言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 塩見 泰史
 

塩見 泰史

 
アバター
研究者氏名塩見 泰史
 
シオミ ヤスシ
URL
所属兵庫県立大学
部署大学院 理学研究科
職名准教授
学位博士(バイオサイエンス)(奈良先端科学技術大学院大学)
J-Global ID201801014715765275

研究キーワード

 
複製、細胞周期

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院理学研究科   
 
2015年4月
 - 
2021年3月
兵庫県立大学 大学院生命理学研究科   
 
2007年7月
 - 
2015年3月
兵庫県立大学 大学院生命理学研究科   
 
2004年4月
 - 
2007年6月
九州大学 大学院理学研究院   
 
2002年4月
 - 
2004年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2/PD)   
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2003年3月
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 博士後期課程  
 

論文

 
 
Yasushi Shiomi   Hideo Nishitani   
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   18(11) 946-59   2013年11月
Proliferating cell nuclear antigen (PCNA) is loaded on chromatin upon initiation of the S phase and acts as a platform for a large number of proteins involved in chromosome duplication at the replication fork. As duplication is completed, PCNA dis...
 
Toru Suzuki   Junko Tsuzuku   Akiyo Hayashi   Yasushi Shiomi   Hiroko Iwanari   Yasuhiro Mochizuki   Takao Hamakubo   Tatsuhiko Kodama   Hideo Nishitani   Hisao Masai   Tadashi Yamamoto   
The Journal of biological chemistry   287(48) 40256-65   2012年11月
BACKGROUND: Preventing unnecessary cell death is essential for DNA-damaged cells to carry out the DNA repair process. RESULTS: Cdc7 inhibits the Cul4-DDB1(Cdt2)-dependent Tob degradation. CONCLUSION: Cdc7 enables mild DNA-damaged cells to keep the...
 
Yasushi Shiomi   Akiyo Hayashi   Takashi Ishii   Kaori Shinmyozu   Jun-ichi Nakayama   Kaoru Sugasawa   Hideo Nishitani   
Molecular and cellular biology   32(12) 2279-88   2012年6月
Recent work identified the E3 ubiquitin ligase CRL4(Cdt2) as mediating the timely degradation of Cdt1 during DNA replication and following DNA damage. In both cases, proliferating cell nuclear antigen (PCNA) loaded on chromatin mediates the CRL4(C...
 
Hiroki Sakaguchi   Toshihiro Takami   Yoshinori Yasutani   Takeshi Maeda   Masayuki Morino   Takashi Ishii   Yasushi Shiomi   Hideo Nishitani   
PloS one   7(9) e46480   2012年
The DNA replication-licensing factor Cdt1 is present during the G1 phase of the cell cycle. When cells initiate S phase or are UV-irradiated, Cdt1 is recruited to chromatin-bound PCNA and ubiquitinated by CRL4(Cdt2) for degradation. In both situat...
 
Masato Michishita   Aya Morimoto   Takashi Ishii   Hirofumi Komori   Yasushi Shiomi   Yoshiki Higuchi   Hideo Nishitani   
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   16(1) 12-22   2011年1月
PCNA links Cdt1 and p21 for proteolysis by Cul4-DDB1-Cdt2 (CRL4(Cdt2) ) in the S phase and after DNA damage in mammalian cells. However, other PCNA-interacting proteins, such as ligase I, are not targets of CRL4(Cdt2) . In this study, we created c...

所属学協会

 
 
 - 
現在
日本分子生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
DNAからのPCNAクリアランス機構の多様性の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
塩見 泰史 西谷 秀男 小布施 力史 鐘巻 将人 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
PCNAサイクルと連動したタンパク質分解による複製制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
西谷 秀男 塩見 泰史 林 晃世 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
スピンドルチェックポイントと共役した複製開始制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
西谷 秀男 塩見 泰史 林 晃世 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
新規なPCNAアンロード機構による細胞周期制御とゲノム維持
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
塩見 泰史 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
タンパク質分解系による複製のライセンシング確立の制御機構
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
西谷 秀男 塩見 泰史 
研究期間: 2010年 - 2011年