言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 塩見 泰史
 

塩見 泰史

 
アバター
研究者氏名塩見 泰史
 
シオミ ヤスシ
URL
所属兵庫県立大学
部署大学院 理学研究科
職名准教授
学位博士(バイオサイエンス)(奈良先端科学技術大学院大学)
J-Global ID201801014715765275

研究キーワード

 
複製、細胞周期

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 大学院理学研究科   
 
2015年4月
 - 
2021年3月
兵庫県立大学 大学院生命理学研究科   
 
2007年7月
 - 
2015年3月
兵庫県立大学 大学院生命理学研究科   
 
2004年4月
 - 
2007年6月
九州大学 大学院理学研究院   
 
2002年4月
 - 
2004年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2/PD)   
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2003年3月
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 博士後期課程  
 

論文

 
 
Muadz Ahmad Mazian   Naohiro Suenaga   Takashi Ishii   Akiyo Hayashi   Yasushi Shiomi   Hideo Nishitani   
Journal of biochemistry   165(6) 505-516   2019年6月
The Cullin-RING ubiquitin ligase CRL4Cdt2 maintains genome integrity by mediating the cell cycle- and DNA damage-dependent degradation of proteins such as Cdt1, p21 and Set8. Human Cdt2 has two regions, a conserved N-terminal seven WD40 repeat reg...
 
Akiyo Hayashi   Nickolaos Nikiforos Giakoumakis   Tatjana Heidebrecht   Takashi Ishii   Andreas Panagopoulos   Christophe Caillat   Michiyo Takahara   Richard G Hibbert   Naohiro Suenaga   Magda Stadnik-Spiewak   Tatsuro Takahashi   Yasushi Shiomi   Stavros Taraviras   Eleonore von Castelmur   Zoi Lygerou   Anastassis Perrakis   Hideo Nishitani   
Life science alliance   1(6) e201800238   2018年12月
The CRL4Cdt2 ubiquitin ligase complex is an essential regulator of cell-cycle progression and genome stability, ubiquitinating substrates such as p21, Set8, and Cdt1, via a display of substrate degrons on proliferating cell nuclear antigens (PCNAs...
 
Kohei Nukina   Akiyo Hayashi   Yasushi Shiomi   Kaoru Sugasawa   Motoaki Ohtsubo   Hideo Nishitani   
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   23(3) 200-213   2018年3月
CRL4Cdt2 ubiquitin ligase plays an important role maintaining genome integrity during the cell cycle. A recent report suggested that Cdk1 negatively regulates CRL4Cdt2 activity through phosphorylation of its receptor, Cdt2, but the involvement of ...
 
Miyuki Tanaka   Michiyo Takahara   Kohei Nukina   Akiyo Hayashi   Wataru Sakai   Kaoru Sugasawa   Yasushi Shiomi   Hideo Nishitani   
Cell cycle (Georgetown, Tex.)   16(7) 673-684   2017年4月
Cdt1 is rapidly degraded by CRL4Cdt2 E3 ubiquitin ligase after UV (UV) irradiation. Previous reports revealed that the nucleotide excision repair (NER) pathway is responsible for the rapid Cdt1-proteolysis. Here, we show that mismatch repair (MMR)...
 
Yasushi Shiomi   Hideo Nishitani   
Genes   8(2)    2017年1月
During cell division, genome integrity is maintained by faithful DNA replication during S phase, followed by accurate segregation in mitosis. Many DNA metabolic events linked with DNA replication are also regulated throughout the cell cycle. In eu...

所属学協会

 
 
 - 
現在
日本分子生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
DNA複製開始とカップルしたフィードバック制御による染色体維持機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
西谷 秀男 塩見 泰史 
研究期間: 2009年 - 2011年
 
複製因子PCNA が制御する、タンパク質ユビキチン化反応の分子機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
塩見 泰史 
研究期間: 2008年 - 2009年
 
タンパク質分解による複製のライセンス化制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
西谷 秀男 塩見 泰史 
研究期間: 2008年 - 2009年
 
UV照射後に活性化されるCul4-DDB1-Cdt2によるCdt1分解機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
西谷 秀男 塩見 泰史 
研究期間: 2008年 - 2009年
 
クランプ-クランプローダー系を介したDNA複製とDNA傷害応答の接点の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
釣本 敏樹 塩見 泰史 小布施 力史 
研究期間: 2002年 - 2004年