言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 川崎 優子
 

川崎 優子

 
アバター
研究者氏名川崎 優子
 
カワサキ ユウコ
通称等の別名兵庫県立大学 看護学部
URL
所属兵庫県立大学
部署看護学部
職名教授
J-Global ID200901054972456447

研究キーワード

 
がん看護学 ,意思決定支援

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 臨床看護学 / がん看護

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 看護学部  教授 看護学博士
 
2012年4月
 - 
2020年3月
兵庫県立大学  准教授 
 
2009年4月
 - 
2012年3月
兵庫県立大学  講師 
 
2003年4月
 - 
2009年3月
兵庫県立大学  助手・助教 
 
2006年1月
 - 
2006年3月
University of Iowa (Short-term foreign residency research program )  Visiting scholar 
 

学歴

 
 
 - 
2012年6月
兵庫県立大学 看護学研究科博士後期課程修了 
 
 
 - 
2003年3月
兵庫県立看護大学 大学院修士課程修了 
 

委員歴

 
2021年4月
 - 
現在
日本がん看護学会  将来構想推進委員会
 
2018年6月
 - 
現在
日本遺伝性腫瘍学会  理事
 
2017年6月
 - 
現在
日本遺伝性腫瘍学会  HTC/FTC制度小委員会委員長・編集委員・倫理審査委員・広報委員・将来検討委員
 
2022年1月
   
 
日本がん看護学会  選挙管理委員会委員長
 
2019年4月
 - 
2021年3月
日本がん看護学会  国際活動委員会委員
 

論文

 
 
川崎 優子   内布 敦子   本家 好文   蘆野 吉和   松島 たつ子   高宮 有介   田村 恵子   荒尾 晴惠   成松 恵   鈴木 志津枝   日本緩和医療学会緩和ケア普及啓発事業作業部会   
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   15回 242-242   2010年6月
 
川崎 優子   
日本がん看護学会誌   24(1) 35-43   2010年5月   [査読有り]
大腸全摘術を受けた家族性大腸腺腫症患者の術後の排泄障害への対処方法を獲得するプロセスについて検討した。対象は5名で、平均年齢は34±7.96歳、術後経過月数は14.8±8.61ヵ月であった。患者は症状のアセスメントを行って体の状態に合わせて行動し、社会復帰に向けての時期を予測していた。また、親の体験(対処方法)を参考にしていることが特徴的であった。家族性大腸腺腫症患者のケアに携る看護師は、患者が排泄障害を持ちながらも親の体験に基づいた指標をもとにコントロール感覚をつかむことができるよう、情...
 
川崎 優子   内布 敦子   荒尾 晴惠   大塚 奈央子   滋野 みゆき   
兵庫県立大学看護学部・地域ケア開発研究所紀要   17 25-37   2010年3月   [査読有り]
【研究目的】外来で化学療法を受けるがん患者が、セルフケア能力を十分発揮できるような外来看護の方法やシステムを開発するために、医師が認知する外来化学療法における看護ケアニーズを抽出した。【研究方法】1)研究期間:2002年9月〜2003年5月、2)研究協力者:外来にて化学療法を行っている施設及び医師5名、3)データ収集方法:外来で化学療法を行う患者の副作用・症状マネジメントに関して、医師が認知する看護ニーズについて半構成的面接法を行った。4)分析方法:質的帰納的分析方法によってカテゴリ化を行...
 
川崎 優子   井沢 知子   伊藤 由美子   橋口 周子   荒尾 晴惠   成松 恵   黒木 みちる   長田 正子   内布 敦子   
Palliative Care Research   4(1) 201-206   2009年6月   [査読有り]
治療期にある通院中の癌患者を対象に、患者のセルフケア能力を向上させるためのグループ支援方法を開発し、その効果を、15名(男性2名、女性13名。平均年齢56.86±11.52歳)の参加者を対象に、4週連続でグループ療法を実施し、セルフケア能力の尺度である「ESCA」日本語版、QOL尺度である「EORTC QLQ-C30」、不安尺度(「STAI」)の実施前後の比較から検討した。その結果、「EORTC QLQ-C30」の「Global health status」、およびSTAIの状態不安の2項...
 
川崎 優子   権藤 延久   佐伯 智子   中村 富予   竹山 育子   石川 秀樹   
家族性腫瘍   9(2) 46-52   2009年5月   [査読有り]
家族性大腸腺腫症(FAP)の患者・家族の会の会報1〜12号を対象に、サポートグループにおける医療者の役割について内容分析を行った。会員相互の情報交換において解決できない問題としては、治療や検診の受け方、術後の排泄障害への対処、未発症者(特に子ども)のサーベイランスに関するものがあげられ、問題解決にはFAPに関する医学的知識を持つ医療者の介入が必要であった。医療者の果している役割は6カテゴリ抽出され、「医学的情報理解のサポート」「自分の身体を理解するための情報提示」「生活上の留意点の提示」「...

MISC

 
 
Hana Kiyohara   Yuko Kawasaki   Jun Kako   Hirokazu Uemura   Masakazu Morimoto   Atsuko Uchinuno   
The 47th Annual ONS Congress      2022年4月   [査読有り]
 
Yuko Kawasaki   Saki Hinoshita   Kayoko Hasuoka   Satoko Miyawaki   Nao Matsutani   Atsuko Uchinuno   
The 47th Annual ONS Congress      2022年4月   [査読有り]
 
Yuko Kawasaki   
The 25TH East Asian Forum of Nursing Scholars Conference      2022年4月   [査読有り]
 
清原花   川崎優子   角甲純   上村浩一   森本雅和   澤村早苗   野口三華   今若真里佳   渡邊梨絵   森岡久美子   中野惠子   内布敦子   
第36回日本がん看護学会学術集会      2022年2月   [査読有り]
 
蓮岡 佳代子   川崎優子   
第36回日本がん看護学会学術集会      2022年2月

書籍等出版物

 
 
川崎優子(担当:分担執筆, 範囲:担当:分担執筆, 範囲:13がん患者の療養上の意思決定プロセスを支援する共有型看護相談モデル(NSSDM))
南江堂   2021年3月   
 
大腸癌研究会(分担執筆)
金原出版   2020年7月   
 
大川, 一郎, 土田, 宣明, 高見, 美保
ミネルヴァ書房   2020年3月   (ISBN:9784623070664)
 
 

講演・口頭発表等

 
 
Yuko Kawasaki   Saki Hinoshita   Kayoko Hasuoka   Satoko Miyawaki   Nao Matsutani   Atsuko Uchinuno   
The 47th Annual ONS Congress   2022年4月28日   
 
Hana Kiyohara   Yuko Kawasaki   Jun Kako   Hirokazu Uemura   Masakazu Morimoto   Atsuko Uchinuno   
The 47th Annual ONS Congress   2022年4月28日   
 
Yuko Kawasaki   
The 25TH East Asian Forum of Nursing Scholars Conference   2022年4月   
 
川崎優子   
第36回日本がん看護学会学術集会   2022年2月19日   [招待有り]
 
清原花   川崎優子   角甲純   上村浩一   森本雅和   澤村早苗   野口三華   今若真里佳   渡邊梨絵   森岡久美子   中野惠子   内布敦子   
第36回日本がん看護学会学術集会   2022年2月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
治療看護学特論・治療看護学演習(博士)
 
   
 
がん高度実践看護実習ⅠⅡⅢ・がん治療看護実習ⅠⅡ(修士)
 
   
 
治療看護エビデンス検索演習・がん治療的看護介入演習(修士)
 
   
 
がん看護論・がん治療看護論(修士)
 
   
 
看護コンサルテーション(大学院)

所属学協会

 
2014年9月
 - 
現在
消化管ポリポーシス研究会
2014年9月
 - 
現在
日本消化器病学会
2013年12月
 - 
現在
日本家族性大腸研究会
2006年2月
 - 
現在
Oncology Nursing Society
2006年2月
 - 
現在
International Society of Nurses in Genetics

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
がんゲノム医療に対応するがん看護専門看護師育成のための介入研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
村上 好恵 武田 祐子 川崎 優子 今井 芳枝 
研究期間: 2020年4月 - 2024年3月
 
がんゲノム医療:Precision Nursing Care Program開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
川崎 優子 内布 敦子 田村 和朗 須藤 保 
研究期間: 2019年6月 - 2022年3月
 
AI支援型がん患者の意思決定構造解析を基盤とした情報提供システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
川崎 優子 内布 敦子 平井 啓 木澤 義之 新居 学 清原 花 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
 
がん看護専門看護師を対象とした遺伝リテラシー向上のための教育プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
村上 好恵 今井 芳枝 川崎 優子 武田 祐子 浅海 くるみ 柴田 亜弥子 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月

社会貢献活動

 
 
【講師,企画,運営参加・支援】
 2013年4月 - 2016年3月
 
【運営参加・支援】
 2007年4月 - 2015年8月