言語の選択:
 

メニュー/MENU

大学本部国際商経学部社会情報科学部工学研究科理学研究科環境人間学部看護学部情報科学研究科社会科学研究科緑環境景観マネジメント研究科地域資源マネジメント研究科減災復興政策研究科政策科学研究所高度産業科学技術研究所自然・環境科学研究所地域ケア開発研究所先端医療工学研究所総合教育機構学術総合情報センター地域創造機構産学連携・研究推進機構

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 奥 勇一郎
 

奥 勇一郎

 
アバター
研究者氏名奥 勇一郎
 
 
URL
所属兵庫県立大学
部署環境人間学部
職名准教授
学位博士(理学)
J-Global ID202001016178917765

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 大気水圏科学 / 気候学
  • 自然科学一般 / 大気水圏科学 / 気象学

経歴

 
2014年10月
 - 
現在
兵庫県立大学 環境人間学部 准教授 
 

委員歴

 
2022年5月
 - 
現在
姫路市  環境審議会 委員
 
2019年1月
 - 
現在
加古川市  環境審議会 委員
 

論文

 
 
小林 健一郎   寶 馨   奥 勇一郎   
水工学論文集第55巻   67(4) I_949-I_954   2011年2月   [査読有り]
平成21年8月の兵庫県佐用町豪雨災害の流出・浸水現象を統合型の降雨流出・洪水氾濫追跡モデルにより再現した.本論文で提案するモデルは,流出計算と氾濫計算を個別に行う従来の手法と比べて,山腹斜面から平地への流入流量を考慮した氾濫追跡が可能であり,氾濫原を事前に設定する必要がない利点がある.さらに経済被害推定モデルを構築し,計算された浸水深に基づいて家屋・農地の経済被害を推定した.その総額を自治体が報告している見込み被害と比較したところ,妥当な結果が得られていることが確認できた.
 
金 璟晙   中北 英一   奥 勇一郎   
水文・水資源学会研究発表会要旨集   24 51-51   2011年
In this study, the changes of drought severity due to climate change were assessed using SPI. The maximum drought severity and frequency of effective and extreme drought were calculated. We also regionalized the drought severity using EOFs of vari...
 
Yuichiro Oku   Mizuo Kajino   Hirohiko Ishikawa   
INTERNATIONAL JOURNAL OF REMOTE SENSING   31(20) 5439-5447   2010年10月   [査読有り]
大気汚染物質が増えるほど雲の粒径が小さくなることに着目し,大気環境の悪化が急激に進むアジア域の大気汚染を間接的に監視できるようにするため,従来の極軌道衛星の中間赤外データを用いて雲反射率・雲粒有効半径を算出する手法を,静止軌道衛星ひまわり6号から新たに加わった中間赤外データに適用し,東アジア域における雲反射率・雲粒有効半径を算出した.算出された雲粒有効半径を極軌道衛星から求めたものと比較したところ妥当なものであることが確認できた.対象域の雲粒有効半径を調べたところ,陸上と海上で異なる日変化...
 
内田 孝紀   丸山 敬   竹見 哲也   奥 勇一郎   大屋 裕二   李 貫行   
日本風力エネルギー協会誌   34(2) 118-124   2010年8月   [査読有り]
 
Nobuhito Mori   Tomohiro Yasuda   Hajime Mase   Tracey Tom   Yuichiro Oku   
Hydrological Research Letters   4 15-19   2010年3月   [査読有り]

MISC

 
 
奥 勇一郎   伊藤 雅之   坂部 綾香   
アグリバイオ   7(12)    2023年10月

書籍等出版物

 
 
岡本, 幸三, 日本気象学会(担当:分担執筆, 範囲:地表面温度)
日本気象学会   2018年11月   (ISBN:9784904129210)   [査読有り]
 
Tetsuya Takemi, Syohei Nomura, Yuichiro Oku(担当:分担執筆, 範囲:Environmental Stability for Convective Precipitation Under Global Warming)
2011年10月3日   (ISBN:9533077336)   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
 
入來 志穂   奥 勇一郎   
日本気象学会2023年度秋季大会   2023年10月26日   
 
是川 真樹志   奥 勇一郎   
日本気象学会2023年度秋季大会   2023年10月26日   
 
坂本 壮   奥 勇一郎   
日本気象学会2023年度秋季大会   2023年10月26日   
 
山村 麻紀子   奥 勇一郎   
日本気象学会2021年度秋季大会   2021年12月2日   
 
仲山 瑞希   奥 勇一郎   
日本気象学会2021年度秋季大会   2021年12月3日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
 - 
現在
都市環境論 (兵庫県立大学)
 
   
 
物理学基礎 (兵庫県立大学)
 
   
 
大気科学演習 (兵庫県立大学)
 
   
 
大気科学 (兵庫県立大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本ヒートアイランド学会
 
   
 
日本気象学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
大規模爆発や都市火災などの大規模人工熱源が局地気象と環境に与える影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
石川 裕彦 谷田貝 亜紀代 滝川 雅之 竹見 哲也 奥 勇一郎 松尾 亜紀子 西野 智研 五十嵐 康人 高宮 幸一 八島 浩 猪股 弥生 
研究期間: 2024年4月 - 2027年3月
 
瀬戸内少雨地域のため池が地域的な気象緩和と温室効果ガス放出に及ぼす影響の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
奥 勇一郎 坂部 綾香 伊藤 雅之 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
熱ストレス増大による都市生活への影響調査
環境省: 地域適応コンソーシアム事業
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月
 
乳幼児呼吸器感染症ウイルスの分子疫学ならびに予防・治療をめざした基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
改田 厚 山元 誠司 奥 勇一郎 久保 英幸 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月

社会貢献活動

 
 
【講師】
兵庫県立大学附属中学校 プロジェクト学習 2021年4月 - 2023年2月
 
【助言・指導】
兵庫県立姫路西高等学校 スーパーサイエンススクール事業 国際理学科 データリサーチ研究 2022年7月 - 2023年1月
 
【講師】
兵庫県立大学附属高等学校 高大連携授業 2019年12月17日 - 2019年12月17日
 
【講師】
兵庫県立大学附属中学校 プロジェクト学習 2018年5月 - 2019年2月
 
【講師】
兵庫県立大学附属高等学校 高大連携授業 2019年1月15日 - 2019年1月15日