研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 山崎 真之
 

最終更新日時:

編集

山崎 真之

 
アバター
研究者氏名山崎 真之
 
ヤマザキ マサユキ
URL
所属和洋女子大学
部署国際学部
職名助教
学位博士(人間科学)(早稲田大学)
科研費研究者番号10882772
J-Global ID202101013536708640

研究分野

 
  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学 / Cultural Anthropology
  • 人文・社会 / 観光学 / 観光人類学

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
和洋女子大学 国際学部  
 
2019年4月
 - 
現在
学習院大学 文学部 非常勤講師 
 
2022年4月
 - 
2023年3月
法政大学 人間環境学部 兼任講師 
 
2021年4月
 - 
2022年3月
早稲田大学 人間科学部 非常勤講師 
 
2019年4月
 - 
2020年3月
外務省 外交史料館 非常勤職員 
 

学歴

 
2012年4月
 - 
2017年1月
早稲田大学 大学院人間科学研究科 博士後期課程
 
2009年4月
 - 
2012年3月
早稲田大学 大学院人間科学研究科 修士課程
 
2005年4月
 - 
2009年3月
早稲田大学 人間科学部 人間環境科学科
 

論文

 
 
山崎真之   
和洋女子大学紀要   64 121-132   2023年3月   [査読有り]
 
山崎 真之   
文化人類学   85(1) 56-72   2020年   [査読有り]
<p>小笠原諸島では、1968年の日本返還以降の再建の手法として観光業が活用され、その立地条件を巧みに利用したエコツーリズムが1980年代以降に取り入れられてきた。今日では2011年に世界自然遺産に登録されたことにより、さらに多くの観光客を集めている。本稿の目的は、観光地における歓待研究として、小笠原諸島における非島民の移住を事例に、商業的歓待と社会的歓待がいかに関係しているのかを明らかにすることである。小笠原諸島では、移住者のすべてが住み続けるわけではないことから、新たな移住者は欧米系島...
 
山崎真之   
文化の遠近法―エコ・イマジネールⅡ   451-474   2017年3月   [査読有り]
 
山崎 真之   
観光学評論   4(2) 107-119   2016年   [査読有り]
本稿の目的は、東京都小笠原村における新島民と呼ばれる移住者たちの生活実践を事例に、エコツーリズムを通してゲストとホストが転位する社会的背景を明らかにすることである。小笠原は国内でもエコツーリズム先進地域として評価されており、2011年に世界自然遺産に登録された。小笠原のエコツーリズムに中心的に携わっているのは、全島民の大半を占めるに至った新島民であり、彼らの日常的な生活実践の多くはエコツーリズムと結ばれている。先に移住した新島民たちによる観光客への「演出」が見出せ、ゲストをホストに転位させ...
 
山崎 真之   
生活学論叢   24 15-26   2014年   [査読有り]
This paper aims to analyze the acculturation of new settlers in Chichi-jima island, Ogasawara village. This study mainly handles the cases of new subsistence held by the new settlers in Chichi-jima island. In Japan, many islands have a problem of ...

MISC

 
 
Masayuki Yamazaki   
Japanese Review of Cultural Anthropology   211(1) 515-521   2020年
 
 
山崎 真之   
日本文化人類学会研究大会発表要旨集   2018 144-144   2018年   [査読有り]
本発表は、小笠原諸島の移住者を事例に柔軟で多様なホスト・ゲスト関係の再考を試みることが目的である。本発表では、ホストとゲストという図式が形成されるその過程に注目することに加えて、ゲストからホストに転位した移住者が必ずしもホストであり続けないことに焦点をあてていく。このように、これまで論じられてきたような固定的な「ホスト」と「ゲスト」という二項対立な図式はもはやあてはまらないと考えられる。
 
山崎 真之   
日本文化人類学会研究大会発表要旨集   2016 E12   2016年   [査読有り]
本発表は、2011年に世界自然遺産に登録された小笠原諸島における島民の移動と社会変容を主に取り扱う。小笠原は黎明期より国内外からの移住者がみられることからも、まずは小笠原島民の移動の歴史を時代区分事に整理し、分析する。次に、1968年のアメリカ返還以降における島民の移動に焦点をあてる。最後に、近年の小笠原への移住と移住の後の離島現象に着眼し、それがエコツーリズムの論理にいかに影響されているのかを検討する。
 
山崎 真之   
日本文化人類学会研究大会発表要旨集   2015 F18   2015年   [査読有り]
本発表では、小笠原諸島にみられる新島民に着眼する。1968年、アメリカ統治からの返還以降、新島民と呼ばれるIターン者らが島に影響をもたらし、戦前とは異なる様相の社会が築かれている。その中で、島に従来みられなかった生業に携わる新島民の姿がみられる。彼らは、「文化の資源化」を通じて島に変容をもたらしているであろう。現地調査に基づき、彼らの実践が、いかにして変容をもたらしているのかを分析・考察する。

書籍等出版物

 
 
Haywood, John, 松平, 俊久, 蔵持, 不三也(範囲:用語解説ー民族・国家・文化)
柊風舎   2013年10月   (ISBN:9784864980043)

講演・口頭発表等

 
 
Masayuki Yamazaki   
Praxis in Global Liberal Arts “Japan and the Pacific Ocean”, University of Tokyo   2022年11月1日   
 
Masayuki Yamazaki   
Praxis in Global Liberal Arts “Japan and the Pacific Ocean”, University of Tokyo   2021年11月12日   
 
山崎真之   
みちの会第14回研究発表会   2021年6月   
 
山崎真之   
日本文化人類学会課題研究懇談会「歓待の人類学」第1回公開研究会「曖昧な主人、危険な客人、緊張に満ちた出会い」   2018年12月   
 
山崎真之   
日本文化人類学会第52回研究大会(分科会:「ホスト・アンド・ゲスト」再考――観光人類学の新展開に向けて)   2018年6月   

所属学協会

 
 
   
 
日本文化人類学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
現代アジア・オセアニアにおける他者への想像力と歓待の実践知に関する人類学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
河野 正治 
研究期間: 2023年4月 - 2027年3月
 
歓待の人類学
代表河野正治 
研究期間: 2018年4月
 
小笠原における文化資源に関する観光人類学的研究
笹川科学研究助成: 公益財団法人日本科学協会平成27年度笹川科学研究助成,学術研究部門,一般科学研究,人文・社会系
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
 
研究期間: 2011年