言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 川崎 優子
 

川崎 優子

 
アバター
研究者氏名川崎 優子
 
カワサキ ユウコ
通称等の別名兵庫県立大学 看護学部
URL
所属兵庫県立大学
部署看護学部
職名教授
J-Global ID200901054972456447

研究キーワード

 
がん看護学 ,意思決定支援

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 臨床看護学 / がん看護

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 看護学部  教授 看護学博士
 
2012年4月
 - 
2020年3月
兵庫県立大学  准教授 
 
2009年4月
 - 
2012年3月
兵庫県立大学  講師 
 
2003年4月
 - 
2009年3月
兵庫県立大学  助手・助教 
 
2006年1月
 - 
2006年3月
University of Iowa (Short-term foreign residency research program )  Visiting scholar 
 

学歴

 
 
 - 
2012年6月
兵庫県立大学 看護学研究科博士後期課程修了 
 
 
 - 
2003年3月
兵庫県立看護大学 大学院修士課程修了 
 

委員歴

 
2021年4月
 - 
現在
日本がん看護学会  将来構想推進委員会
 
2018年6月
 - 
現在
日本遺伝性腫瘍学会  理事
 
2017年6月
 - 
現在
日本遺伝性腫瘍学会  HTC/FTC制度小委員会委員長・編集委員・倫理審査委員・広報委員・将来検討委員
 
2019年4月
 - 
2021年3月
日本がん看護学会  国際活動委員会委員
 
2003年9月
   
 
日本がん看護学会  評議員・査読委員
 

論文

 
 
川崎 優子   平井 啓   中村 友理香   内布 敦子   木澤 義之   新居 学   
日本がん看護学会学術集会   35回 P6-087   2021年2月
 
山本 博徳   阿部 孝   石黒 信吾   内田 恵一   川崎 優子   熊谷 秀規   斉田 芳久   佐野 寧   竹内 洋司   田近 正洋   中島 健   阪埜 浩司   船坂 陽子   堀 伸一郎   山口 達郎   吉田 輝彦   坂本 博次   石川 秀樹   岩間 毅夫   岡崎 康司   斎藤 豊   松浦 成昭   武藤 倫弘   冨田 尚裕   秋山 卓士   山本 敏樹   石田 秀行   中山 佳子   
遺伝性腫瘍   20(2) 59-78   2020年9月
Peutz-Jeghers症候群は,食道を除く全消化管の過誤腫性ポリポーシスと皮膚・粘膜の色素斑を特徴とする希少疾患である.STK11遺伝子の生殖細胞系列の病的バリアントを原因とし,常染色体優性遺伝形式をとる.また,がん遺伝子パネル検査によって診断される可能性がある.本症候群でみられる過誤腫性ポリープは小腸に好発し,ポリープが大きくなると出血,腸閉塞,腸重積の原因となる.初回の消化管サーベイランスは症状がなくても8歳頃を目安に行い,10〜15mm以上の小腸ポリープは内視鏡的ポリープ切除術を...
 
今井 芳枝   宮本 容子   吉田 友紀子   阿部 彰子   村上 好恵   川崎 優子   武田 祐子   浅海 くるみ   板東 孝枝   
四国医学雑誌   76(1-2) 45-54   2020年4月   [査読有り]
本研究は、海外文献より遺伝性腫瘍に関する遺伝カウンセリングの動向を明らかにすることである。研究方法はPubMedのデータベースにて「Genetic Counseling」「familial tumor」「heredity」「cancer」「patients」「genetic diseases」で検索し、抽出された209件のうち研究者間で研究論文の抄録を読み、該当した研究論文21件を対象論文とした。その結果、研究論文21件の概要は【量的研究】が最も多く、研究筆頭著者はCertified Ge...
 
川崎 優子   内布 敦子   内田 恵   橋口 周子   奥出 有香子   
兵庫県立大学看護学部・地域ケア開発研究所紀要   27 49-63   2020年3月   [査読有り]
【目的】がん患者のセルフケア能力を引き出す意思決定支援Web Site、およびセルフケア能力が低下している患者の意思決定支援を円滑に進めるための看護師用Web Site(NSSDMを活用)の構成要素を抽出すること。【方法】がん看護専門看護師4名を対象に、意思決定支援上の課題およびプログラム構成についてフォーカスグループインタビューを行い、Web Siteの試案を作成した。その後、がん患者7名およびがん看護専門看護師4名にWeb Siteの改善点についてアンケート調査を行った。【結果】意思決...
 
山本 博徳   阿部 孝   石黒 信吾   内田 恵一   川崎 優子   熊谷 秀規   斉田 芳久   佐野 寧   竹内 洋司   田近 正洋   中島 健   阪埜 浩司   船坂 陽子   堀 伸一郎   山口 達郎   吉田 輝彦   坂本 博次   石川 秀樹   岩間 毅夫   岡﨑 康司   斎藤 豊   松浦 成昭   武藤 倫弘   冨田 尚裕   秋山 卓士   山本 敏樹   石田 秀行   中山 佳子   
遺伝性腫瘍   20(2) 59-78   2020年   [査読有り]

MISC

 
 
川崎 優子   田中屋 宏爾   青木 大輔   鈴木 眞一   石田 秀行   
日本癌学会総会記事   79回 SP2-5   2020年10月
 
村上 好恵   川崎 優子   大川 恵   武田 祐子   今井 芳枝   鈴木 美慧   
エンド・オブ・ライフケア   4(4) 84-88   2020年9月
 
中村 友理香   平井 啓   新居 学   内布 敦子   木澤 義之   川崎 優子   
Palliative Care Research   15(Suppl.) S767-S767   2020年8月
 
 

書籍等出版物

 
 
川崎優子(担当:分担執筆, 範囲:担当:分担執筆, 範囲:13がん患者の療養上の意思決定プロセスを支援する共有型看護相談モデル(NSSDM))
南江堂   2021年3月   
 
大腸癌研究会(分担執筆)
金原出版   2020年7月   
 
大川, 一郎, 土田, 宣明, 高見, 美保
ミネルヴァ書房   2020年3月   (ISBN:9784623070664)
 
 

講演・口頭発表等

 
 
Factors involved in decision making regarding treatment selection by cancer patient
Yuko Kawasaki, Kei Hirai, Yukari Nakamura, Atsuko Uchinuno, Yoshiyuki Kizawa, Manabu Nii   
ONS 45th Annual Congress   2020年4月   
 
「がん患者の療養上の意思決定プロセスを支援する共有型看護相談モデル(NSSDM)」に基づく意思決定支援の一考察
東谷 朗子   若狭 らりさ   安藤 亜純   阿部 知佳   川崎 優子   
日本がん看護学会学術集会 34回 O37   2020年2月   
 
HbA1c値の経年データを活用した生活習慣の地区特性評価の可能性
森本雅和   内布敦子   新居学   中西永子   川崎優子   谷田恵子   河野孝典   
日本看護科学学会学術集会講演集40-suppl 338   2020年   
 
がん患者の意思決定支援における医療従事者の臨床判断構造
川崎 優子   内布 敦子   木澤 義之   平井 啓   新居 学   
Palliative Care Research   2019年6月   (NPO)日本緩和医療学会   
 
「がん患者の療養上の意思決定プロセスを支援する共有型看護相談モデルを基盤とした意思決定支援システム」の開発
川崎 優子   牧野 佐知子   藤原 佳美   東谷 朗子   唐澤 咲子   石村 愛   大路 貴子   杉江 礼子   西谷 葉子   奥出 有香子   堀口 美穂   
Palliative Care Research   2019年6月   (NPO)日本緩和医療学会   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
治療看護学特論・治療看護学演習(博士)
 
   
 
がん高度実践看護実習ⅠⅡⅢ・がん治療看護実習ⅠⅡ(修士)
 
   
 
治療看護エビデンス検索演習・がん治療的看護介入演習(修士)
 
   
 
がん看護論・がん治療看護論(修士)
 
   
 
看護コンサルテーション(大学院)

所属学協会

 
2014年9月
 - 
現在
消化管ポリポーシス研究会
2014年9月
 - 
現在
日本消化器病学会
2013年12月
 - 
現在
日本家族性大腸研究会
2006年2月
 - 
現在
Oncology Nursing Society
2006年2月
 - 
現在
International Society of Nurses in Genetics

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
がんゲノム医療に対応するがん看護専門看護師育成のための介入研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
村上 好恵 武田 祐子 川崎 優子 今井 芳枝 
研究期間: 2020年4月 - 2024年3月
 
がんゲノム医療:Precision Nursing Care Program開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
川崎 優子 内布 敦子 田村 和朗 須藤 保 
研究期間: 2019年6月 - 2022年3月
 
AI支援型がん患者の意思決定構造解析を基盤とした情報提供システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
川崎 優子 内布 敦子 平井 啓 木澤 義之 新居 学 清原 花 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
 
がん看護専門看護師を対象とした遺伝リテラシー向上のための教育プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
村上 好恵 今井 芳枝 川崎 優子 武田 祐子 浅海 くるみ 柴田 亜弥子 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月

社会貢献活動

 
 
【講師,企画,運営参加・支援】
 2013年4月 - 2016年3月
 
【運営参加・支援】
 2007年4月 - 2015年8月