバイオマーカーの発見につながる可能性があり,近年,様々な研究がなされている。本稿では,リスク評価,早期診断,治療効果・予後予測を可能と...
 
星 奈美子   孝橋 道敬   山入 春香   具 潤亜   安冨 栄一郎   足立 聡一郎   大塚 崇史   渡邉 大輔   大井 充   吉田 優   早川 晶   神保 圭佑   小林 一郎   東 健   
日本臨床免疫学会会誌   38(4) 321-321   2015年9月   
IgA欠損症はしばしば自己免疫疾患を合併する.我々はIgA単独欠損症に血小板減少性紫斑秒(ITP),自己免疫性溶血性貧血(AIHA),自己免疫性腸症(AIE)を合併した1症例を経験したので報告する.症例は16歳女性.X才時に下肢紫斑を認め,ITPおよびIgA欠損症と診断された.ステロイド投与にてITPの寛解を得たが,漸減・中止に伴い4年間で4回のITP再燃を繰り返し,経過中にAIHAや寒冷凝集素症も認められた.発症3年後のITP再燃時,ステロイド漸減中に水様性下痢を認め,高度の代謝性アシド...
 
酒井新   西海信   小林隆   東健, 吉田優   
臨床検査   59(5号) 405-410   2015年5月   [査読有り]
<Point>メタボロミクスは,有機酸,アミノ酸,脂肪酸,糖などの多種多様な低分子量代謝産物(メタボローム)を対象とした研究である.質量分析(MS)を応用した測定技術が急速な発展を遂げ,メタボロミクスの解析手法として普及したことで,癌の診断バイオマーカー探索研究が広く行われるようになった.大腸癌,膵癌などの消化器癌に対する血清メタボローム解析により,早期診断に有望なバイオマーカー候補が検出された.今後,さらに研究データを蓄積することにより,メタボロミクスによる癌の早期診断が可能になることが...
 
Akira Iwamoto   Toshihito Tanahashi   Rina Okada   Hirofumi Ogawa   Ching yun Chang   Masaru Yoshida   Takeshi Azuma   
GASTROENTEROLOGY   148(4) S137-S137   2015年4月   

書籍等出版物

 
 
森田, 英利, 高見, 英人, 藤, 英博, 菊地, 淳, 福田, 真嗣, 中野, 竜一, 吉田, 健一, 田口, 精一, 落合, 剛, 近藤, 昭彦, 蓮沼, 誠久, 金原, 和秀, 吉田, 優
三共出版   2012年3月   (ISBN:9784782706718)
 
吉田 優, 波多野直哉, 西海 信(担当:その他)
南山堂   2011年      
 

講演・口頭発表等

 
 
山本 淳史   南 晶洋   安富 栄一郎   畑澤 友里   平野 仁崇   林 宏樹   川野 佑輝   矢野 嘉彦   吉田 優   三住 拓誉   
第219回近畿地方会   2018年3月   日本内科学会   
 
足立 聡一郎   星 奈美子   井上 潤   安冨 栄一郎   大塚 崇史   Ramesh Dhakhwa   王 梓   孔 玲玲   渡邉 大輔   大井 充   吉田 優   
第8回日本炎症性腸疾患学会 学術集会   2017年12月   日本炎症性腸疾患学会   
 
Takashi Kobayashi   Yuichi Hirata   Masaru Yoshida   Shin Nishiumi   Kazufumi Honda   
25th United European Gastroenterology Week (UEGW2017)   2017年11月   United European Gastroenterology Week   
 
安冨 栄一郎   井上 潤   足立 聡一郎   大塚 崇史   渡邉 大輔   具 潤亜   山入 春香   大井 充   星 奈美子   福田 真嗣   吉田 優   東 健   
25th United European Gastroenterology Week   2017年10月   United European Gastroenterology   
 
西海信   サウトホラスハトグアンナババン   川野佑輝   小林隆   吉田優   
第42回日本医用マススペクトル学会年会   2017年9月   日本医用マススペクトル学会   

所属学協会

 
 
   
 
日本消化器内視鏡学会
 
   
 
日本内科学会
 
   
 
日本消化器病学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
PET陽性肺がん特異的バイオマーカーの同定と検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
吉田 優 松田 史生 和泉 自泰 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
新たながんプロファイリング診断としての超臨界流体質量分析システムの検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
吉田 優 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
(AMED)血液バイオマーカーを用いた効率的な膵がん検診の実用化/バイオマーカー陽性者における画像精密検診の意義
国立研究開発法人国立がん研究センター: 革新的がん医療実用化研究事業
吉田 優 
研究期間: 2017年
 
(AMED)包括的メタボロミクスによるバイオマーカー探索、ならびに、医療質量分析システム開発
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 革新的先端研究開発支援事業ユニットタイプ「疾患における代謝産物の解析および代謝制御に基づく革新的医療基盤技術の創出」研究開発領域
吉田 優 
研究期間: 2017年
 
マルチターゲットメタボロミクスを用いたがん診断システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
吉田 優 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月